2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 「お互い様」を受け入れられるかどうか | トップページ | 「違う」が「自己肯定」に結びつく大事さ »

2018年2月17日 (土)

命令口調になりやすい訳

 相方の表現でなかなか慣れないもののひとつとして、私に対する意見の言い方があります。意図としては「こうしたほうがいいよ」という提案だったり、「こういうやりかたもある」というヒントだったりという感じもあるし、もうちょっと強く「こうすべきだ」みたいな命令に近い感じのこともあるようなのですが、私にはどれもが「強い命令」のように聞こえてしまう、ということがよくあります。

 なぜなのか、いろんな可能性があるのでしょう。たとえば彼女自身はそのあたりのニュアンスはちゃんと区別して話しているんだけど、私がその区別を理解する能力がなくて全部同じように聞こえてしまうのかもしれません。逆に彼女の方がそのあたりを区別して表現することが苦手か、その必要を感じていないのかもしれません。場合によっては私が気にしすぎているので、もっと気楽にすればいいという見方もあるでしょう(ただ、気楽にすると「私の言うことを無視している」と怒られたりもするので、それだけではなさそう)。

 なんでなのかなあとずっと考えているのですが、ひとつふと思ったことは、彼女は自分自身に対しても同じように「命令」のような言い方をしているのかも、ということです。

 先日も彼女が言っていたのですが、生きていく中で相手の言うことが納得できない場合は多いわけですね。でも我慢して従わざるを得ない。人から「あなたはこうすべきだ」と言われると、とりあえずそれに従ってみる、という風にすることが多い、という話です。当然それは納得はしていないのですから、無理にやるわけです。だからそういう決意でそれをやるときには、自分に対して自分自身で「命令してやらせる」という感じになるのかもしれません。

 人とのコミュニケーションでそうやって「納得できないけど命令されて無理にやる」という形が中心になるとすれば、その中で生きていくためには自分自身に対して厳しく命令して自分をコントロールするしかなくなります。それが人とのコミュニケーションなんだ、という感覚がそこから育っても不思議ではない。

 そうすると、人と付き合うときも、おなじような態度、やりかたでそれをするようになったとしても、それも不思議ではありません。

 まあ、それでどこまで言えるのかはわかりませんが、なんかそんな面もあるかもな、という気がしました。

« 「お互い様」を受け入れられるかどうか | トップページ | 「違う」が「自己肯定」に結びつく大事さ »

コメント

パンダさん 本当にすごいですね。

私に関して言えば、本当にその通りです。
今はだいぶ マシですけど、昔の私は本当にガチガチで、こうしなきゃいけない、こうするべきだって、無意識に自分にも言い聞かせていたと思います。だから 周りに対しても 厳しめに 映ってしまうことがよくあったと思います。私が言うことはごもっともだけど、きついとか、厳しいとか 言われたことがあります。全ては 自分がうまく生きていくために得た 技だったはずなのに、行き過ぎてしまうと 逆効果ってことよくありますね(笑)

自分を戒めることに慣れてるから、それが出来ないでいる人を見ると イラッとしたりしてしまうこともあります。私は自分を殺して身に付けたんだからと、、周りにも同じことを強要したくなるのでしょうか。。。 みんな得意不得意があって当然なのに。自分は どこか 人間らしくないなあと思います。思いやりや気づかいも 自分なりのそれはあるのに、定型の方が求める思いやりや気づかいじゃないといけないんだっていう どこかに強迫観念?(失敗を恐れる感情)が常にあって、私も頭では理解ができるので、そうするべきだって 自分に言い聞かせて 生きていたりします。その方がうまくいくって思いながら どこか寂しいような。。 そんな感じです。

この話題、ぜひ当事者の方の主観をお聞きしたいですね!
我が家の3人のアスペも、それぞれ口調は違うのですが、みな強いというか、異論を挟めないという印象です。
多分本人はそこまで『強く!』言っている気は無いんじゃないかと。でも、私には、もう何も言えないという圧力に感じられる。だから黙るしかないということが多いです。
家族じゃないと、『怖い人だな』と避けてしまうかもしれません。本人はそこまで強くて言っているつもりが無いとしたら、よくわからないうちに避けられているなんて、辛いですよね。

Tiraさんのコメントを公開する作業の前にあすなろさんのコメントが入ったので、入れ違いになってしまいましたね。

今回私が書いたのは、「アスペだから」というよりも、定型でもそうなることがあるので、それが非常に厳しい状況の場合にアスペの方の特徴のようなことが起こるのではないか、という想像の仕方でした。

Tiraさんによると、それがかなり当てはまるようでしたが、もしそうだとすると、ここでも定型とアスペの間に基本的な気持ちの働き方にとても大きな共通性があって、ただ生きている条件が大きく違うので、その現れ方がすごく変わってしまって、お互いに理解できなくなる、という例になりますね。

私は第一に違いをしっかり見つめること、そしてその次にその違いの背景にあるもうひとつ大きなところでの共通性を見つけること、というやりかたを大事にしているのですが、そういうやり方が実際に意味があるのだ、そしてそれがアスペの方とも理解を共有できることがそれなりにあるのだという印象がますます強まってきました。

>パンダさん

いえいえ。ちょうどTinaさんのコメントが、聞きたかったことなので、良かったです。
定型でもそうなるかもしれないと考え出すと、定型を規定する範囲があまりにも広過ぎて、想像が及ばないので、アスペの方に多いと考えた方が焦点が絞りやすいかなと感じました。

>Tinaさん

はじめまして。夫と二人の子がアスペで、私は自称ADHDのあすなろです。
何となく、夫のガチガチの杓子定規な行動と、子供たちがよくぼやいていることの原因が分かった気がしました。
夫はまだしも、私は子供達を肯定的に育てたつもりなのですが、常に『自分はダメだ。だから、こうあるべきだ』と言うことを耳にします。
そこで、

>昔の私は本当にガチガチで、こうしなきゃいけない、こうするべきだって、無意識に自分にも言い聞かせていた

のを自覚されたのは、何才くらいのことか、覚えてらっしゃいますか?
私は子供たちがいつからそういう自己否定的な、ストイックな感情を抱くようになったのか、知りたいと常々思っています。
夫がもともとストイックで強制が多かったためにそうなってのか?幼稚園のような集団に入るようになって劣等感を抱くようになったのか……そこがとても気になることなんです。
差し障りのない程度に教えていただければありがたいです。

あすなろさん、はじめまして (^^)

いつからか。。。うまく答えられるか自信ないですけど、
自分も家族も 私がアスペルガーということには 全く気付かず大人になってしまって、子供の頃 アスペがどう影響していたのかは 定かではないのですが。。ガチガチの感情は、、たぶん物心がついた時から 変わらず そのような素質があったのではないかと思います。こうするべきだとか こうじゃなきゃって言うのは 人に言われたからとか、親にそう教えられたからではなく、、細かいことが気になる=細かいところが視界に入って 気になるためか、、物にしても 人の思いにしても 倫理にしても 白黒はっきりしていて、そしてどうして白なのか どうして黒なのかということも 自分の中では 自分なりのしっかりとした理由があって 説明出来てしまうということがあって。常に 理由を求める、究極をいえば 原子レベルまで坂のぼって理解したい欲があって、その都度 一つ一つ(どうでもいい小さなことから大きなことまで)追求できるところまで追求する性質?(性格)があったのだと思います。だから 自分が追求してきた理解と違う言動行動を見たときに その人が意図するものの理解が出来ればいいんでしょうけど 自分の理解とは程遠かったりした時に 厳しくなるというより、ただただ どうしてそうなるのかの説明を聞きたいがために 「なんでそうするの?」と素直に聞いたい気持ちと こうした方が効率的なのになとか、、自分の数学的な答えの出し方の方が理にかなってるし、その説明もすぐに出来てしまう自信も重なって、強く聞こえてしまうのではないかと思ったりします。そこには人間的な感情は完全に無視してるように映ってしまう部分もあり、ただ自分的には 感情の部分も最後の最後まで 計算した結果であって 無視してるつもりはなかったりもするので、、そこも理解してもらうのには苦労するところでもあります。

数学的科学的な追求欲みたいな特徴が アスペにはあるのかな?それともそれは私だけ?なのかはよくわかりません。あいまいなこととかの調整が出来ないので、、極端に見えるというのは 本当にそうなんだろうなあと思います。それが 強いこだわりや、定型に合わせることにも 極端になって 自分を完全に捨てるという ストイックさに変わるんでしょうか。。。 そうなるには それなりの理由が必要で、自分なりに そうした方がいいという結論が出たら、それが自分がしたいこと するべきことで、そうしなきゃって自分に言い聞かせると同時に それが出来ていない周りにも求めるっていう 図は想像できますね。。(そうした方がいいという理由を自分なりに深く考えて 追求した結果なので その部分にそれなりの自信があるのかもしれません)。

なかなかうまく言葉にするのは難しいですね。言いたいことが言えてるのかも よくわからないです(笑)

>Tinaさん

ありがとうございます!
読ませていただいて、子供たちの様子と重なるようでした!
Tinaさんのおっしゃるように、うまく説明できないというようなことを、子供たちも言っていたり、私が理解できないだろうことは分かるから、いちいち説明しない、というようなことを言われます。
説明しにくい感覚的なことを、丁寧に言葉にしていただいて、ありがとうございます。
改めて、環境の受け止め方に定型とは異なるものがあり、それが微妙なバランスである方向に大きく傾くというような感覚があるのかな?と思いました。
おっしゃるように、子供たちも、数学的というか、何事も根拠を見つけ出さないと納得しないというところがあります。しかし、わかったフリで納得してしまう私よりは、確実に根拠を見つけ出すので、時間は掛かるけど確実に習得するというか……。
ただ、もしこの根拠がズレていたとしても、誰の異論も受け付けない頑なさはありますね。
強い語気というのは、苦労して見つけた根拠に対する自信と見れば、納得出来ます。
しかし、たいていは、その根拠は的を得ているので、多少のズレやブレよりも、自分が見つけ出した根拠を大切にしたいという気持ちは分かるような……?
たぶん的を得ているからこそ、曖昧でも受け入れられてしまう人には鋭く感じられるのかもしれません。
一般的に、人の主張って、平等で正当だと言いながら、実際には羨ましいとか、悔しいとか、ズルいとか、そんな低レベルな感情が混じっていることがありますから。アスペの人の言動が強いと感じる時、受ける側にそういう感情が混じっている場合もありそうですね。的を得すぎていて、怖いとか、恥ずかしいとか。
ただ、そういう定型の反応に対して傷付いたり理不尽さを感じたりして、アスペの人が傷ついたり、不信感を募らせるということも、大いにありそうです。

あすなろさん

すごいですね、、パンダさんもあすなろさんも アスペ について相当な努力を持って 理解しようとしてきたんだろうなあと お二人の言葉選びや言い回しや 分析の深さを見て 感じます。普段の生活では なかなか出会えないし、共有も難しい問題なのに こういう場で意見交換が出来ることは すごく貴重だなって思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/72936820

この記事へのトラックバック一覧です: 命令口調になりやすい訳:

« 「お互い様」を受け入れられるかどうか | トップページ | 「違う」が「自己肯定」に結びつく大事さ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ