2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 痛みを語ることと援助要求と | トップページ | ルビンの壺と善悪 »

2017年7月 8日 (土)

聖人君子でなく問題に向き合う必要

 引き続きさとさんのコメントについての応答です。

  • >「〇〇君の足が引っかかって転んだ!」と泣いている子に、「それは〇〇君の足じゃないよ」とか、「〇〇君の足だったとしても悪意ではないんだよ。彼は座っていただけなんだよ。」とか言ってもどうにもならない感じと言うか。すみません。長文を3つも投稿した割に着地点の見えない話になっている気がしますが、これらのことが今回の記事を読んで思ったことでした。何とかして、良い関係を結ぶポイントが見えてくるといいなと思います。定型発達の夫と暮らす私には死活問題です(*´v`*)

 つまり、さとさんがここで問題にされているのは、「事実がどうであったか」ではなく「どういう痛みを感じたか」ということへの理解が現実の人間関係では重要だし、定型アスペ関係も同じだ、ということかなと思います。

 それについてはほんとにその通りとしか言いようがないですね。たしかにそうなんです。にもかかわらずそれがむつかしいのはなぜか、ということが問題になります。

 私についていえば、それがむつかしいのは、自分の中にどうにも癒しがたい痛みを抱えているからです。その痛みを抑えてかからなければ、相手の気持ちを想像し理解するということは不可能です(あくまで私の場合ですが)。だからそこは理性的に乗り越えるしかない部分になる。

 これは多くの人で言えると思うのですが、こちらの切実な痛みを相手が全く無視して、そのくせ自分の痛みだけを相手が激しく主張してこられたとしたら、その主張に共感的に対応できるでしょうか?そこまで人間ができてくれば、もう聖人君子の世界でしょうね。とても凡人の及ぶところではない。

 でも定型アスペ問題は聖人君子のレベルで解決してはならないのだと思うわけです。

 ということで私がなんとかたどりついたのは「お互いさま」という相対化の仕方だということになります。お互い様と思えること自体がなかなか大変なことであることも間違いないですが、聖人君子になる必要まではありません。

 そしてもうひとつとても大事だと思うことが「何とかして、良い関係を結ぶポイントが見えてくるといいな」という、その思いをお互いに大事にすることです。たくさんの困難を抱えながら、それでもどこまでその思いを維持できるかにすべてがかかっている、そんな気すらします。

 幸いこの場には、破壊的な言動をする方はときどきありますが、だいたい去っていかれますので、残る方の多くは多少なりとも「希望」を捨てない方です。悪く言えば「諦めが悪い人」ということになるかもしれませんが(笑)、とにかくそういうしつこい根性を持った人たちです。

 そういう人が一定程度いらっしゃるということが、私には希望です。問題が一挙に解決することはありえないし、ある意味では永遠に解決しないとも思いますが、これも達観していえば、もともと人が生きるというのはそれ以外ではないでしょう。いろんな矛盾を抱えながら、それでもなんとかその都度やりくりをしながら次をめざしていく。その過程でしかない。そこで希望を持って進むか、絶望して後ろ向きになるかの姿勢の違いはありますが、「解決しきれない問題を抱え続ける」という点ではどちらでも五十歩百歩でしょう。あとはある意味趣味の問題と言うか、前向きな生き方が好きか、後ろ向きがいいかということなのかも。

 ただ、たとえ亀の歩みだとしても、このブログを始めて6年余りになるその経過の中で、私自身はとても大きな進歩があったと実感しています。発達障がいに関するどんな解説書にも全く書いていないことを、ここではたくさん発見もしてきました。それは意味のあることだと思っています。

 この直前に書いたことにつながりますが、以下の話もまたそういう模索の中で見いだされてきたことの一つです。

  • >『発言に込めたつもりもない意図』が定型発達の人によって見出されてしまうことと、そのすれ違いということは、既にパンダさんの記事やコメントにもちらほらと理解されている様子が見受けられる為、わざわざ書くことではなかったかもしれませんねm(_ _;)m 特別に拗れたケースや、強い訴えや悩みが絡んでくるようなことでなくても、扇風機を出すか出さないか程度のことで日々それが頻発している状況が伝われば幸いです(´・ω・`)

 そしてさとさんが書かれている「扇風機を出すか出さないか程度のことで」という部分が、私もずっとこだわり続けてきたことの一つでもあります。

 ちょっと今は理屈が先に立った書き方になっていますが、これまで基本的にはそういう書き方はできるだけしないようにしてきました。なぜならほんとに素朴な生活の一コマの中に定型アスペ問題の本質が見えると思うからです。そういう小さなずれの積み重ねが深刻な定型アスペ問題を生む。そこをしっかり見なければ、「脳のしくみがどうのこうの」とか「薬がどうのこうの」とか、「定型社会に適応するための効果的な訓練法がどうのこうの」といったレベルの議論でとどまってしまう。それではだめだと私は思うのですね。じゃあ何が必要かと言うと、めちゃくちゃ素朴に「扇風機を出すか出さないか」ということにこだわって考え続けることだと思うわけです。幸いそれでかなりうまくいっていることが多いと感じています。

  • >コーヒーにミルクはいらなかったと言う私に「じゃぁ何で見てたの?!Σ( ̄ロ ̄;) 」と言う夫。ありがとう、扇風機は出すつもりだったのだが助かったと言う私に「じゃぁ何でわざわざあのタイミングであんな言い方したの?!Σ( ̄ロ ̄;)」という夫。
  • >それと同じ感じで、「私は困難を抱えています」 に対して、「じゃぁなんでわざわざ(今ここで)それを話したの?!」という突っ込みが発生しているのかな?というのが今の私の理解の限界のようです。
  • >むしろ、定型発達の人のルールでいけば、「へー、あなたはそうだったんですね。」と返して終わるのは冷たい態度なのかもしれませんね。私は、「へー、あなたはそうだったんですね。」で凄く満足すると思いますし、実際夫に対して「へー、そうだったんだね。」を求めて話をしたのに、アドバイスや慰めを貰って「あれ?」となることは結構あります(笑)。
 という例なんかも、私にはすごくわかりやすいですし、 すごく問題の深いところを突いている例のようにも感じます。こういうのが大事なんだと思います。

« 痛みを語ることと援助要求と | トップページ | ルビンの壺と善悪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/71085656

この記事へのトラックバック一覧です: 聖人君子でなく問題に向き合う必要:

« 痛みを語ることと援助要求と | トップページ | ルビンの壺と善悪 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ