2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 不機嫌の理由 | トップページ | ねぎらいの言葉の意味 »

2017年8月15日 (火)

工夫の副次的な効果

 パートナーはいつもと違う状態があると途端に緊張が高まり、「これはなんなの?」と私を問い詰めるように(と聞こえてしまう)言われる傾向があるのを減らしたくて、そうなりにくいような工夫を考えるのですが、今のところわりといいかなと思うのは、彼女が自分でその変化を見る前に、なるべく先立ってこちらから伝えておく、ということです。

 そうすると気持ちの準備をする時間が増える分、いきなりその状態にぶつかって混乱する、ということが少なくなるような気がします。

 最近は100円ショップで小さなホワイトボードを買ってきて、それに私が気づいたことを早めに書いておく、ということを始めました。

 実際に彼女に対してどこまで効果があるかはしばらく見てみないとわかりませんが、ただ私の方で「これはまた彼女が混乱するんじゃないか」とか心配になる気持ちが、こうやって書いてしまうことで軽くなるという、副次的な効果がどうもあるみたいで、これは自分にとっていいと思っています(笑)

« 不機嫌の理由 | トップページ | ねぎらいの言葉の意味 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/71428858

この記事へのトラックバック一覧です: 工夫の副次的な効果:

« 不機嫌の理由 | トップページ | ねぎらいの言葉の意味 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ