2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 綾屋さんのたとえ話 | トップページ | 沈黙の意味 »

2017年5月11日 (木)

考え方のスタイルの違い

 目覚めとともにふと思ったことです。

 私の場合、私のこだわりポイントというのがやっぱりあって、それは矛盾したようなことでもありますし、いつでもどこでもそうだというわけでもないのですが、ひとつにはできるだけ柔軟に考えたいということと、もうひとつは筋の通らない話は苦手だということです。

 あえて言えばそのどちらも「人とのコミュニケーション」にとって大事なことだという感覚があって、柔軟に考えることの大事さというのは、自分の見方だけではなく、相手の見方も可能な限り理解しながら、自分からの一方的な決めつけは避けたいという気持ちにつながる部分があります。(もちろん実際にはそれができないことも多いのですが)

 筋の通らない話については、これも「筋が通る」から「相手にも共有してもらえる」という感じ方がどこかにあるような気がします。自分だけの身勝手な理屈で言うんじゃない、誰でもまともに考えればそう思えるでしょ?というのが「筋が通る」話ということでしょうか。だからここでも「話が矛盾している」とか、そいういうのはおかしいとこだわり続けたりもしたわけです。

 そういう傾向があるので、パートナーの話がその部分で「かちん」と来ることがずっと繰り返されてきたんだ、ということにまずふと気が付いたんですね。私から見て筋の通らない話を一方的に決めつけたように言われるように感じる。それで、「それはおかしいでしょう?」とすぐに反論したくなるわけです。

 けれどもそういう「反論」でうまくいったことはほとんどありません。だいたい泥沼になって終わり。どちらかがいやになって話が途切れたり、彼女からは「何が言いたいのかわからない」と困惑した顔で言われて、私の方が「なんでこんなに単純なことが伝わらないんだ」という気持ちになってがっくりする、ということが何度も繰り返されました。

 子育ての仕方や私に対する要求なども、とにかく「押しつけ」と感じられるものが多くて、全然柔軟性がなくて、息苦しい……と、かつてはそう感じてものすごく憤ったり、しんどい思いが続いたりしていました。なんでこんなにかたくななんだ、筋も通らないことについて、一方的に。という思いになったわけです。自分のことについてはまだ我慢しても、子どものことについては実際に子どもがそれで苦しんでいるように私には見えたので、とてもつらかったのですね。

 このことを、一般的な「自閉理解」で言えば、こんな風に言われることになるのでしょう。自閉の人は「こだわり」が強く、状況に合わせて柔軟に考えたり対処したりすることができない。自分の視点とは異なる他者の視点を考えて、異なる視点を切り替えながら対応することがむつかしい。それで考え方や行動が固くなったり、相手にそれを要求するときは一方的な押しつけになりやすい、という説明の仕方です。

 でも、この説明の仕方は、わかりやすい部分もあるけど、何かどうしてもすっと受け入れられない部分が残っていたのですね。それこそなにか「定型はすばらしい。自閉は困ったものだ」という定型中心の見方になってしまっている感じがして、そこが嫌だったのです。

 それで、寝覚めとともに思ったのは、「これは考え方、納得の仕方のスタイルの違いなんだ」という理解の仕方をすれば、かなりすっきりする。ということでした。どちらが優れているとかいう話ではなく、それぞれが自分の特性に合わせていろいろ理解をしようとするときに、どうやって自分の納得感を作っていくか、その作り方のスタイルの違いなんだと。

 私のスタイルは彼女にはなかなか通用しません。そして同じように彼女のスタイルは私には通用しない。どちらが優れているということではなく、お互いに相手には通用しにくいスタイルを持っているのだ、と考えてみると、結構楽になる感じがしたのです。

 そういう考え方をすれば、改めてそれぞれのスタイルのプラスの面も見つけられる可能性も出てくるし、うまくいけばその組み合わせ方も見つかるかもしれません。まあ、そこはそんなに簡単なことではないでしょうけれど、ちょっと可能性が感じられる。

 「自分で納得する考え方のスタイルを大事にする」ということと、「相手の考え方のスタイルを尊重する」ということと、「お互いの異なる考え方のスタイルの関係を調整する」ということと、そのあたりを考えていくことが重要なのかなという気がします。

« 綾屋さんのたとえ話 | トップページ | 沈黙の意味 »

コメント

こんばんは(^^)

記事を読んでいて感じたのが、私は「普通、そうだろう?」「普通それはおかしいだろう?」という感覚を感じたことがほぼありません。
これまでは、人から「KY」とか「頭が悪い、どうして幼稚園の子にでもわかるようなことが分からないのだ」とか「世間知らずのお嬢さん(←今はお嬢さんではないですがf^_^;)、などと言われてきましたが、やっぱり未だに「一般に」がわからないのです。

だから、パンダさんの言う「筋の通る話」もわからないんです。
何がどうなったら「筋が通る」のか。
(自分の言っていることは筋の通らない話なんだろうな、と感じることはありますが、「通る」のはどういう考えかはわかりません)

きっと、任侠の世界では生きていけないと思いますf^_^;
いや、その世界でなくても今現在やっとこさ生きてる状態ですがね…

教えてもらえば、知識として蓄積はできます。「そういうのが筋ってものなのか」と。ピンとくるわけではないので、応用はほぼききませんが…

関係ないかもしれませんが、J-POPとか演歌とか、歌詞の意味はほぼわかりません。だから堂々と歌えたり作ったりできる歌手の人って、「普通」なんだろうな〜と思うんです。
ロックとかはまたチョット違うかもしれませんが…
だから私は音楽、特に「歌詞がいい」と言われるものには殆ど共感ができず、「へぇー、この歌詞が皆はいいんだー」という感じです。

またズレちゃったかな、ごめんなさい(笑)

あ、でも、奥さんは、パンダさんだから(家族だから)無茶っぽいことまで要求するというのは大いにあると思いますよ。
多分、外ではそんなことはされてないでしょう。
甘えの気持ちというのは確かに家族にはありますねー。

キキさん

 なるほど。普通がピンとこない。なかなかすごいポイントだなあという気がしました。

 定型って「普通」ってふつうに言いますものね(笑)
 つまり「共通の基準」みたいなことでしょう?
 「みんなそう思うよね?」みたいな。

 でもアスペの方はそこが「みんな違うよね」ということがそもそものベースなのだとすれば
 「普通」と言われてわかんないというのは「なるほど~」という気がしました。

 たとえばこういうのはどうなんでしょうか?
 「ラビット」っていう言葉がありますよね?これって普通「うさぎ」のことだよね、とか
 そういうときの「普通」って違和感ないでしょうか?

パンダさん

>「 たとえばこういうのはどうなんでしょうか?
 「ラビット」っていう言葉がありますよね?これって普通「うさぎ」のことだよね、とか
 そういうときの「普通」って違和感ないでしょうか?」

うーん、「普通」という言葉に違和感を感じます。
ラビットは「普通に」うさぎなのではなく、「確定で」うさぎだからかな。

役に立たない答えかもですf^_^;

ちなみに「ラビットとは?」と聞かれたら、私だったら「ん?ピーターラビット?」とか「なんかの会社のマーク?」とかを先に連想しますー。
「ラビットの日本語は?」と聞かれたら、もちろん「うさぎ」と出てきますけど(^。^)
沢山説明してもらうのが必要なんですかね(笑)

おはようございます、昨日の訂正なんですが…

もし、誰かが私に「あいつ、ラビットっていえば犬だろって言うんだぜ」と言ったとしたら、
その時は私も「えー?普通はうさぎだよね?」と答えます。

なんていうか、やっぱり詳細な説明があると自分はわかりやすいんだなーと思います。
つまり面倒くさい奴だと思います(笑)

毎度の「何度もすみませんー」f^_^;

えっと、診断を受けた先生は「診察の時には貴方が『これ、普通はどうなのか?一般的にはどうなのか』を聞いてもらったらいいですよ、答えますよ」と言っていて、
その後その先生は移動したので長年お世話になってる心療内科の先生に「あの移動になったから、じゃあ今度から先生に『普通はどうなのか』を聞いていいですか?」と聞くと
「もちろんいいですよ、そうしてください」と言われて、まあ、そうしてるんですが…

内心、『なぜこの人たちは、"自分は普通の意見を知っている、教えることもできる"という自信があるんだろうか』と思ってました。

もし私に誰かが「ねえ、普通はどうするの?」と聞いてきたら、「えー、普通はチョットわからないけど、私ならこうするなー」という答え方しか出来ません。

「普通」があらかじめセットされてるの?
不思議不思議でございます(笑)

キキさん

> その時は私も「えー?普通はうさぎだよね?」と答えます。

 はあ、やっぱりそうなんですね。だから「この場合、多くの人はそうする(言う)よね」という判断の仕方も場合によってはちゃんとされるわけですね?

 ということは、「(多くの人がそうする・言うという意味で)普通」という言葉で表現すると、違和感を感じる場合とない場合とがあるということですから、その境目がどこなのかが興味があります。

> 内心、『なぜこの人たちは、"自分は普通の意見を知っている、教えることもできる"という自信があるんだろうか』と思ってました。

 これ、すごくリアルに「キキさんの世界」が伝わってくるような感じがしました!

 ああ、なるほど。そういう感覚になるんですね?ほんとにおもしろい(いや、興味深いという意味で)。

 そういわれてみれば、定型はみんな自信過剰で、思い込みの激しい人々だということになりますね。たしかにそういうところはあると思う。で、その思い込みが外れると、往々にして相手のせいにして「裏切られた」とか言ったりする。

 うーん、これは深い (笑)

 これまで繰り返しアスペの方たちから語られてきて、もうひとつピンと来なかったことが、またここでなんとなく「すとんと落ちる(感覚的にわかる)」感じになりました。

 そりゃ、「普通」不思議に思うよな!って。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/70530183

この記事へのトラックバック一覧です: 考え方のスタイルの違い:

« 綾屋さんのたとえ話 | トップページ | 沈黙の意味 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ