2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月27日 (日)

ガイドライン補足

 ときどき繰り返される差別的な書き込み対策としてガイドラインに以下を補足しました。


==================================
5.他者の権利を否定するような書き込みをしない


 全ての人が認められている権利について,あたかもご自分が裁判官にでもなったような形で否定する書き込みがたまにあります。全ての人が持っている権利について,それを何らかの理由で制限する権利は,合法的な手続きを経ない限りは誰にもありません。そのような手続きを経ずに暴力的に(言葉の暴力を含む)人の権利を否定するということは,法治国家ではなく,リンチ(私的制裁)の社会になります。このブログは法治社会としての常識を守ることが前提となっていますので,それに反する見解を宣伝するような投稿はそのまま削除されます。
==================================
 これまで差別的な書き込みについては「人を傷つけない」などの観点から工夫を考えてきましたが,それ以前に今の社会が基本として共有している「人としての権利を勝手に奪わない」というシンプルな基準をはっきりさせることが必要と考えました。個人としてどのような見解を持とうとその人の自由ですが,「人の権利を奪う権利」を自分が持っているような発言や行動は認められない,という単純な話です。

 法治社会では,そういう人が持っている権利を「国が」制限する場合には(たとえば生きる権利を奪う死刑とか,一般の人が持っている財産への権利を制限する禁治産者の指定とか),厳しい基準を設けてそのような権力が乱用されないような工夫を積み重ねています。その工夫は私たちひとりひとりが生きる上でも大事なことですし,ネット上のやりとりでも当然尊重されるべきと思います。

 以後,「○○には××の権利(ほか資格など)はない」といったたぐいの書き込みについては,発見次第そのまま断り抜きに削除しますので,よろしくお願いします。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ