2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« バランス | トップページ | バランスと八つ当たり »

2016年2月27日 (土)

宝の山と正しい答え

 キキさんの次のコメントを読んで「ああ,そうかあ」と深く思ったことがありました。

「 ここでは、色んな役割になっていった方たちのコメントが読めるので、とても楽しい(すみません、ばかにしてるのではなく、自分と同じように感じる方をみつけたり、違う考え方からの発見など、宝の山のように思えるんです)。」

 私はなんとなく無意識のうちに「正しい答え」をやっぱり目指していたところがあるように思いました。もちろん自分が正しい答えを持っているという思いは全然ないので,ほかの皆さんの意見を教えていただきたいし,そこから学び続けています。また逆に「私は正しい答えを知っている」という感じの意見に出会うとげんなりしてしまいます。でも,そうやってみんなでいろんな見方を持ち寄ることで「正しい答えにたどり着こうとしている」という感覚がどっか残っていたんだなと思いました。

 でも,永遠に「正しい答え」になど,たどり着きようがないのです。科学にしたって宗教にしたって,「これですべてが解決」という答えが出されたことは一度もありません。一時期,ある限られた問題について,ある程度の人々にとって説得力がある「解決」が得られることは確かですし,それも人が現実に生きていくうえで大事ですけれど,でもそこまでのことです。それこそ私たちが真剣に悩んでいる「アスペルガー」というものも,せいぜい70年ぐらい前に作られた新しい概念ですし,それももう今はDSMの診断名からは消されています。

 精神科の病名だって,私が学生時代に読みかじった名前や分類は,もうすっかり変わってしまいました。

 鳥だって,昔私が勉強したころは爬虫類で変温動物の恐竜から進化した別のものとか教えられましたけど,今ではもうほぼ恐竜の直接の子孫みたいに考えられるようになってきています。(つまり,鶏肉を食べると,恐竜を食べてることになる? (笑)) そもそも分類の考え方も全然変わっちゃってるみたいだし。

 宗教だって,世界三大宗教の歴史は,最も長い仏教だってたかだか2700年くらい前からにすぎません。そんなの人類の歴史の長さからいえばほんの一瞬といってもいいし,しかもその中身もどんどん変わってきているんですよね。「自分たちこそ正統」みたいな争いも絶えないし。「それはよくない」と考えても,それを現実に解決できる方法も,私は知りません。

 「今より正しい答えを求めようとする」こと自体はおかしなことではないという気がします。それは人が「今より良い状態」を求めて努力する姿ですし,少なくとも「現状維持」を目指すのは自然なことで,「今より悪い状態を望む」ということはあっても例外的なことでしょう。結局生きるってそういうことなのかなと思います。

 でも,そのことと「正しい答えがいつか得られる」という話は別のことです。

 人はひとりひとり生まれながらに持っているものも,生まれた後に経験することも,みんな違います。ひとりとして同じ人はいない。ある人にとっての真実が,別の人にとっても完璧に真実であることなどないわけです。せいぜい大雑把に共通するだけ。

 そういうお互いに違う人間同士が,それでも交わりあって,一体感を感じるときもあり,またずれを感じるときもあり,行ったり来たりしながら生きています。ある時には相手を理解したように感じ,またしばらくするとわからなくなり,その繰り返しです。いろんな違う見方を突き詰めることで共通点が見えてくることもあり,さらに突き詰めていくとまた違いが見えてくることもある。どこまでいっても終わりはありません。

 でも,それが生きているということで,その生きているということについて「今より良い状態」をそれぞれの人が求めているわけですよね。

 そこでキキさんのコメントに戻ります。

 キキさんがこの場のやりとりを「宝の山」のように感じられているのは,そこにキキさんの悩みを一挙に解決してくれる「正しい答え」があるからではありません(と思います (笑))。そうじゃなくって,いろんな見方,自分にとって「そうだよね」と思えるものも,「へえ,そんなふうに見るんだ」と違和感も含めて知るものも,いろいろにある,それらがどれもキキさんにとって刺激になるもので,キキさんが「次」を考える上で糧になるもので,だから「宝の山」なんでしょう(と思います。間違ってたらごめんなさい)。

 だから,「正しい答え」は,ある意味必要ないんです。人によって,その時その時に,役に立つ見方や知識はそれぞれです。何が大事なのかはあらかじめ決まらない。だとすれば,必要なものは「いろんな見方や知識」の積み上げなんでしょう。

 しかも,単にガラクタを集めただけでは宝の山にはなりにくい。誰にとってもどうでもいいようなこともあるからです。でも,ここに寄せられるコメントは,すべてその方がその方の人生を生きる中でどうしても気になったり,こだわったりする問題です。だから,その一つ一つが,言ってみればその方の人生という「ふるい」にかけられて,精選された見方や知識であるわけです。だからほかの方にとっても宝になる可能性が出てくる。しかもそれをお互いに交流する中で,さらに磨きがかかっていく。

 そんなことを感じられるから,キキさんはごく自然にこう思われるんでしょうね。「私も皆さんのヒントになるようなコメントを書けたらいいな、と思っています。」

 自分が宝の山から宝物をもらえたと思ったら,面白いもので人は「タダ取りして終わり」にならないようで,なんか自分も「お返し」したくなるんでしょう。(まあ,ある程度人によってそのあたり差はありそうですが (笑) ) これ,たぶん「バランス」の話にもなるのでしょうね。そういう感じが出てくると,ますます積み上げられる宝物が増えていくことになります。

 いろいろぶつかり合いもありながら,でもそうやって宝の山が積み重なっていくということが,このブログや掲示板の役割なのかなと,そんなことを感じましたし,改めて「正しい答え」を示さなければならないなどという「間違った答え」にこだわる必要がないことを確信しました(←って,これは正しい答え???)。
 

 

« バランス | トップページ | バランスと八つ当たり »

コメント

パンダさん

おはようございます(^。^)、キキです。
はい!その通りです!
ピッタリすぎて、もう、「いいね」ボタンがあれば連打したい気持ちです!
*\(^o^)/* *\(^o^)/* *\(^o^)/*

こんにちは、また心を動かされたのでしゃしゃり出てきました^ ^

(お体の方は大丈夫でしょうか?ブログの更新がされていて少し安心しました)

確かにアスペルガー=理系脳というわけではないですし、アスペ関連の入門書みたいなものでは見えない部分のほうが圧倒的に多いですよね。
ネットに書かれているものも、本に載っているものもホンモノなのですが(捏造もあるかもしれません笑)ひとくくりにできるものではない。あちこちで言われているのについ忘れがちになります笑。
(当事者疑惑の私さえいろいろ誤魔化されて迷っていたのだから定型の皆さんは尚更だと思います)
こちらのブログでは変なレッテルなしで普通の日常では伺えない価値観の様々を知ることができるのだと実感しています。

(なんの議論にもならないただの感想ですが失礼します)

キキさん

 またひとつ,共有される部分が増えた感じですね。
 それにしても,いいねボタンって,ほとんど使ったことないんですが,連打もできるんですか?


らんさん

 ご心配ありがとうございます。おかげさまで風邪もひかずにやっています。

 炎上については以前とは違って,アスペの方とのちゃんとしたやりとり関係が安定してできてきていますので,一部でトラブルが起きても,以前のようなダメージはありません。もちろん何が問題なのかについては私にとっては謎が多いですが,それで後ろ向きになる感じもありませんし。

 「アスペ=理系脳」というのはどういう根拠なんでしょうね?もしかすると「アスペ=感情を理解できない」&「理屈で考える」=「理系の脳だ」くらいの大雑把なイメージが定着して,実際理系で活躍されている方も多いし,脳も解剖してみると理屈を考える部分が大きくなってるからとか,そんな話なんでしょうか?

 実際はよくわかりませんが,もし仮にそんなことならちょっと大雑把すぎると思います。だって,アスペの方が理解できないのは定型的な感情なわけで,アスペ的な感情はまた別物ですし,定型的な感情が理解できなければ,定型社会では理屈で推理して生きていくしかありませんから,その能力がいやでも鍛えられますし,その能力をフル活用するようになれば脳も大きくなるでしょうから,「もともと理系脳」なのか「鍛えられて理系脳」なのかは簡単に決定できないはず。そのあたり,実際どの程度丁寧に研究されているんでしょうね。結構大雑把な話が多そうな気がしますが。

 
>こちらのブログでは変なレッテルなしで普通の日常では伺えない価値観の様々を知ることができる

 こんな風に見てくださるのは私が願っていたことでもあって,とてもうれしいことです。なんか,もっと自由に豊かに多面的に柔軟に見ていくことが大事だと思うんですね。単純な決めつけではなくて。それぞれ個性も豊かなわけですし。凝り固まっててもつまんない。
 

みなさん、こんにちは&初めまして。まると申します。

私は定型で、夫とは1年半前に結婚しましたが、付き合い自体は10年ほどになります。夫はアスペルガーかどうかはわかりません。結婚して一緒に暮らすまでは、妙に怒りっぽいところはあるけど、発達障害の可能性などこれっぽっちも考えませんでした。
ところが、一緒に生活してみると、いろんなところにズレが生じて(笑)。初めはそれぞれの実家のルールの違いかな、とも思ったのですが、それだけでは全然説明がつかず。
とりあえず、どうも感覚過敏がありそうだ、というところから、いろいろ調べていて、私もパンダさんのブログに流れ着きました。

ここで私もいろんな知識を得ました。一緒に住んでいるということがどれだけ特別なことなのか、感覚過敏がどれほどつらいものなのか、キキさんが少し前の記事に書かれていたように仕事モードとプライベートモードの使い分けがあることとか。
多分、1人で抱えていたら、ずっと、「私のこと嫌いなのかな?釣った魚に餌はやらないのかしら?この結婚に意味があるのかな?」と、考え続けていたと思います。でも、このブログに集まる方々の実体験、想いを教えて頂いて、それから夫のことを見てみると、見事に同じ、ということもあったりして。夫1人を見ていたら決して分からなかったであろうことが、パンダさんのブログのおかげで随分納得できるようになりました。もちろん、パンダさんがよく書かれているように、頭で理解していても心がついていかないということも多々ありますが(笑)

夫がアスペルガーかどうかは今もわかりませんし、私自身はそこはどちらでもいいかな、と思っています。でも、このブログで得た知識は私のことをとても助けてくれてます。みなさんの言葉をヒントに仮説を立て、1人納得する日々です。

私と夫は農学系理系なのですが、最近、科学って全然万能じゃないということを夫から教えてもらいました。何かを証明するには、本来ならいろいろなものと関わりあって存在しているものを切り取って持ってこないといけない。それだけでたくさんの情報が失われてしまう。
人間が自分の五感を使って、何かを言葉にするってことも同じだと思います。この世界で起こる全てのことを人は感知できなくて(紫外線、放射線とかモスキート音とかは存在しているけど、感知できません)、人によってその能力にも違いがあって、さらに言語という有限のツールを用いて表現することで、どれだけの情報が捨てられているのかな、と時々考えてしまいます。何を切り取って、どう表現するかはその人その人で異なるはずで。だからこそ、人の数だけ事実があってもいいのかな、とも思います。受信機能も情報処理能力も発信機能も十人十色なんだから。

長くなりましたが、こういう場でみなさんの感じ方、表現を知ることは私に取ってもやっぱり宝探しだなーと思いました(*^_^*)

パンダさん

理系脳の件は私も聞きかじっただけなんです汗 ネットの掲示板なんかでアスペルガーの進路について議論されていたので、それでほほう〜これ定説なんだなと勝手に捉えてました。(その点では自分もレッテル貼りに入るような気がしないような…)
ただ個人的に感じたのは理屈で考える=理系脳という単純な結論ではなく、脳機能的にも理系学科の勉強法は相性が良いのではないかと思っています。(もちろん理系科目ができるというわけではないです。芸術系、文系に進む方々もいらっしゃいますし)
実はらん=アスペと判断するまでに人間観察や性格分析の資料を漁ったりといろいろしてまして。気になるものを見つけたんです。

(ユングの性格分析とかもうこちらで取り上げられてましたっけ?実は気になる記述を見つけたのですが、掲示板に書き込んでもよろしいですか?なんか自分でレッテル否定を掲げておいて貴様がそれを言うかぁ‼︎って感じなのが気持ち悪くて…
というか今回もかなり偉そうなことを言いました。いかんせん直さねば…)

主観というか、進路の件でも大学などを見て回ったところ、理系学科の方が居心地がよかったです。人間関係的な意味でも比較的落ち着いて過ごせるのではないかと思いました。

あ、生まれつきかの問題も難しいです。
理系脳が何をさすかもまた曖昧なので

うーん私も結構凝り固まってますね笑

夜分非常識に失礼いたしました(> <;)

あ、少なくともわたしは(自分語りですがらん本体しか参考できる例がないので)5歳ごろから口達者で理屈っぽい子供でした。

まるさん

はじめまして^ ^
さまざま、なかなか学校の中では実感しにくいのですが本当に思います。今文芸部に所属していて合作を作っているのですが、同じ小説でもキャラの捉え方が人によってだいぶ違うんですよ。)
心がついていかない…うまく想像できないのですが、感情移入できない主人公の比ではないですか?

らんさん、はじめまして(*^_^*)

>同じ小説でもキャラの捉え方が人によってだいぶ違うんですよ。

私も若かりし頃は好きな漫画がアニメ化された時とかに、「あー、このキャラクターはこんな声じゃないよー!そんな言葉使いじゃないよー!」ともどかしくなったりしてましたが、そういう感覚でしょうか?小説だと、そのキャラクターの声、動き、挿絵がなければビジュアルも読み手の想像に任されてますものね。読み手の数だけそのキャラも生まれるってことですかねぇ。そう思うと、現実でも出会った人の数だけ私がいて、でもやっぱり私は私という1人の人間で…なんか難しいのでこれはまたおいおい考えることにします(笑)

>心がついていかない…うまく想像できないのですが、感情移入できない主人公の比ではないですか?

これについては、私の中の子ども心(承認欲求)が満たされない、という部分が大きいと思います。「あなたが不機嫌なのは、仕事が立て込んでいるからで、私のせいではないということは頭ではわかっている。でもその不機嫌は私に向けられているように感じるし、私の存在を無視されているような気持ちがどうしようもなく勝手にわき起こってしまうんです。」というような感覚です。感情移入できない主人公と少し違うのは、自分の存在をないがしろにされているような感覚があるところかなぁ、と思います。

まるさん

>もどかしくなったりもしましたが、そういう感覚でしょうか?
そうなんです。内向的なつもりで書いたのに挿絵でやんちゃキャラになってたり…。声優さんの件もよくありますよね。中坊(これって死語ですか?)の時はかなりもどかしくて貧乏ゆすりしてましたが、今はネットでいろいろ知って、運営側の苦労が見えて文句がでません笑

>現実でも出会った人の数だけ私がいて
興味深い。だから友達の噂を聞いて混乱したりトラブルになったりするんですよね。客観視とは難しい…考え詰めるともう哲学行きです笑 こういうことはニーチェに任せた方がいいですな

>自分の存在をないがしろにされているような感覚
ありがとうございます。ここの加減というかふとしたことで気遣いが抜け落ちてしまうところなんですよね。
むき出しの感情をそのままぶつけられてるという感じですか。ほかにもいろいろな点で…なんとなくモヤっと心当たりあります。この前自分がまったく喋ったことがない人から「機嫌が良い時と悪い時の差が激しい」と言われていた理由がわかりました。
まるさんや他の方々は辛いことがあっても無意識に出さないようにしてたりしてるのでしょうか。 それをさらに察して気遣いができるって凄い…(・_・;

(あ、掲示板は水入り期間が終わってからという前提です汗)

らんさん

キャラの件、だいたい合ってて良かったです(*^^*)

>だから友達の噂を聞いて混乱したりトラブルになったりするんですよね。

ですね!それは本当の自分じゃない、とか、そもそも本当の自分って何?とか、やっぱ、哲学行きになっちゃいますね(笑)

>まるさんや他の方々は辛いことがあっても無意識に出さないようにしてたりしてるのでしょうか。 それをさらに察して気遣いができるって凄い…(・_・;

この部分、改めて考えると、出さないようにしているわけではなくて、場所と方法を選んで出しているような気がするんです。私個人の見解ですがいくつかポイントを考えてみたんですけど、「自分がその集団の中でどういう立ち位置なのか」「自分の言動が他人からどう見られる可能性があるか」「集団の秩序が保たれるか」みたいなことを判断基準に言動が決まる気がします。例えば部活で1年生が部長に怒られたとします。その場では神妙に聞いていても、いざ1年生だけになったら「部長怖かったねー」「部長むかつくわー」なんて言って慰めあったりする。そういう、今自分が所属している集団とそれに適した言動を無意識に感知、選択しているような気がします。あと、気遣いについては誰かが辛そうに見える時、それが自分に向けられた感情なのかそうじゃないのか、なんとなくわかるセンサーのようなものがあるのかもしれません。私向けの感情ではないという感覚があるから「どうしたの?何かあった?」と気遣いができたりします。ところがそのセンサーは私の夫には通用しないというのも大きな謎です(笑)

こんな感じで、回答になってないかもしれませんが、私にとっては改めていろいろ考えるきっかけになりました。らんさん、ありがとうございます。
私が高校生の時は、自分のことも周りのことも見えていなかったので、らんさんが自分研究(?)をされている姿が何だか眩しく思えます。陰ながら応援しています(*^_^*)

まるさん

横から失礼します。

> あと、気遣いについては誰かが辛そうに見える時、それが自分に向けられた感情なのかそうじゃないのか、なんとなくわかるセンサーのようなものがあるのかもしれません。私向けの感情ではないという感覚があるから「どうしたの?何かあった?」と気遣いができたりします。ところがそのセンサーは私の夫には通用しないというのも大きな謎です(笑)

ここ、相当大事なポイントですよね。この謎が解けるとまたいろんなことが一緒に見えてきそうな気がします。

まるさん

返信ありがとうございます。(日を開けてすみません)
部活の話、納得しました。たしかに似たような場面は何度も見たことがあります
。昔は周りの人が薄情な上に味方のフリをしてるように感じて、しかも叱った側もなにか事情があって怒っているのに悪役のまま終わってしまうことに憤りを感じてました。

自分研究とはまぁ私が自尊心がふにゃふにゃくせに妙にナルシストなのと、上記のようなトラブルを避けるためだったりします。(こんな不毛な自分語りと質問に付き合ってくださって本当に感謝してます。((おそらく))その場を荒らしてすみません)

怒りの件はたぶん、時間感覚が良くも悪くも"今、ここ"に合わされているからではないかと。私は"今"怒っている。は"今"悲しい。みたいな…。アスペについて書いてあるサイトでも似たようなことをが指摘されていました(が余程の自体だとアスペに限ったことじゃない気もします)。
結構強い感情が湧き上がっている時は周りを見れてないことも多いですし、人に話すのも難しいので(これはたびたびこちらで話されている共感の価値観の違いっぽいです)、結果その場に怒りがだだ漏れになっているのだと思います。(特に身内の前だと抑えが利かなかったり…) 勝手な予想です。的外れだったら(答えが知りたいわけではない、というのも含めて)すみません。

パンダさん

>この謎が解けるとまたいろんなことが一緒に見えてきそうな気がします。

ですね。このセンサーにひっかかる何らかのシグナルがありそうな気がするんですが…今の所は謎のままです(笑)


らんさん

こちらこそお返事ありがとうございます。
心配しなくて大丈夫ですよ。場を荒らしているなんてこと全然ないですし、らんさんのお話、とても興味深いです。とりあえず私に関しても楽しくお話しさせて頂いてますので(*^_^*)

怒りについての「だだ漏れ」という表現、まさにそんな感じです。以前はそれをまともにくらって勝手に落ち込んだりしてましたが、最近は大分流せるようにもなってきました(笑)

答えが知りたい…というよりは、何かの欠片を集めているような感覚です。その時はなんだかわからない欠片もあるけど、たくさん集まると、ある時急に形が見えてくる、そんな体験をパンダさんのブログを通じてさせてもらっている感じです。ってこの記事の宝の山と同じことを言ってますね。なので、らんさんのコメントも大事な欠片の1つです(*^^*)

>まるさん、ぱんださん

私のパートナー(彼女)もスキンシップの件は、このブログにある結婚のくだりを読ませた所、笑いながら完全に当てはまると納得していました(笑)
なので、私はこう言いました。

貴方にとってとても小さなことが、私にとって大事なことだから、もし私が甘えてきても何か作業しながらでもいいから、ほっとくのがいいよと。
あまり嫌がると傷つくよとも言いました。
そんなことが大事なん? そんな風に返されました(笑)
これ3年くらい前に言われたら、絶望していたと思いました(笑)
私は別れる前、そんな彼女にくっつく為にマッサージというとても良い方法を思いつきました。

でも彼女にも言いましたが、私と彼女は実はこのマッサージにしてもズレが生じているんですよね。
笑いながら、ただ揉まれてるだけって思ってるやろって私は言いました。
でも双方それを理解し、結果的にはこれは良いズレであると判断して会えば毎日マッサージをしています。
ちなみに結婚の約束をして、一ヶ月に一回という交渉をしました(笑)

タユミさん

> このブログにある結婚のくだり

というのはどの記事でしたっけ?復習して参考にしたいのでよろしければ教えてください。

マッサージの件、切実さがなかなか伝わらないという感覚はよく分かります。もちろん違う面では逆のことが起こっているのだとは思いますけれど。

タユミさん

はじめまして(^_^)

うちの夫は触られるのが極端にダメで、マッサージは好きじゃないみたいです^^;これは信じてもらえないかもしれませんが、鍼に行ってもあくまで触れるだけで刺さずに治療してもらってます。これで体調が良くなるのでほんとに不思議です。採血も針が刺さっている間、ずっと尋常じゃなく痛くて気分が悪くなるみたいです。私は刺した時と抜く時だけ痛いので、初めにそれを聞いた時は気が小さいのかな、なんて思ってましたが、今は感覚過敏の一種なんだろうな、と思っています。

こういうのって、やっぱり個人差が大きいと思うのですが、私もタユミさんのように2人の妥協点というか、お互いにマイナスにならないコミュニケーションを模索していけたらな、と思ってます。

まるさん パンダさん 

まるさんはじめましてです。キリンと申します。
よろしくお願いいたします。

 センサーの件とても興味深いですね!私も横からすみません。。

 このセンサーについて私なりに考えてみました。あくまでも私なりですので、参考はおろか何の役にもたたないかもしれません。(笑)

 また考えてはみたものの、どうもこれは"真実の鏡"に自分を映す行為のようで、自分がいかに汚い人間かをさらけ出すことなので、とてもイヤな事なのですが、ちょっと書いてみます。


 このセンサーの仕組みは私の場合、"視覚"と"聴覚"から得られる情報を過去の経験や伝聞などに基づいて作成された"個人的統計学"と照合して判断を行うことのようでした。

 
 私は日頃から人の顔色や周囲の雰囲気というものにセンサー(神経)を張り巡らせています。ピリピリムードなのか、のんびりムードなのか、たのしいムードなのか、はたまた悲しいムードなのかなど。

 また逆に周りから常に見られているという意識をもっています。これは目立ちたいとか自意識過剰という意識ではなく、どうすれば目立たずに済むか波風を立たせずに過ごせるかという意識です。


■センサーが収集している情報

【視覚面】
相手の表情
相手のしぐさ
相手の視線
etc…

【聴覚面】
相手の口調
相手の言葉選び
相手の声色
相手の動作の音
etc…

 集団の場合は、個々から得られた上記の情報を集計して判断しています。また中でも感情などが表情やしぐさに表れやすい人間をあらかじめ選定しておき、その人の挙動を見ることも大事な判断基準です。

 初見の集団の場合は、"個人的統計学"の中のベースとなる部分(大体人間はこういう時にはこういう行動をする)を当てはめて判断基準とします。


 ひとつ例を挙げてみます。例えば私以外が口裏合わせをして、私をハメようとしている場合(サプライズ的な事や仲間外れ的な事)まずは全体の人間の表情や行動などを読み取り、普段とは違う表情や素振りや仕草をしている人間(表情が硬い、視線を合わせない、平静を装っている、そわそわしているなど)が多ければ、何かがあるとアラートが発せられます。このアラートは"勘"と言われたりもします。


 視覚面で感じ取ることも多いのですが、確証が持てない場合は、"探り"を入れるために話をしてみます。この時の会話は本当になんでもない普通の話「今日は天気良いね」とかで良いのですが、ここでも相手の返答から、視覚と聴覚をフル動員して情報を集めています。(目の形、目の動き、視線の先、口の形、顔の向き、言葉選び、言葉の強弱、声色、音程、相づちのタイミング、仕草、手の位置)ここで普段の態度との違いを例によって"個人的統計学"と照合し違いを弾き出して"疑い"をより確かなものとします。ここで疑いが深まった場合は、集団の中でもウソをつくのが苦手な人間を誘い出し。2人で話せるような状況を作り、「なんかみんないつもと違うよね?」なんてところから、結束の輪をほどきにかかります。サプライズの場合などはあえて気付かないフリなんかをします。


 また逆に私の表情や言葉が相手の"視覚"や"聴覚"に与える影響の事を普段から考えていますので、相手に悪い印象を与えないようにと、常に"イイ人"を演じています。なので演じている人を見分ける"嗅覚"もあるのかもしれません。映像なんかで自分を見た時には、そのわざとらしさが見え見えでとても嫌になります。


 「目は口ほどに物を言う」なんてことわざがありますが、私の判断基準の多くを占めるのがこの"目"だったりします。目を見れば大体その人がどういう人間か分かります(とか言って実際は分かっているつもりになっているだけ 笑)ので、基本的に私は人と目を合わせたくありません。目から得られる情報が多すぎて、普通の会話をしていても「ウソをついている目」「退屈な目」「興味ない目」「嬉しい目」「悲しい目」「楽しい目」といちいち余計な情報が入ってきてしまいます。それらは"上辺"が重要な日常会話やビジネス会話をする上では、ネガティブな要素でしかありません。


 つらつらと書き連ねてしまいましたが、これらのセンサーが一切通用しないのが、私の場合も妻(アスペ疑い)なのでした。目をみれば~の話しをしても「そんな人の目を見たぐらいで分かる訳ない」「ただの被害妄想」と完全否定。笑 そもそも彼女の中には表情や声が相手に与える印象のことなどの概念がないようでした。

 

キリンさん

 定型はお書きくださったようなポイントをほとんど無意識のうちにチェックして使ってるんですよね。意識して使うときはわざとらしさが出てきたりもしますし,「相手を意図的に操作する」みたいなことにもなってしまうかもしれませんが,そうでなくても,自然にそんなことをやってしまう。

 そこが多くのアスペの方にはわかりにくかったり,場合によってはキリンさんの相手の方のようにまったく信じられなかったりもするということで,私も最初の頃はそれが「わかりにくい」ことが「わからない」感じでした (笑) でもほんとにそうなようですね。そこをどう説明したらいいのか,むつかしいです。場合によって色を見たことのない人に色を説明するようなことになるかもしれませんし。

>パンダさん
夫婦と恋人とセックスと
この記事を全般的に当てはまると彼女は言ってました。

>まるさん
初めましてが抜けていました、すみません。掲示板のほうではかきましたが、私の彼女はキャミソールを仕事以外では持ち歩き、仕事以外、家族と私の前ではそのキャミソールを肌身離さずもっています。
つるつると、エッチの最中でも触っています。
ほぼ常時触っていますね。
そのキャミソールに名前をつけてつるつると言ってます。
これは、キャミソールの生地の感触が好きらしいのですが、定型にある安心毛布というレベルを超えてます。
ちなみに、キャミソールの前はパンツだったようです。
これも一種の感覚過敏ですね。
私は極度に触られるのを嫌がられるときは、彼女の顔をずっとみてましたが、これは今ではわかるんですが、本人はとても嫌なことのようですね。

なので段階を踏んでました。
交換日記をしてみましたが、これは続きませんでした。
相手の趣味を基軸にし、そこからこちらから広げるように、これもあるあれもあると情報を与え、広がりを持たせました。
そうすることによって、何かコミュニケーションと笑顔がお互い自然になれたきがします。この趣味を基軸にするというのは、とてもうまくいきました。

性差で変わってくると思いますが、特定の刺激が嫌だということは、私の経験では特定の刺激にもの凄い愛着があると思えるんですね。
そういった中で少しずつご主人にあった、方法を見つけて行くのがいいかもしれません。

少しずつ段階を踏んでいけば、近寄って触るだけで嫌という段階から私はマッサージに行き着きましたし、ご主人にあった方法が見つかるかもしれません。
あきらめないでくださいね。私はとんどもない齟齬を一年放置して、なんだそんなことだったのか、浮気でもしてるのかと思った。こういった経験がありました。
難しい話をしてもすぐ眠くなって、たとえ伝わったとしてもすぐ忘れてしまうので意味ないよねと笑いながら言ってましたが。
最近、どうもそこも違うような気がして、もっと根深い部分に愛情があるような気がしています。

変な話昨日、私のような見た目でこんな性格のロボットがいればそれでもいいよね? と聴いてました。
すると彼女は嬉嬉としてうんと答えてました。
これは私もそういった傾向があるのでとてもわかりました。
でも、今日また話してみてどうも私がいきついてない愛情のようなものがあるような気がしてまだ答えがでません。
私がこう思うからこう思ってくれるという彼女のその言葉に何かあるような気もしますし、一心同体というと語弊はありますが、愛情の捉え方が定型のそれとは異なって同じASやADHD傾向の方でもかなり別れてるのではないかと思います。


キリンさん、はじめまして。横から失礼します。
最近こちらにお世話になっていますアスペのみるきと申します。よろしくお願いします。

キリンさんのコメントを見て、へーなるほどな~と目からうろこというか色々な面でとても感動しました。
何より最初に思ったことなのですが、こんなにも定型の方(たしかキリンさんは定型でしたよね?違ったらすみません(汗))が自分の内面というか感覚的な部分を晒してくれることもあまりないので(あくまで私の印象です)単純に好感を持てたというかすごいなと思いました。勿論いい意味です。私の感覚だと定型の方の中には、ふわっとしてるというかもやっとしてるというか何となく上辺だけで結局何が言いたいのか分かりにくい人も正直いたりもするので(まあ、それはそれで優しいと思うし何も問題はないのですが(笑))、そのところを包み隠さず教えていただけたことがとてもありがたいですしとても勉強になりました。
キリンさんは、

       また考えてはみたものの、どうもこれは"真実の鏡"に自分を映す行為のよ       うで、自分がいかに汚い人間かをさらけ出すことなので、とてもイヤな事な       のですが、ちょっと書いてみます。

とおっしゃっていますが、私の目にはとても正直な方のように見えますし清清しく感じて別に汚い人間ではないと思いました。それと同時にそんなにイヤな事なのに教えてくれてありがとうと感謝したいです。

内容についてもかなり面白かったです。定型の方は本当にそんな高度なことを無意識にしてるんですね。単純に恐れ入るというかすごいです。私の場合はそのセンサーがないというよりもぶっ飛んだ方向へ発揮されるので結局かみ合わないということがよく起こります(笑)たぶんですが、定型の方とは違う受け取り方をし、定型の方とは違う順序を通りあらぬ方向に結論を出しているんだと思います(笑)
話が逸れますが、私はかなりズレている変わり者といわれることが多いのですが、不思議といじめられることがありません。私はそれを私の人徳とか努力ではなく定型の人からすると私は相当不気味なんだろうなと思っています(笑)いじめようとか傷つけようとしてもとんちんかんな方向に飛び思った反応にならないのでだんだん気味が悪くなって、どう動くか予測ができないアブナイ奴認定されて一目置かれるのかなと自己分析しています。予測できないものは誰だって恐怖ですから(笑)

話を戻しますが、奥様とは違うかもしれませんが私の場合、表情や声が与える印象という概念自体は存在しています(笑)ただ、あまりそれ自体の重要性が分からないというかそこに対して価値を見出せないという感じが近いです。大事なのは内容であり、本心でどう思っているかなので、そんな表面情報はどうでもいいとはいわなくてもそんなに気に留めていないといった感じかもしれません。特に、赤の他人や初対面の人、職場などであれば多少は表面にも気を使いますが、家の中、家族、親しい人と近くなればなるほど気をつけないと気を使えなくなっていきます。完全なる素になってしまうからです。
以前同じような内容をぱんださんがされていたように思いますが、そのときも単純に不思議だったのですが、定型の方はいつ自分の素に戻るのですか?そもそも戻らないのでしょうか?それともいつも素だからあえて戻る素などないのでしょうか?すごく不思議です。間違っても嫌味とかではありませんよ(汗)心から不思議で疑問でなりません。

はじめまして。なのにとんでもなく長文ですみません。後半の疑問は、キリンさんに答えてほしいというよりもこちらで引き続き勉強させてもらおう・・そのうち分かったらラッキーだなという私の心の声だと思っていただいて構いません。俺に聞かれても・・なんてキリンさんを困らせたいわけじゃありませんから流してもらって大丈夫です(笑)
キリンさんのコメントは定型さんを理解するためにとても参考になりました。ありがとうございました。

タユミさん

 ありがとうございました。
 読み直していて,書いている内容をすっかり忘れていました (^^ゞ

 ほんとに記憶力&理解力ないなと思ったのは,
 そこで驚いたと書かれていることを改めて読んで
 やっぱり同じように驚いたことでした……

 パートナーから「何回同じこと聞くのか」と怒られるわけです。
 それだけわかりにくいことなんでしょうね。記憶がむつかしいくらいに。

まるさん

ありがとうございます^ ^ほっとしました。うちの家族は一家揃ってだだ漏れですね。特に母が不機嫌だと感情が全員に伝染してるっていう…((絵に描くとシュール))
私も似たような思いであちこちを出払っています。バラバラだったたわいもないピースが、ある日ピタっと自分の中で繋がって…ほんとに些細なことでもある意味本質を含んでるのが不思議ですよね。

キリンさん タユミさん みるきさん

初めまして。失礼します。感覚機敏と無意識の話、興味深く読ませていただきました^ ^全然汚くないですよ!
定型の皆さんが無意識にやっていること、並べてみてみるとかなり忙しいですね笑 表情ひとつでも目で追うのが難しい。こういうことを無意識で統合できないから五感が鋭くなるのでしょうか。
ロボットのくだりからタユミさんの彼女さんにすごく親近感が湧きました。存在自体が好きなんですよね。ある種の信頼とか。ひょっとすると性別すらどうでもよかったり(しませんかね…私だけですか)
どうも世間で愛着扱いされるのがふに落ちません。失敬な!
顔の表情の件はみるきさんと同意見です。最近一人でいるとこを話しかけただけでもすっごく嬉しそうな顔をする人がいることに気づきました。
手当たり次第に人にぶつかっていくと、そこそこ作り笑いしてるなーっていうことよくあるんです。でも同時にふっと素の笑顔に見える時があります。定型の皆さんの場合、親しい人にほど後者が目立つような気がします。(それこそグラデーションのように)アスペの過集中のように、なにか切り替えるスイッチのようなものがあるのでしょうか?

やっぱり私の文はほぼ独り言になってしまいます^^; たぶん会話できるようなものではないかもしれませんが、なにかを、知る手がかりになればと思っています。

余談?になります。センサーがぶっ飛んだ方向に発揮…うっ心当たりがっ。私の場合もいじめられることは幸いにないのですが、平等に距離を置かれてます笑
不気味だからというよりも女子の別グループとは関わりませんよーまぁ必要最小限に助け合いましょうやーみたいなモノに質が似ているような気がしないこともないんですが。

らんさんへ。
はじめまして。みるきと申します。よろしくお願いします o(_ _)oペコッ

分かる分かると思わず笑いすぎて吹き出してしまいました(笑)


    ロボットのくだりからタユミさんの彼女さんにすごく親近感が湧きました。存在自    体が好きなんですよね。ある種の信頼とか。ひょっとすると性別すらどうでもよ     かったり(しませんかね…私だけですか)
    どうも世間で愛着扱いされるのがふに落ちません。失敬な!  

よく分かります(笑)私の場合も存在への感謝や信頼、愛情なので性別とかはどうでもいい人です。らんさんだけじゃないですよ~私もです(゚▽゚*)ついでに言えば、相手だけじゃなくて自分自身の性別もどうでもいい人です、私の場合。おかげで昔から中性っぽいとか女性から男の子だったら付き合いたかったとか言われてます(笑)面白いですね。失敬な!笑いました。本当ですね(笑)


      余談?になります。センサーがぶっ飛んだ方向に発揮…うっ心当たりがっ。       私の場合もいじめられることは幸いにないのですが、平等に距離を置かれて      ます笑
      不気味だからというよりも女子の別グループとは関わりませんよーまぁ          必要最小限に助け合いましょうやーみたいなモノに質が似ているような気がし      ないこともないんですが。


もとてもよくわかりますヽ(´▽`)/あえて、不気味だからと書いたのですが、私も実際にはらんさんのような感じです。昔から、単独行動なので、たいしてグループというものに縁がないのです。嫌われたりはぶかれたりはあまりしないし、かえって、一緒にいようよとか同じグループに入って欲しいなどといわれたこともありますが、全て丁重にお断りしてきました(笑)私も、なにかあったらお互い助け合いましょう~何か問題があって私にできることがあったらなんでも言って~私も何か困ったことがあったら皆にお願いするからその時は力を貸してね。お願いします~。ということで、私は1人で好きにやってるから。じゃ。という感じを貫いています。というか私の人生ずっとそんな感じです(笑)

らんさんの感覚がなにやら自分に近いかもしれないぞ・・と思えて個人的にとても嬉しいです。これからもどこかのコメントでやり取りさせていただくのがとても楽しみです。
どうぞよろしくお願いします。

みなさん、こんにちは。

キリンさん、はじめまして。センサーについての考察、ありがとうございます!
みるきさん、水入りの際にはコメントを頂きありがとうございました!

みなさんのコメント、それぞれがとても刺激的で、本当に考えさせられます。

そんな中でふと思ったことがあります。定型がアスペルガーの方に説明しづらい部分、空気を読むとか、気持ちが伝染するとか、周囲にも常に注意を向けるとかって、実はとても動物的なことなんじゃないかな、ということです。キリンさんのコメントにもあるように、センサーへの入力の大部分は非言語的なんですよね。表情、仕草、声の調子などなど。で、犬とか牛とかを見ていても似たようなセンサーを持っているような気がするんです。となると定型はそういうコミュニケーションを大脳辺縁系という古い脳の部分で行っている可能性が高くて、それゆえ考える前に感じてしまうんじゃないかなー、なんて思ってしまいました。

逆にアスペルガーの方が論理的思考になりやすいのは、大脳新皮質という新しい脳を使っているからなのかなーと。あくまで想像ですが。

うーん、だからどうした、というようなお話ですが、「アスペは人の気持ちがわからない」って言われがちな部分が、実は「アスペの方が理性を持った人間らしい生き物で、定型の方が古い動物の気持ちを引きずって勝手に苦しんでる」と見ることもできちゃうのかな、なんて思った次第であります^^;

まるさん。こんにちは。

掲示板のまるさん(のコメント)を拝見していたときも感じたのですが、純粋にまるさんという方はすごいですね!( ^ω^ )(尊敬に値します!!素晴らしいの意)。
掲示板にいる時、まるさんのコメントから学ぶことがとても多かったです。表現も私にとってはすごく分かりやすいですし、定型の方から見た世界というか、感覚がより鮮明に伝わってきて分かりやすかったです。(分かりやすかったが重複してますね(笑)その位実際分かりやすかったということです)私のほうこそ、同じ時間にまるさんがいてくださって本当に良かったです。助かりました。心から感謝します。

上記のコメントについても本当に感嘆というか驚愕というか色んな感情でいっぱいです。まるさんのおしゃっている内容については、以前、数ある想定しうる全てのうちの見方の1つ、とらえかたの1つとしてすでに考えたことがありました。ですが、わざわざ、アスペの側が言うことでもないので言う気など全くありませんでした。それをまさか、定型の方に言われるとは思わなかったので正直ただただ呆然という感じです。(いい意味です(笑))
内容についてはひとそれぞれ思うところがあると思うので直接は触れません。
ただ、たぶん定型とアスペと真逆の世界にいるであろう2人なのに言いたいことが大体分かる、おおまかに共感しあえる、それがなんともすごいなと思いましたし、奇跡的なこのシンクロに感謝したい気持ちでいっぱいです(笑)
色々思うことやいいたいことはありますが、私はいつも学習能力がないのかというほど長文になるので今回はこれで失礼しますm(_ _)m
ただ、掲示板にいたときからまるさんにはただならぬ興味と関心、そしてアスペ同士とは違う種類の共感を感じています。
これからもまるさんの書き込みからいろいろと勉強させていただきますo(_ _)oペコッ
よろしくお願いします(笑)うざかったらごめんなさい(笑)

みるきさん らんさん はじめましてキリンと申します。
こちらこそよろしくお願いいたします。


 わわわ。まさかそんな風に思って頂けるだなんて、予想だにしていませんでした。。こんな私を褒めて?認めて?頂いたことに驚きと共に嬉しさを感じています。こんな自分でも良いんだ。正直に話して良いんだ。と思いました…。今わたしはとても承認欲求が満たされている状態にあるんだと思います。こちらこそ本当にありがとうございます。。(なんだか久しぶりの感覚です…)

 
 これまで深くは考えていませんでしたが、センサーの話は確かに今まで私が普段からやっていることでした。でもそれをひた隠しに、他人に見せないないようにしてきたのは、この秘密を知られる事は、定型社会で生きていく上ではとても不利になる事だからだと私は思います。


 と言うのも、普段、私は何も考えていないようなキャラを演じています(←また演じてる 笑)なぜそんな事をするのかと言うと、もし"実はセンサーを張り巡らせている"という事がバレた場合、相手に警戒されてしまうからです。「アイツ何も考えてないようで、実はヒトの腹の内を探ってるんだぜ。気をつけろよ」なんて相手に思われてしまうと、これまで読めていた相手の表情や行動が読み取れなくなってしまいます。またはそういう"実は裏の顔"みたいなものを持っているというのが分かると、相手に敬遠されてしまいます。なので、普段から何も考えていないキャラで、相手の警戒心を緩めながら、相手の事を探っています。
 
 
 書いててほんとにイヤな奴だなと思いました(笑)打算的というか、疑り深いというか、何と言うか、私が"汚い人間"と感じているのはこういうところなのかもしれません。なんだか詐欺師みたい。。。 


 私が定型なのかアスペなのかは、実は正直自分でもまだよく分かりません。(ん?どちらでもないってあるのかな?)というのも、パンダさんがお書きくださったように


>定型はお書きくださったようなポイントをほとんど無意識のうちにチェックして使ってるんですよね。


 ということで、確かに"無意識"でチェックしている部分もあると思うのですが、私の場合は"無意識"のうちにチェック出来るように、より"意識"しているという感覚です。(日本語がおかしいですよね 笑)


 うーん。例えば【呼吸】は"無意識"に本能的にするものですが、【深呼吸】は"意識"してするみたいな?(うぅパンダさんみたいに上手に言葉で表現出来ません…。)なので、私にとってのセンサーを張り巡らせるという行為は、常に深呼吸をしているような状態と同じなので、それはそれは疲れるんです。毎日クタクタです。
 
 
 じゃあ何でそんなことをするの?と言われれば、自分でも何でだろ?と思います。「何でわざわざそんな自ら疲れるような事やってるんだろ?」と。でもそれはきっと定型社会で生きていくにはそうする他なかったのだと思います。本能的にそうなってしまったのかも。定型社会は私にとって危険がいっぱいなところなのです(笑)


 ちょっとした事でも攻撃対象になりますし、ちょっとした事で群れから外されます。まるさんが動物的な例えをお書きになられていましたが、私なんか本当に"草食動物"の類だと思います。常に肉食動物に襲われないかビクビクして、周囲に気を遣い、危険を察知してはその場を離れるような(笑)かといって独りで生きて行けるほどの強さは無いし、でも群れの中にいればとりあえずは安全安心な部分もあります。センサーによる気疲れはその代償といったところなのかな?とにかく私は定型社会という群れに無理して必死で付いて回っているのです。毎日神経をすり減らして。


 草食動物は危険を察知するために、目は横に耳は大きく進化したというような話を聞きましたが、私が進化したら本当にキリンのような外見になるかもしれません(笑)


 以下、みるきさんのコメントへのお返事です。

>話が逸れますが、私はかなりズレている変わり者といわれることが多いのですが、不思議といじめられることがありません。

 
 私も実は不思議と?運良く?いじめられる事はなかったのですが、上記の危険察知センサーを働かせて回避出来ていたのかもしれません。あとは私の場合、いじめられないように変わり者を装うというのもひとつのテクニックでした。


>いじめようとか傷つけようとしてもとんちんかんな方向に飛び思った反応にならないのでだんだん気味が悪くなって、


 みるきさんがおっしゃるように、いじめの対象が思った反応にならないと、いじめてもつまらないから止めちゃうんですよね。だからあえて期待するであろう反応とは違う反応をすることで、いじめを回避出来てたんだと思います。あとは返答なんかもすごく大事で、面白い返答をする事を常に意識していました。「なんかコイツは面白いやつだな」なんて思われることで、これまたいじめを回避する事が出来ていた気がします。

 
>表情や声が与える印象という概念自体は存在しています(笑)ただ、あまりそれ自体の重要性が分からないというかそこに対して価値を見出せないという感じが近いです。大事なのは内容であり、本心でどう思っているかなので、そんな表面情報はどうでもいいとはいわなくてもそんなに気に留めていないといった感じかもしれません。
 

 この言葉にはとてもハッとされました。私の妻ももしかしたらそういう感じなのかもしれません。だとしたらこれまでの言動もすっごく納得出来ます。定型社会はわりとウソ(優しいウソも)が多い(私を含めあまり本心を言わない)ので、その真偽を確かめる術として、表面情報を利用していました。でもみるきさんのおっしゃるように、本当に大事なのは内容ですし本心ですよね。そこを表面情報に振り回されること無く、見極められるようになりたいです。ありがとうございます!


>定型の方はいつ自分の素に戻るのですか?そもそも戻らないのでしょうか?それともいつも素だからあえて戻る素などないのでしょうか?すごく不思議です。

 これは私の場合、いつだろう?寝ている時かな(笑)誰かと一緒にいる以上は、例え家族でも素に戻ることはありません。なので寝るのがとても好きです。現実逃避の一環なのかも?よく友達からも「キリンは授業中でもどこでもいつでも寝てたイメージしかない」といまだに言われます。


 あっ!そうそう。一人だけいました。AS&ADHDの友人といる時だけは、何故かすごく気が楽なんです。私が唯一気を使わなくてもいい人間。それがAS&ADHDの友人。彼といる時は限りなく素に近い自分でいると思います。自分でも何故か不思議なのですが、もしかしたら彼のアスペ的なところに"定型社会"にはない居心地の良さを感じていたのかもしれません。

みるきさん

光栄です!やっぱり愛着とか失礼ですよね笑 こちらこそぜひコメントでやりとりさせてください。
(それにしてもモテるとは羨ましい。^^;)

キリンさん
正直に話してくださってありがとうございます。むしろこういう場では(他のアスペのみなさんが見ていらっしゃる)大事なことだと思います。それぞれ現実社会にどう対応しているのか参考になることもありますし^ ^ (青臭いガキのセリフじゃないですねこれ)
処世術、わかります。私も親しい人の中ではバカな子で通っているので(それが素になりつつあります。怖い…)。
罪悪感、私はさほどそうでもないんですが、ある友達が精神を病むほど悩んでいるようなんです。ちなみにその友達は、幼い時に発達の診断を受けた事だけ聞かされましたが、おそらくAD…です。(アスペはなぜか妙に因縁深いですね。不思議) 時々キリンさんと同じような事を言っていました。向こうがどう思おうとこっちから見たら唯一気を張らずに話せる相手なので心配なんですよね。(妙に話がシンクロしていたので気になりました。

どんな処世術も自分を守るのには必要だと思っています。汚くないですよ?)
この友情での居心地の良さは、足りない点を許しあえるのが大きいですね。彼からしたら刺激がなくて退屈らしいですが笑 ^ ^あは辛い…

それにしても人の顔色って難しい。裏が見えてもどちらに反応すればいいのかわからないから、会話中でさえいつも直前の記憶を頭の中で再生してる。マーク模試を感で解いてるような状態ですな。


キリンさんへ。こんにちは。
お返事ありがとうございます。

     書いててほんとにイヤな奴だなと思いました(笑)打算的というか、疑り深いとい     うか、何と言うか、私が"汚い人間"と感じているのはこういうところなのかもし      れません。なんだか詐欺師みたい。。。 


とおっしゃっていますが、キリンさんの2回目のコメントを読んでも全くそうは思いませんでした(笑)別に汚くないと思います。というか、そう思えて、ここに書き込めるなら、どう考えても汚い人間じゃないですよ(笑)私の思う汚い人間とはそういうことではありません。私の価値基準の中ではキリンさんは汚くありません。生存本能?みたいな自己防衛反応とか危険回避能力とかは不可抗力の範囲ですし、それは自分をほめてあげてよいのではないかとも思いました(笑)

それとなんだか、大変な苦労と努力の中で、一生懸命頑張って生きてるんだなーと感じました。
キリンさんが定型さんなのかアスペさんなのか、どちらでもないのか、よく分かりませんが(笑)奥様とのこともうまくいくといいですね。簡単な道のりではないと思いますが陰ながら応援してます。こちらには同じ状況のぱんださんもいらっしゃるので心強いですね。では、これで失礼します。


     

キリンです。
おかげさまで、なんだか今すごく前向きな気持ちでいます。


■らんさんへ

>処世術、わかります。

 そっか私のコレは処世術のひとつだったのか。何だかそう思うとすごく気が楽になりました!ありがとうございます!

>私も親しい人の中ではバカな子で通っているので(それが素になりつつあります。怖い…)。

 "素になりつつある"っていうところ、よくわかります。いつの間にかそういうキャラに自分自身がなってしまうんです。(余談ですが、俳優の竹中直人さんも色んなキャラを演じすぎて、本来の自分のキャラがわからないって言ってました 笑)

>罪悪感、私はさほどそうでもないんですが、ある友達が精神を病むほど悩んでいるようなんです。

 お友達の事心配ですね。。らんさんのお察しの通り、私も一旦"陰"に向かうと、とことん向かっちゃうタイプです。でも、らんさんのような友達がいてくれるだけで、救われている部分がたくさんあります。(実際わたしも頂いたコメントに救われました)私なんかが言うのはおこがましいですが、どうか仲良くしてあげてくださいね。。

>この友情での居心地の良さは、足りない点を許しあえるのが大きいですね。

  "足りない点を許し合える"「なるほど~」と唸ってしまいました。私とAS&ADHDの友人との間にもそういうところがあるかもしれません。

>マーク模試を感で解いてるような状態ですな。

 わかりやすい例えですね! 私の場合、いちおう勉強して分かったつもりではあるものの、間違った知識が多かったりするので、答えをマークしたつもりが実は間違ってる 笑 どっかに参考書でも売ってないかなぁ。笑 らんさんコメントありがとうございました。


■みるきさんへ

>生存本能?みたいな自己防衛反応とか危険回避能力とかは不可抗力の範囲ですし、それは自分をほめてあげてよいのではないかとも思いました(笑)

 ありがとうございます。なんだかちょっとつきものが落ちたようなそんな感覚です。今回改めて考えて、初めて文字にしてみて、本来の自分に向き合うことが出来ました。良い機会を頂いた事に感謝しております。正直いろいろとすごく怖かったんですが、書き込んでみて良かったです。もうちょっと気楽に、正直に生きてみようかなって思いました 笑


 妻との事については、おかげさまで何と今度、夫婦カウンセリングに行く事になりました。「絶対行かない!」って言うと思っていましたが、言ってみるものですね(笑)カウンセリングに行くことで、どうなるかはまだ分かりませんが、一歩踏み出せたのは確かだと思います。

 別のコメントで、みるきさんも少しおやすみする旨読みました。このコメントをお読みになられているかは、分かりませんが、また戻ってこられた時にこのコメントに気付いてくれたらいいなぁ。と願いを込めて。


 私もみるきさんに救われた人間(定型かは分かりませんが 笑)の一人ですよ。日本のどこかに間違いなく存在してます。温かいコメントの数々ありがとうございました。私もこれからこの"感謝"を身近な誰かに返していきたいと思います。ではでは私もこの辺で一旦失礼します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/64166293

この記事へのトラックバック一覧です: 宝の山と正しい答え:

« バランス | トップページ | バランスと八つ当たり »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ