2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 「形の理解」の意義 | トップページ | 「わかる」順序 »

2016年11月 5日 (土)

ミートソースの愛

 昨夜遅く(というか今日の未明)に大きめの仕事がひとつ一段落し、今日はそのせいで手つかずだったいろいろなことをやらなければなりません……('◇')ゞ

 ところで、これは本当のところはどうなのかよくわからないのですがさっきふと思ったことです。

 昨日子どもが帰ってきて、今日はお昼を一緒に食べるのですが、パートナーは今日も出勤で出ていきました。ふと台所を見るとパスタの袋が置いてあって、その上にメモ書きが。ミートソースを作ったからお昼はこれで、というのですね。

 朝忙しいときにわざわざ作っておいてくれたのか、と思い、それからこれこそが彼女の愛情表現なのか、となんとなく感じたのですね。

 

 もちろん、定型だって自分の好意や愛情の表現として人に何かを作ってあげるということはあります。でも、日々の家事として行うごはんづくりなどについては、いちいち愛情みたいなことをそこに感じることはなくなって、ふつうの当たり前のことになっていきます。だから、わざわざ子どものおべんとうにノリやふりかけでかわいい絵をかいて「愛情」を特別にアピールするようなこともやるし、「今日は特に頑張ってあなたのためにこれを作ったよ」というようなことをなんか表現するとかにおわせるとかする。そうするとあたりまえのことが改めて愛情表現に変わります。なんか「お飾り」をつけないといけないわけです。

 ところが彼女の場合はそういうのが一切ない。家族のために家事をするのは「あたりまえ」。いちいち感謝したりされたりは関係ない。定型だとそこで「ありがとう」とか「うれしかった」の一言がほしくて付け加えるような、相手をちょっと見るとか、ちょっと変わった渡し方をするとか、何かの表現は一切なし。だからこちらも「普通の事」としてみすごす。特にそこに愛情は感じない。

 でも、彼女にとってはその「普通の事」それ自体がある意味で愛情なのかもと思えてきたわけです。

 いやたぶん本人はそうは言わなさそう。単に「あたりまえのことをやっている」だけだと。ただしそれは「家族だからあたりまえ」なので、家族のきずながなければそれは特別のことになります。それは家族としてあたりまえのことだから、そこにわざわざなにかのアピールを付け加える必要な何も感じないし、それをするのはわざとらしく、変に感じる。そこに愛情などという大仰な言葉を付け加える必要も感じない。ただ淡々とやるだけです。

 彼女が福祉関係のしごとをするのは、当たり前の生活がむつかしくなった人に、少しでも当たり前に近い状態を送れるような援助をしたいからということでした。私の方はあるいみイベント屋みたいなもので、ふだんではない特別の出来事が大好きです。サプライズ系でしょうか。だから彼女に対してもそういうスタイルで喜んでもらおうとするのですが、ことごとく外れてきたわけです。もしかすると喜んでくれることもあったのかもしれないが、なにしろ表現がないので、うれしくなかったとしかおもえないことが繰り返される。

 

 彼女は素朴な日常のやりとりの繰り返しの中に、私なら愛情と表現したくなるようなものを保っている。そこに感情表現のやりとりはいらないわけです。ただ実際の行いがあるだけ。それに対して私の場合は表現を伴って初めて愛情が感じられる傾向が強い。それがなければなんだか機械的な、単なる義務的なふるまいに見えてしまう。だからそれにたいする感謝の気持ちも起こりにくいし、感謝を表現する気持ちにもなりにくい。

 アスペの恋人が結婚したとたんに「冷たくなった」と感じられる「釣った魚にエサはやらない」ケースがしばしば見られるのは、結婚して愛情を表現する必要がなくなったからで、あとはたんたんと結婚生活に伴って日常行うべきことをするだけのことに切り替わるわけでしょう。それ以上の「表現」のやりとりは必要を感じられなくなる。そう考えればいろいろなことがつながって考えられるようになります。

 
 

 

« 「形の理解」の意義 | トップページ | 「わかる」順序 »

コメント

ぱんださんへ

お仕事お疲れ様です(*^^*)

記事のタイトル『ミートソースの愛』

とっても素敵なネーミングですね(*´∀`)♪

奧さまには伝えたのかな?

仕事なのに
ミートソースを作ってくれて、『愛情を感じた気持ち』

きっと返ってくる返事は予想できるかもしれないですけど(  ̄▽ ̄)

でも、伝えるだけでもイイのかな〜と思います。(私はですけどね🎵)

あすなろさんの紹介してくださった記事を読ん

で、私が笑顔でいたときが一番、彼も嬉しそうだったのを思い出しました(*^▽^*)

まだ、モヤモヤして、探していたもの。
私が知りたくて、探していた 最後のパズルのピース・(カケラ)を持っていたのは、私だったのかもしれません。

最近は、そんな風に考えています。

アンブロさん

> きっと返ってくる返事は予想できるかもしれないですけど

 そうですね。

 なんかそういうことを言うと、「それで私になんて言ってほしいわけ?」と言われそうな気がします。(笑)

 なんか気持ちのやり取りがしたくなって伝えようとすると、「期待された応え」を強要されるように感じるのかなあという気がします。ということで、彼女との関係では言わずに私の中だけで完結させる傾向が私の方にも強まっていますね。

「ミートソースの愛」、心が温まりました(*^-^)ほっこり
定型は、「行動+言葉」で愛情を表現しますが、アスペの方は「行動」そのものに表現されている気がします。アスペの方は言葉も行動もまっすぐで、そういうとことろに傷つくこともありましたが、私はやはりそこが好きです。
パンダさんにミートソースを作ったのは、紛れもなく深い愛情ですね。アンブロさんもおっしゃっていましたが、私もパンダさんが喜ぶ姿、奥様も嬉しいと思います。言葉で伝えると困惑されるのであれば、笑顔を向けるだけでいいと思うのです。パンダさんの気持ち、伝わるといいですね。

アスペの人たちと関わっていて最近思うのは、こちらが思っている以上に私たち定型の気持ちが「伝わっている」ということです。言葉でぐちゃぐちゃ言わなくても、受け取ってくれるというか。前までは伝わらないと思って、必死に言葉で説明して、伝えようとしていましたが、今は安心してシンプルに伝えるようになると、関係がとても穏やかになりました。

私も「ミートソース」的に気持ちが表現できるようにしようと思っていたところなので、パンダさんのお話と通じるところがあり、嬉しかったです。
私も背中を押してもらった気分です。ありがとうございました。

>パンダさん

>なんか気持ちのやり取りがしたくなって伝えようとすると、「期待された応え」を強要されるように感じるのかなあという気がします

ああ!わかります!
息子に『やってくれてありがとう!』って言うと、『は?なんでありがとうなわけ?出来ることをやっただけ(¬_¬)』と不快そうに言われるので、私も下手に言わないことにしました。
なんだかありがたいのにありがとうが言えないって、居心地悪いんですけどね。

ここに書くことで、感謝の気持ちを確認するって、いいかもしれませんね!

>アンブロさん

どの記事だろう?
最近、ベタベタいろんなの貼り付けてしまって、自分で何を紹介したか分からなくなってる。

でも、お役に立てたなら、嬉しいです^ ^

blueさん

お久しぶりですね。コメントの雰囲気からお元気そうで、何よりです(^^♪


>アスペの人たちと関わっていて最近思うのは、こちらが思っている以上に私たち定型の気持ちが「伝わっている」ということです。


なるほど、なるほど~・・・このコメント読んですごくクリアに感じたというか
すっきり!!です。

感覚過敏からくるものなのかな?やはり、言葉から感じる感情(気持ち)が
怖いくらいに体で感じてしまうのでしょうね・・・。

だから、笑顔でいるときはそれだけで相手も「嬉しそうだ」と感じてくれる。
そのくらいで彼にはちょうどいいのでしょうね。

やっぱり(笑)わかっているようでわかっていなかったんだな~私(。-∀-)

笑顔でいたとき「嬉しそうだった」とこまでは気付いたのですが・・・


あすなろさん

いや~あすなろさんの紹介してくれる色んな記事を読んでいて
改めて、自分のことと重ねて思い出したんです。(言葉が足りず)

いつもいつも助かってます。


息子さんの

>『は?なんでありがとうなわけ?出来ることをやっただけ(¬_¬)』と不快そうに言われる

顔文字!!すごく笑えました~(≧▽≦)

想像できる(笑)

私もありがとうとか、ゴメンナサイは、言いたい気持ちになったときしか言わないので・・・

言わないほうが相手にはいいのでしょうけど・・・言えないのも本当に居心地悪い気しますね・・・

でも心からの感謝のときだけなら、受け取ってくれるかな(^^♪なんて思います。

あぁ!なるほど!と思いました。

定型の人には「一緒にいる時点で愛している(=嫌いな人と一緒にいる意味を見いだせない)」というのが伝わらないんだ!?という驚きと、インフラそのものが愛というのは本来伝わらないものなのだなと。

あくまで自分の感覚でしかないのですが、アスペ側は決して感情が無いのではなくて、定型にわかりにくい大きな愛情を持っているのですね。
母からもらった感情はいまいち理解できなくても、母からやってもらった行動は理解できるんです。
なので母からもらった記憶の行動である食事を作る・風邪をひいたときに優しい言葉ではなく解決法としての薬を提示する、その他諸々は「当たり前」の範疇です。
この記事を読むまで、何を言ってるの?とばかり思っていました。

わたしの夫は定型なので、きっとわたしと感じているところが違うのだろうとお弁当に手紙を入れることもしばしばありますが、それについてわたしは何の感情も持っていなくて「健康管理の為のお弁当を食べてくれること」の方が命題です。
ここらへんについては勉強中で難しいのですが、概ね夫は理解してくれているのでしばらくは夫と一緒にいたいと思ってます。

はじめまして。
ブログ、読ませていただきました。

私はアスペルガーで、おそらく積極奇異型です。お付き合いして数年の彼を悩ませてしまっています。
どうやっても彼の望むような対応ができないでいました。何度も同じことを繰り返してしまいます。彼を苦しめたくないし、とても大切なのですが、ちゃんと伝えられないのです。彼はわからないと言います。
彼も私を理解しようと頑張って、いろいろなネットの書き込みで読むように………アスペルガーの私に対してほんとにネガティブな感情になってしまうようです。
私は、こんな自分で申し訳ない気持ちでいっぱいで。彼の前から消えるのが愛情なのかもと思えてしまいます。大好きだからこそ、離れるのが愛情なのかな…と。
ちゃんと、自分に向きあって考えてみようと思っています。このブログに出会えて良かったです。
ありがとうございました。

ミライさん

 どうもありがとうございます。お返事遅れて失礼しました。
 お役に立つことがあればうれしいです。
 またよろしければご自分の経験なども教えてください。
 ほかの方の参考にもなると思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミートソースの愛:

« 「形の理解」の意義 | トップページ | 「わかる」順序 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ