2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月27日 (月)

プラス派とマイナス派のズレ

 いろいろここで考えてきて、最近は定型アスペの違いよりも、共通性の方に目が向くことが多くなってきました。つまり、一見ものすごく違うように見えるんだけど、それを掘り進めて考えていくと、どこかで共通する気持ちの動きみたいなものが感じられてきて、ただそれがいろんな条件で大きな違いを生んでいくだけだ、と感じられるような部分が増えてきたということです。

 もちろん、条件の違いがどんなふうに影響するのか、について、そこではそれぞれの特性が効いていると感じることもあります。でも、逆に言えば条件が同じようなものになれば、それほどの違いは生まれないと感じることでもあります。

 私から見てのコミュニケーションの取りやすさの違いということから、アスペの方たちの中での個性やタイプの違いというのも強く感じられるようになりました。その違いは以前は「アスペ度」の強さの違いかとも考えてみました。定型に近い場合には私はコミュニケーションがとりやすいが、遠い場合には困難になる、というように。

 でもどうもそうでないのだ、ということがかなりはっきり感じられるようになってきました。そしてその違いは、実は定型間でも起こりうるようなものだと感じられてきたのです。

 定型アスペ間でお互いに理解がむつかしく、コミュニケーションが困難になることがしばしばあるように、定型間でもそれがむつかしいことはいくらでもあります。その結果、いろんなぶつかり合いが起こるわけで、お互いに相手を全否定するようなことにもなり得ます。

 そして、定型間で私がコミュニケーションをとるのが苦手と感じるタイプと、この場でうまくやり取りがしにくいアスペの方のタイプに、実はある共通性があるのではないかと感じられるようになってきたのですね。どういうところで対立的になりやすいか、その具体的な内容はかなり違うように見えて、根っこのところでは基本的に似ているタイプの違いです。

 そのひとつですが、私の場合はマイナスの面よりプラスの面を探そうとする傾向が強いです。かなりひどい状況に置かれても、あるいはかなりシビアな関係になっても、どこかにプラスの面を探そうとする。そしてそこを足場にプラスを増やそうとする、というかそうしたいのですね。

 それに対して、逆にプラスの面よりマイナスの面を探そうとする傾向が強い方があります。場合によっては状況がよくなるほど逆にマイナスの面を探そうとする。そしてそれを強調したりする。たぶんそれはマイナスを減らそうとする、あるいはそうしたいという思いが非常に強いのかと思います。

 この違いはやはり定型アスペの違いではないように思います。持って生まれた性格の問題なのか、その人が生まれ育った状況によってそうなるのか、その両方なのか、そこはいろいろありそうですが、でも定型でもアスペでも、そのどちらにより傾くかということの違いはある。

 そこが違うと、たとえばお互いの関係を改善しようとするときにも、そのスタイルがすごく違ってきます。プラスを増やそうとするタイプは、マイナスの面はありながらもそこは置いておいて共有できるプラスを増やすことで前進しようとする。逆にマイナスを減らそうとするタイプは、プラスの面はどこか感じながらも、今あるマイナスを強調し続ける。

 そうすると、仮にお互いに関係を改善しようと思っていたとしても、具体的なところでは完全にすれ違ってしまうことになります。プラスを増やそうとするタイプはプラスを確認しようとするのですが、マイナスを減らそうとする側はそれを無視してマイナスを強調する。逆に言えばマイナスを問題と思ってそこを解決しなければ関係が改善しないと考えるタイプはマイナスを強調しますが、プラスを増やそうとする側はそれを無視してプラスを強調する。

 関係を改善するための足場が共有されないということがそこで生じるわけですね。そして相手はむしろ関係改善を不可能にしようとしているように感じられてしまう。

 そういうズレた関係は定型アスペ間でなくてもいろんなところで見られます。そしてその違いを生む一つのポイントは、「被害」の立場に身を置くかどうかの違いということもありそうです(被害の立場で考える人は、二度と被害を受けないためにマイナスをなくそうとする)。とはいえ、私自身を考えてみると、定型アスペ問題では私自身もかなりの「被害」を受けていると感じている部分もあるので、それだけで説明できるものでもなさそうです。やっぱりかなり根っこのところでの生き方のスタイルの違いがありそう。

 そのスタイルの違いの問題を意識しておかないと、定型アスペのズレを話し合うときに、定型アスペ問題とは直接関係ないところで話が混乱することが起こりそうです。

 

2017年11月 2日 (木)

価値観のズレの問題

 

キキさんのコメントを読んでちょっと思ったのですが、定型とアスペでは人とコミュニケーションをとるときに、注目するポイントに違いがありますよね。キキさんの話では、定型が相手のやっていることにいちいち意味を探ろうとするのに対して、「アスペ族は、あまり考えずに行動しているような気がして、「特に意味なし」と自然に感じる」のだそうです。

 そういわれてみると、いろんなことがなんとなくわかる感じがしてきます。

 定型の場合は、自分のやることを「相手が見ている」という意識がかなり強くて、「相手にどうみられるか」を常に気にしているところがあります。それに比べるとアスペの方は「自分の状態」の方により強く意識が向くらしいですね。

 それに限られず、いろんなところで定型アスペでは注目ポイントや感じ方にズレがあるわけですが、そうすると、そういう条件の違いがからんで、何が大事だと思うか、何を実現しようとするか、その人の「生き方」とか「価値観」なんかもかなり違ってくるのだろうと思うわけです。

 病気で寝ているときに、「気を遣って<大丈夫?>などとときどき声をかけてあげる」ことが大事なのか、「食事など必要な手助けはするが、あとは静かに放っておいてあげる」ことが大事なのか、といったような「気遣いについての価値観」の違いもこれまで考えてきましたが、そういうずれも、持って生まれた感覚の違いがベースになって作られている部分がかなりありそうな気がします。

 定型アスペ間のトラブルの多くもその「何を大事と考える(感じる)か」といった価値観のズレから生み出されているような気がするんですが、そうすると、定型アスペの関係を調整するには、お互いに相手の価値観を認めて、その違いを前提にどうお互いの生き方に折り合いをつけるか、ということが問題になるのかなと思います。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ