2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 異文化間よりむつかしい定型アスペ関係 | トップページ | コミュニケーションスタイルのズレ »

2018年1月30日 (火)

道徳的な感じ方のズレ

子育て経験者さんのコメント

息子が子供の頃は近所の人におばさんシワが多いねとか、太ったね、おじさんはげてきたねなどと言うので、困ったことがありました。……息子は熟女好きとか言う意味ではなく、肌がきれいな若い女性の方が良いとか、痩せている方が良いなどの一般的な感覚がなく、ハゲていようが、肌が劣っていようが、人の中身が一番ではないかという感覚のようです。

と言った話があり、私はとても興味深く思ったのですが、あすなろさんもやはり興味を持たれてご自分の経験を寄せられました。

うちの場合、私がアスペの子どもたちの話を半分に聞いて丁度良いというのも、実は全てがそうでなくて、時々彼らを怒らせることがあるのです。そういう時、『ママって酷い!』『言って良いことと悪いことがあるだろ!』などと、散々言われます。よく芸人やタレントのことや、ニュースの話題などでぼやいて、そうなることが多いんですが。
私は、目の前にいない人のことなので、何を言ってもいいでしょ!と思うのですが、息子たちは、人をそういう風に見る姿勢が許せないと。
例えば『太っている』と、『ブス』は全く違う。『おとなしい』と、『根グラ』は全く違う。『口下手』と『コミュ障』は全く違う。そんなところのニュアンスが、定型は時にごっちゃになっていることがあるんじゃないかと。だから息子は事実でないことを言った時、怒るのかなと。


 よく、アスペルガーの「障がいの特性」として、「相手の立場に立って考えることが苦手」みたいなことが言われ、子育て経験者さんの例はまさにそういわれることの典型みたいな話になりますが、そういう見方だけでは大事なことを見落とされてしまっている事がお二人の話から分かります。

 なぜなら、そういう形での「障がいの特性」の見方では、要するに人間関係で大事な道徳的な感覚がアスペの方には育っていない(あるいは育ちにくい)という話になります。でもお二人の例からわかるように、明らかにそういう話ではないのですね。

 そうではなく、定型的な「道徳」のポイントと、アスペ的な「道徳」のポイントにずれがあるわけです。

 だから、定型的な道徳の目で見れば、アスペの方のそういう発言は単純に「人の事を考えない、道徳的に未熟な話し方だ」という理解になりますが、逆にアスペ的な道徳から見ると、定型の発言が不道徳に見えることがあるわけです。

 一般によく言われるこの「障がいの特性」の見方は、この部分を完全に見落としてしまっています。つまり、それは徹底して定型中心の見方で、「アスペ」=「不完全な定型」という発想を抜け出られていないわけです。アスペにはアスペの生き方があるということに思い至っていないことになります。


 もちろん、「だから定型は不道徳なんだ」ということを言いたいわけではありません。それぞれにそれぞれの特性をベースにした道徳的な感覚が育つので、そこにずれが起こって相手にとっては不道徳に見える振る舞いが起こってしまうことがある、ということです。どっちがいいとか悪いとかいう話ではありません。
 
 むつかしいのは、相手の道徳的な感覚は自分には不自然だったり良く無いことだったりするので、単純に相手にあわせればいいというものではありません。アスペの方が社会で苦労するのはそういう形で一方的に定型の基準に合わせさせられるからで、納得のいかない生き方をそこで強いられるから苦しくなります。

 逆にカサンドラ症候群のような状態に陥る定型は、家庭という閉じられた別の場で、今度はアスペ的な基準を強いられたりするわけですね。だからその場合は今度は定型の側がものすごく苦しむことになります。

 どちらから言っても、自分を否定して解決することはない。あとはどう折り合いをつけるかという事だけでしょう。そういう折り合いをつける道を探すためにも、まずはそういう道徳的な感覚のレベルでもずれが生まれていることをちゃんと見つめる態度が大事になると思います。

« 異文化間よりむつかしい定型アスペ関係 | トップページ | コミュニケーションスタイルのズレ »

コメント

いつものごとく、パンダさんの表現は本当に痒いところに手が届くようで、小気味よいです!
道徳観の違いなんですよね。しかも、その道徳観を得る過程が、定型はどうやら他人=多数派の価値観に頼りやすいが、アスペは個人的感覚に頼りやすく、その個人的感覚そのものが、アスペ同士でかなり共通項が多いという気がします。

息子が、『1人でいるのが好きだよね』と言われて『どうせコミュ障って言いたいんだろ?』と返してきた話について、考えてみたところ、どうやら彼は(俺としては、1人でいることが好きなのがコミュ障だとは思わないけど、小・中時代に、散々周りからそういうことを言われたり、聞いたりしているうちに、どうせ定型はそういう繋げ方をするのが分かったから、定型はみんなそうなんだろ?)ということなのかな?と思いました。

娘は太っていないのに、太ってる太ってると言って、必死にダイエットしています。なんでそんなにこだわるんだろうと、『太ってないし、太っていても魅力的な人はたくさんいる』と繰り返し話しても聞き入れない。
これも、息子と同じ理由で、小中で、周りの女の子たちが盛り上がっていたり、テレビでダイエット番組を観たりしているうちに、自分ではそう思わないけど、定型の手前、そうすることが一番良いと思ってしまったのかな?と感じています。

ダイエットに必死になる娘の感覚が一番分からないのは息子であって、コミュ障にこだわる息子の感覚が一番分からないのは娘だという……。

なんだか辻褄が合いました!!

難しい問題ですね。

普通はシワが増えたと言われたらショックですよね。
大半の男性はきれいで若々しい女性の方が良いでしょうし、女性としては愛する人には特に女として見てもらいたい気持ちもあるからいつまでもきれいでいたいですよね。
息子が見た目ではなく、大事なのは中身だと言っても、他の女性は息子に評価して欲しいわけではないから説得力もないですよね。「シワが増えた(一般的な女としての価値は下がっている)」との現実を息子に突きつけられたと感じるだけ。
私は母親だから息子の発言の意味を解釈しようと努めますが、もし私が他人の立場であれば、相手が息子がどう思っているかということがわかっても息子の価値観ではなくて、「一般的な評価の基準に自分はどこにいるか」で捉えると思います。そして息子を憎むと思います。

しかし多数派の気持ちに寄り添えば、アスペ度が高い息子を追い詰めてしまう。
複雑です。

シワが増えたと言われて傷つくのは多数派の価値観に依存している証拠なのでしょうね。
全てではないと思いますが、一般的には男性は若くて綺麗で気立てが良い女性がステータス、女性は愛する人に尽くし、女性らしく振舞う(愛する人に認められる)ことに基準を置くことが多いと思います。
小さい時から暗黙の了解で両親に叩きこまれて、気づいたときにはその感覚が出来上がってきた感じです。

アスペ度が高いと相手の気持ちが分からないこともありますが、道徳心があってもその道徳心が多数派からズレていると異常者とか変わり者扱いされてしまいます。

アスペが傷つくのも多数派から認めてもらいたいという思いから来ているのもあると思います。

生きていく上では集団の考えを一つにしてまとめる必要があったからだと思いますが、赤ちゃんのころから多様な価値観を教えるならともかく、すでに大人になった人達に小さい頃から植え付けられた価値観を変えるというのは至難の技ですね。

>子育て経験者さん

>一般的には男性は若くて綺麗で気立てが良い女性がステータス、女性は愛する人に尽くし、女性らしく振舞う(愛する人に認められる)ことに基準を置くことが多い

考えてみれば、これ、純日本風の価値観ですよね。あとは宗教的な縛りの多い文化の国とか。

シワの話で思い出しましたが、最近駅などで見かける人材派遣会社の広告で『はたらいて、笑おう』というコピーの大きなポスターがあります。
70歳くらいの白髪でシワだらけのモデルさんなんですが、とっても綺麗なんですね。メリル・ストリープをもっと歳を取らせたような。でも本当に素敵で色っぽい。

例えば、シワがある、太っているという、見かけに価値観を置いていると、その人をよく観察するという目が失われていくのかなと感じます。
日本には、独特の、凝り固まった価値観があるので、個人の魅力をよく観察するという力が失われている人が多いのではないかと。
欧米が個人主義が強いわけではなくて、日本が個人をあまりにも見ない風潮になっているのかもしれません。
道徳観にも言えますよね。

すると、アスペの人の純粋な価値観というのは、実は保護されるべき貴重なものなのではないかと思えます。子育て経験者さんの息子さんの怒りはご本人には自覚がなくても、本来そういう社会の理不尽さへの怒りではないかなと。
うちの息子も、社会に対しては、どことなく醒めたというか、諦めのような感覚を持っています。

あすなろさん

女性らしく振舞うようにというのは日本や宗教の縛りが多い国は特に強いと思いますが、欧米でもそういった傾向はあるように思います。
若くて綺麗な女性が良いと思うのも人類共通だと思います。
より優秀な遺伝子を残そうとの本能が強いからでもあると思いますが、結婚や出産に強迫的になっている部分もあるのかもしれません。


息子は俺は生存競争に負けた奴だからより優秀な遺伝子を残そうとの本能もなくなって、あまり女性の容姿にはとらわれないのかもとは言っております。
それが良いかはわかりませんが、生存競争が一種の強迫性にかられていると言えるのかもしれません。
息子が自分の価値観を否定された傷は深い傷としてはあるかもしれませんね。
あすなろさんの息子さんも抵抗や主張をしても叩き潰された結果、諦めに似た思いをお持ちなのかもしれませんね。息子もそうでしたから。

こんばんは、ガーディナーです。
ああ、私と一緒だ!と久しぶりに懐かしい思い出に浸ってしまいました。
そうなんです。
10代後半から20代にかけての私も、あすなろさんの息子さんたちと同じで、

>『ママって酷い!』
>『言って良いことと悪いことがあるだろ!』

という気分にしょっちゅうなっていたものです。世間一般の価値観が許せず、命を懸けるような気持になって母親に抗議していました。母は子供の目から見ても世間の波に上手に乗ることが出来、善良で誰からも好かれる明るい人でした。
母のことはっ決して嫌いではありませんでした。でも例えば、テレビを見ていて重度の障害を持った方の映像を見た時に「ああ、お気の毒な方」という母の言葉には、烈火のごとく怒ったものです。
重度の障害を持った方を見て、「お気の毒」と言うのは、当時の日本では、ごくごく一般的な感慨だったと思います。でも、高校生の私には、それがどうしても許せなかった。

テレビに映っているあの彼の人生の何をあなたは知っているというのか?
重い障害を背負って生まれてきたその不自由さを乗り越えて、もしかしたら、私達には想像もつかないくらいの素晴らしい精神世界を築いているのかも知れない、その未知の人に、なぜあなたはいともたやすく「お気の毒な人」などとレッテルを張るのか?
自分の小さな価値観だけの中で人間の幸不幸を決める狭量を恥ずかしいと思わないのか?

というような内容のことを、くどくどと責め立てて言ったのです。何の悪気もない母にとって、それがどんなに苦痛だったか、今になれば痛いほどわかります。そしてそんな私を大らかに許してくれ、「ああ、そういうふうに考えなければいけないのね」と一緒に頷いてくれた母には、今でも感謝しています。
多分私はその時、母ならこんな風にぶつけても許してくれると分かっていたのでしょう。だからあんなに興奮して、母を糾弾していました。

でも私が本当に怒りをぶつけたかった相手は母ではなく、既存の幸福観に甘んじて、障害を持つ人に優越感を持っていてもそれに気が付かない、多くの大人たちだったのだと、今になって思います。
ましてや、あすなろさんのように、たとえテレビの中にいる人のことでも

>私は、目の前にいない人のことなので、何を言ってもいいでしょ!と思うのですが

という考えの人が大多数を占める世の中に出て行くことが、恐ろしくてたまらなかったのです。だから大人になることが嫌で仕方がなかったのです。
子育て経験者さんの息子さんにも、あすなろさんのお子さんたちにも、私は通じるものを感じます。が、3児の母となった今は、そうやって攻め立てられながらも、私を受け入れてくれた故母には頭が上がりません。もしかしたら、そうやって母は私の道徳観を受け入れて行ってくれたのかも知れません。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道徳的な感じ方のズレ:

« 異文化間よりむつかしい定型アスペ関係 | トップページ | コミュニケーションスタイルのズレ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ