2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 距離感の問題 | トップページ | 定型アスぺ押しつけの仕組み »

2015年4月15日 (水)

中間的な状態の意味のズレ

 昨日の記事「距離感の問題」についてはアスぺサイドからコアラさんがご自分の気持ちに整理される部分があると教えて下さり,また定型サイドからはあすなろさんがまたすごく具体的にリアルにご自身の体験をその視点から解説してくださいました。ちょっと感動。で,そこで考えたことを,もう少し別の言い方で考えてみたくなりました。(結局同じじゃん!ということになるかも (^ ^;)ゞ ) 

 昨日の話をまとめると,定型とアスぺの関係の取り方を比べると,こんな違いがあるように思えます。

 定型は他人と自分(身内・家族),疎遠な人と親しい人,敵と味方の関係の中間のような状態をよく作る。その中間の状態はそこから身内のような親しい味方同士の関係に行くこともあるし,逆に他人のようなよそよそしい関係や,場合によっては敵同士の関係に行くこともある。また他人から中間の状態を経て親しい関係に行くこともあるし,逆に身内から中間の状態を経て他人のようになってしまうこともある。

 つまり定型は,他人の関係と身内の関係の間を調整する場として,中間的な状態を繰り返し作るんだと思うのです。その部分をこれまで「クッション」というような表現でも表してきました。

 それで,身内同士でも当然問題は起こりますから,そうなったときにはちょっと身を引いて,中間的な状態に戻り,そこで改めて関係を調整しなおして再び身内同士の近い関係を作りなおそうとする。ということをしょっちゅうやっているような気がします。

 中間的な状態というのは,そういう関係調整のために作られている場ですから,相手と関係をすり合わせるために,自分の態度をゆるく持って「どちらの方向にも行ける」状態にしようとするのが自然な成り行きになります。定型の中で対人関係の能力が優れていると思われる人は,多分この緩やかな状態をかなり広く取れる人で,その分いろんな事態に対処できる可能性が広がりますし,問題が起こった時の回復力も強くなるのでしょう。「あの人は度量が大きい」とか言われるのは,このタイプのひとなのかもしれません。

 ところがその中間的な状態は,ある意味ではどっちつかずのあいまいな状態で,お互いの気持ちを探り合ってバランスを考えるための場ですし,そこは中途半端なはっきりしない状態とも言えますから,アスぺの方にはとても居心地が悪い状態になるのではないかと思うのです。

 しばしば聞かれるアスぺの方の人間観は,私は私,あなたはあなたで,私の意見は私個人の意見,あなたの意見はあなた個人の意見で,最初からそれは全く別々のものなのだ,という,とてもはっきりした固い線引きに基づいているように感じます。だから,定型が中間的な状態の中で,「私の意見はあなたの意見を考えながら決まっていく」という態度をとることが,非常にわかりにくく,そんなのは本音を隠したごまかしだ,建前の嘘の世界だと思えるのではないでしょうか。

 けれども,ここは今度は定型の側が分りにくいポイントになるかもしれませんが,「私は私,あなたはあなた」とはっきり区切ろうとするアスぺの方にも,その区別を感じないような親しい関係は存在するわけです。それがたとえば「家族」というような言葉で表現される関係になるのではないかと思います。

 そして,アスぺの方にとってはその「家族」のような関係というのは,一種運命的なもので,定型的に調整しながらでないと危機に瀕する,という感覚が少ないのではないでしょうか。それをしなければならないのは「他人」の関係だと思われるのだと思います。

 だから,アスぺの方が結婚すると,それまで「他人」という立場で「恋人関係」にあったときには一生懸命プレゼントをしたり,相手の喜ぶようなことを努力したりしていたのに,結婚して「家族」になった途端に,そういう努力をする意味を感じなくなって,あまりしなくなる,という「釣った魚に餌をやらない」と定型が感じるようなことも起きやすくなるのだと思えます。そういう「他人行儀」な努力をしなくてもいいのが家族と思われるからです。

 つまり,身内と他人と定型的な中間状態の関係が,定型とアスぺでこんなことになっているのではないでしょうか。

 定型の場合

   <身内   中間状態の調整>
            <中間状態の調整   他人>

 アスぺの場合

   <身内>    <調整が必要な関係=他人>


 繰り返しになりますが,定型の場合は身内同士の関係でも,うまくいかなければ中間状態にいつでも戻って再度調整をしようとする(それでだめなら他人になる)。で,中間状態はまだ身内の中に入ります。あるいは身内であることの一部分になる。

 ところがアスぺの方の場合は調整が必要な関係はもう他人の関係で,ですから中間状態は身内に含まれず,中間状態で調整しようとする姿勢は,もう他人になったことを意味してしまう。

 もちろんアスぺの方にとっても身内の関係の中でいろいろなトラブルは起こるし,そうなったときのなんらかの対処の仕方も模索されているのだとは思います。それがどういうものなのかはまだ私にはよく分りませんが,きっとあるように思います。

 でも上のような定型アスぺのズレがあるとすれば,お互いの調整の努力には大きなズレが生まれてしまうことになり,中間状態を大事と考えている定型からすれば,アスぺの方の努力の仕方は距離感ゼロのすごく強制的なやり方に感じられてしまうし,逆にアスぺの方からすれば,定型的な調整の努力は「他人になること」と同じような意味を持ってしまいがちになる。

 「家族だからこそ,身内だからこそこういう努力をしよう」と考える時の,その努力の中身,方向性に相当大きなズレがあって,ぜんぜんかみ合わないことが起こる。「一緒に努力しよう」という思いは仮に共有されても,具体的にどうするかでまるで対立してしまい,自分のやりかたは「努力」や「家族であること」を否定することになってしまう。そんな悲劇が生じやすい仕組みが,こんな形で成り立っていると考えると,私にはちょっと事態の意味が見えやすくなるように思いました。

 
 
 

« 距離感の問題 | トップページ | 定型アスぺ押しつけの仕組み »

コメント

>「私は私,あなたはあなた」とはっきり区切ろうとするアスぺの方にも,その区別を感じないような親しい関係は存在するわけです。

私の場合ですが、親しい間柄でもそこははっきり区別していて、「私は私、あなたはあなた」が口癖であったり、都合によってそのセリフを吐いたりしています。でも、実際とる自分の行動は、相手からするととても区別しているようには思えないものなのかもしれません。なので、「私は私、あなたはあなた」がどういう意味であるのか、自分自身正しく理解できていなかったりするのかな?と思いました。

>定型からすれば,アスぺの方の努力の仕方は距離感ゼロのすごく強制的なやり方に感じられてしまう

このように定型側が感じてしまう場面での自分の気持ちを分析してみたのですが…
「すごく合理的なやり方」や「効率の良い方法」(自分なりの)などは、他人にはあまり教えたくないし教える必要もなく、それを親しいからこそ教えたい(気持ち的には伝授したいというくらい大事なこと)と思い行動に起こします。その時、自分の状態が良ければ言い方も柔らかくなると思うのですが、「なんでこんな簡単な事もわからないんだ!」という気持ちが含まれていたりすると無意識に口調が荒くなりがちです。そんな自分に相手が反応した時や、「教えたい」という気持ちを拒まれた時にパニックが起こるというか。。。
「違い」として認識できてないので、相手の反応がとても不愉快で理解できないものになります。相手に絶望することもあります。
アスペ側の「大切な相手だからこそ伝授するスペシャルなもの」を、
「距離感ゼロのすごく強制的なやり方」と定型側に拒まれる。
どっちが正しいとかでなく、感覚の違いによる「ズレ」が、こんな悲劇を生むなんて…

>アスぺの方にとっても身内の関係の中でいろいろなトラブルは起こるし,そうなったときのなんらかの対処の仕方も模索されているのだとは思います。それがどういうものなのかはまだ私にはよく分りませんが,きっとあるように思います。

あります。これも私の場合ですが、トラブルが起こったりしたらその都度考えたり悩んだりします。ただ、その「答え」が見つかるまでにものすごく時間がかかるし、「答え」が見つかる前に諦めたりする事も多いです。私の中での「答え」とは「気づき」であり、悟りのような感覚です。「答え」は、日頃の生活(人付き合い・読書・映画鑑賞etc)の中から生まれるものなので、数ヶ月や数年経ってやっと見つかる場合もあるし、ずっと見つからないこともあります。いつ見つかるかは自分でもわかりません。
何につけても「自分が納得する状態」にまで持っていかねばならないので、時間がかかるのでしょう。我ながら面倒臭い思考回路だと思います(^^;)
定型側はその「答え」をいとも簡単に見つけて、それを試したり行動したりしているように見えます。ここでもまた定型アスペ間の「答え」というものの捉え方の違いがあるのかもしれませんね。

↑ここまで書いて思ったのですが、何かに気づいたり「答え」にたどり着くまでに、定型アスペの思考回路の違いから「時間差」が生じるように思います。(定型アスペ間に限ったことではありませんが)
その「時間差」は、長いものになると数年とか数十年もの差になるかもしれません。
この「時間差」というものを互いに認識できていれば、アスペ側は無駄に自己肯定感を下げなくて済むかもしれないし、定型側は「長い目で見る」ことができるかもしれません。←
ここにいらっしゃる定型側の方が普段どれだけ我慢して、長い目で見て対処しているかは十分承知しておりますので、誤解がありませんようにm( )m


コアラさん

>「すごく合理的なやり方」や「効率の良い方法」(自分なりの)

コアラさんにとって、このとっておきの方法は、万人に有効だと信じているということでしょうか?

おそらく、我が家に起こるトラブルは、夫の考える『合理的な方法』というのが、他の人にとってはあまり意味を成さないときに、行き違いが生まれるのだと思います。

その方法が果たして相手にも有効か?という疑いとか、相手が拒否した時、それは違ったのかもしれないという発想は、あまりないのでしょうか?

苦労を重ねて編み出された方法になればなるほど、『絶対』という自信が生まれるのかもしれませんが。

私は夫に対して、「嫌だ」とか、「それは私にはできないよ」と伝えた時、素直に受け入れてほしいと感じてきたのですが、コアラさんのおっしゃる『拒否されたことに対する怒り』のようなものが先に立っている場合、理解が難しいのかなと感じました。

あすなろさん

>コアラさんにとって、このとっておきの方法は、万人に有効だと信じているということでしょうか?
>その方法が果たして相手にも有効か?という疑いとか、相手が拒否した時、それは違ったのかもしれないという発想は、あまりないのでしょうか?

つい最近になって、「万人に有効ではないのかな?」と疑えるようになってきたのですが、
これまでは何の疑いもなく、「万人に有効だ!」と確信していました。というのも、何をするにしても普段から合理的な方法を自分なりに編み出していて、全てとはいいませんが結果的に他の方より作業効率が良かったり、ミスを防げたり、悩まなくてすんだり、良いものを作り上げることができたりしていたからです。(←と思い込んでいたからです)
その自分が信じているやり方というのは「研究結果」みたいなものなので、ごく親しい人にしか教えません。(仕事先でそこ限定の「自分のやり方」を見つけた場合、自分が上司だった場合には他人である部下にも教えることがありました。今は迷惑がられていたのだと気づけます。)
なので、(いかにも性格が悪い感じでお恥ずかしいのですが)その時の正直な気持ちは「人がわざわざ特別なものを伝授してやろうと思ってんのに、それを拒むなんて信じられない!なんでこの良さが理解できないのか!」といった感じで、その後に「自分を受け入れてもらえなかった」と落ち込みます。「やり方」を受け入れてもらえなかったとは思わず、自分を丸ごと否定されたような気分になります。

具体的な例だと、家族みんなでピクニックに行ったとします。
そこで私が「行き方」「ござの敷き方」「弁当のこと」「行ってやる事」「写真の撮り方」など、家族にいろいろ口を出すとします。どれも確かに合理的なやり方ではあるのだけど…
それを家族に強要しているうちに場の雰囲気が悪くなり、楽しいはずのピクニックが台無しになってしまう。。。
「合理的なやり方を教えたいだけなのに…」「何一つ間違った事は言ってないのに…」と
いう気分で、自分が場の雰囲気を悪くしたとは思っていません。「自分のやり方」がそこでは通用しない(場にふさわしくない)と気づいていないので、失敗に終わってしまった状況が理解できずパニックになり、不快で悲しい気持ちだけが残ります。

私は、自分がアスペ側であるということを自覚するようになってから、違った角度で物事を考えたり自己分析ができるようになりました。行動の修正はまだまだです(^^;)
なので、父なんかがそうですがアスペ側であるという「自覚」ができていない人は、未だに定型側との「ズレ」に苦しんでいると思います。その周りはもっと苦しいんですがね(笑)

>コアラさん

やはり、そうだったのか!
という感激(?)というか、納得というか…。
分かりやすく説明してくださって、ありがとうございます!
ピクニックの例などは、まさにその通り。我が家で旅行に行くと、夫が不機嫌になって、家族が震えながら付いていくという恐怖の行事になってしまいます。
アスペ定型の家族、夫婦は、旅行でトラブルが起きる場合と、逆に旅行は穏やかに過ごせる場合と、両極端だというようなことも聞いたことがあるのですが、それは、旅行に対して気合いが入り過ぎるか否かなのかも?と思えました。

それで思い出したのですが、アスペの息子が小学生の時、算数の計算を独特の方法で解いていたことがありました。学校で教わるやり方ではなく、私からはそんな面倒なことしなくても?と思うような複雑な方法だったのですが、理屈は合っているのです。
その時、アスペの子は、自分なりの変わったやり方で計算することがあると聞きました。
私は、学校のやり方を丸覚えせず、独自の方法を編み出した知恵と、その煩雑な方法で解ける能力に感心したんですが、もしかしたら、アスペの人はそういう独自の方法を編み出す能力に長けているのかもしれませんね。
一方で、多くの定型の子は、教わった通りのやり方でしかできない、あるいは面倒なので言われた通りにしていることが多いと思います。
アスペの人の考えるスペシャルな方法というのは、本当にスペシャルであって、真似のできる人はなかなかいない、ということも考えられますね。

あすなろさん

はい(^^)私も小さい頃から全てにおいて「オリジナルなやり方」を編み出しています。人から教えられた方法を素直に受け入れる事ができません。というか、「こうやった方が合理的ではないか?」とすぐ別の案が浮かんでしまうので、それに従っているだけなのですが…。でも最初の実験段階では、あまり効率の悪さに途中で気づくこともあり、そんな時は自分でもおかしくなります(笑)←あまりにも馬鹿げたやり方だったりするので。
そして試行錯誤を重ね、オリジナルの「やり方」や「考え方」が確立していきます。確立したものが後に書き換えられることもありますが、それもやはり、自分で書き換えが必要だと感じた場合に自分でまた新しい「やり方」を編み出していく、という流れかなぁ。

>旅行に対して気合いが入り過ぎる

はい。なにか「力を合わせて一緒にやる」って時に、いつもトラブルが起きていたような気がします。普段はそれぞれで自由に動いているのに、お出掛けや旅行等では「協力」が必要で、頑張れば頑張るほど「空回り」していたのだと思います。

初めまして
アスペは残酷な障害だと思います
心を傷つける事は
相手の命を削るのと同じ事です
傷つけられた方は無防備です
想像できないところから、ナイフが飛んでくるのだから
無防備だから、傷も深い
傷つけた方は自覚がない
理解もできないし、する気もない

早く治療法が見つかって欲しい
こんな残酷な事に耐えられる人間は少ない

アスペの人、ごめんなさい

豆すけさん

定型に傷付けられたアスペの心の叫びかと思いましたが、違いましたか?

(はい、わかってて書いてみました。どっちからも同じ事が言えるという事実をわかりやすく表現したくなりまして)

豆すけさん

 今はとうていその心の余裕はないのだろうと察しますが,
 いつの日にか,Katzさんの言葉を素直に受け入れられる日が来ることを
 豆すけさんのために願っています。

アスペも傷ついてるから、お互い様?
普通の人みたいな顔で近づいてこないで
当然みたいに理解を求めないで

こんな事なら関わりたくなかった
アスペなんて知らずに生きていたかった

自分の気持ちも相手の気持ちも分からないのに
傷つくなんて分からないのに
お互い様なんて言わないで

早く治療法が見つかって欲しい

豆すけさん

本当にいっぱいいっぱいのように感じますが、大丈夫ですか?

一度どこかで思い切り、辛い思いを吐き出された方が良いのかも。

まずはご自分を大切にできますように。

豆すけさん

初めまして。アスペよりの私から言うのもなんですが、すごくお気持ちがわかります!

>こんな事なら関わりたくなかった
アスペなんて知らずに生きていたかった

私は、アスペの事は10年程前から知っていましたが、正しく理解していませんでした。
父や親戚や友人等、重度のアスペと思われる人達に長年振り回され、苦しめられてきました。彼らを理解するつもりなんてのはさらさらなく、憎しみしかありませんでした。「なんて罪な障害だ!」と思い、軽蔑の目で見ていました。自分が死んでも決して許さず、呪ってやろうと思っていました。
そんな私が、数年前からアスペについて真剣に向き合うようになったのは、まず自分の感覚に思い当たる節があったことです。本などで勉強してみると、それまで抱いていたアスペのイメージとは全く違いました。まるで自分の説明書のような内容に驚き、その時初めて「自分の感覚は障害なのか?」と思うようになりました。また、そんな中、私より重度と思われるアスペ彼との出会いが、「アスペについて理解を深めたい」という思いに拍車をかけました。そして今に至ります。
まだわからない事だらけですが、アスペから逃げずに真剣に向き合うと決めてから、私の中で大きく変化した事があります。それは、定型アスペの双方の「違い」に気づけた事です。「違い」に気づけた事で、元々自分が持っていた「生きづらさ」の意味もわかったし、一番大きかった収穫は、自分より重度の人に対して「憎しみの感情」しか持てなかったのが、完全にとは言いませんが、ほぼなくなった事です。あえて積極的にかかわるつもりはないですが、その人たちの事で悩んだり、苦しめられて寝込んだりすることが少なくなりました。結果的に、自分がすごく楽になりました。
私もアスペ側である以上、多少なりとも今も周りに迷惑をかけてしまうことがあると思いますし、これからも勉強を続けながら、少しずつ改善していこうと思っております。

定型アスペの「ズレ」から生まれる悲劇を防ぐには、まず双方の「歩み寄り」が必要です。
でも、アスペ側から「歩み寄り」がない場合や、それが遅い場合もあります。(←今は自分がただ生きることに必死で、とても余裕がない状態)
だからといってそのままでは、定型の側が振り回されてボロボロになってしまいます。そこで、まずはその「苦しい気持ち」を、少しでも速く楽にすることが大事ではないかと思います。その方法が、私の場合は「アスペについてとことん勉強する」ことでした。
身近にアスペの方がいらして、しばらく距離をおくことが可能であるなら、ひとまず距離を置いた方が良いと思います。でも、世の中には様々な個性の方がいっぱいいらっしゃるので、またいづれは向き合わないといけない時が来ると思います。なので、今のうちに理解を深めていた方が後々役立つと思うし、なんせ自分の気持ちが楽になります(^^)

無理にとは言いませんが、豆すけさんの苦しみやお気持ちがわかるだけに、お節介ながら個人的なアドバイスをさせていただきましたm( )m

こちらには定型者に傷つけられたアスペもたくさん見てるでしょう

パンダさんの奥さんだって定型者からの容赦ない攻撃で傷つきながらも憎しみはもたれてないですよ

定型者にバカにされ続け、それでも定型者に必死で歩み寄ろうとして二次障害になったアスペは多いんですよ

あなたこそ人の気持ちを分からない人でしょう

人の気持ちがわからないあなたがアスペはおろか定型者に対しても関わらないようにしてください

あなたがいるだけで様々な人が傷つくでしょう

アスペも傷ついてるから、お互い様? 普通の人みたいな顔で近づいてこないで 当然みたいに理解を求めないで

こんな事なら関わりたくなかった アスペなんて知らずに生きていたかった

自分の気持ちも相手の気持ちも分からないのに傷つくなんて分からないのに お互い様なんて言わないで

早く治療法が見つかって欲しい

そっくりそのままあなたにお返ししますね

病院に行って相手が傷つくことも分からない豆すけさんにあった治療法が見つかると良いですね

それでも全面的な被害者ぶりたいのであればにちゃんねるにあなたにピッタリなスレがあるのでそちらに書き込みをどうぞ


みなさん、ごめんなさい

交際していた男性がアスペでした
最初は普通だったのに、どんどん理解できない
事が増えていきました
一つ一つは些細な事なだから、何とか
理解しようとしてきました
けど、無理でした
彼はある日突然暴走しました

アスペにつけられた傷は、普通の傷じゃない
得体の知れない物でつけられた傷は
どうやったら治るんだろう

ここの人達に恨みはありません
自分達が相手につけた傷は普通と違う事を
覚えておいて欲しい
とんでもない刃物を振り回している事を
覚えておいて欲しい

匿名の方へ

全面的な被害者ぶるなと言われますが
私にも反省するところがあったんでしょうか
アスペを見抜けなかった事でしょうか
理解が足りなかった事でしょうか

アスペは障害で本人には責任がないから
責めるのはおかしいのですか
傷つけられた気持ちはどこへ行くのでしょう
どうしたらいいんでしょう

交際していた男性に対してこういうことで傷ついたとの話ならともかく、あなたは

アスペは感情がない。

アスペは人の気持ちが分からない。

アスペを一括りにして悪者扱いしてる書き込みです。

ここには定型者から傷つけられたアスペだっているわけです。

あなたの書き方はそういったアスペを傷つけてるんですよ。

きずついたとかむかついた話は交際していた男性に関する話だけにして下さい。

匿名さん
あなたと言い争うつもりはありません
アスペ全員を否定してもいません
勝手に決めつけないでください

あなたの書き込みを見て
私はアスペと関わらずに生きていこうと
思いを強くしました
あなたたちが求める理解は、
凄まじい忍耐を
要求している事を理解してください

元彼は元彼
他のアスペと一緒にするな
そんなにはっきり割り切れないのが
普通の人間なんですよ

荒らしてごめんなさいね
ただ、アスペを巡る困難は凄まじくて
アスペの人が思う以上に
相手につける傷は深いんです
そうでない人もいると思いますが
そういう人もいるんですよ

自分はアスペを攻撃するつもりはないと言いながら、アスペに偏見を持つ理由や一括りにできる感情を正当化する書き込み。

自分は聖者でアスペは悪いと一括りにする術はすごいですね。

きずついたアスペの側の気持ちはお構いなしですか。

人の気持ちが分からないのはあなたの方ですよ!!

あなたはアスペだけではなく、定型者の方とも関わらないであげてください。

他の方々申し訳ありません。

それとあなたのような人がいるからアスペの方があなた以上に忍耐や無理強いを求められて二次障害で苦しんでる人がいることを忘れないで下さいね!!!

匿名さん
早く治療法が見つかる事をねがっています

さようなら

人の傷や苦労をねぎらえないあなたへの治療法が見つかることを願っています

匿名の方はただアスペを一括りにした言い方をやめてほしいといってるだけですよね。
なのに豆すけさんは逆ギレしてさらに傷つけるような発言をしていますね。
匿名さんも売り言葉に買い言葉ですが、豆すけさんこそ人の気持ちを考えられない非情さを感じました。
自分さえよければ違う人の立場は平気で傷つける。豆すけさんこそ傷つけているアスペの側と一緒ですよね。

アスペが受けた傷は普通とは違うって何?
アスペが健常者から受けた傷はアスペの何億倍も陰湿で深いものだけど?
豆すけのようにそれはそれはものすごく冷酷なものだよね。
豆すけって何様?ずいぶん上から目線だよね。

きっと豆すけさんは, アスペの彼との間でおこったトラブルといいますか
ショックな出来事が起こったばかりで混乱されている部分もあると思うのです。
すこし時間をかけないと心の傷はなかなか癒えるものではないのかもしれません。

そういった中での発言だったように思えます。

当事者でないとわからない苦しみってあると思います。

どのようなことで豆すけさんが 傷ついてらっしゃるのか 何がおこったのかは
わかりませんが、豆すけさんのどうしようもない気持ちよくわかりますよ。

アスペ彼さんからすれば彼なりの理由で何かしら 豆すけさんに対してとった
行動は正しいのかもしれません。

しかし 豆すけさんからすると 到底理解できない 理不尽すぎるものだったのかもしれないですしね。 きっと 理解したいと思ってきた分 その反動で 傷つく気持ちも
大きかったのかもしれません。   わかる気がします。豆すけさん。

確かに 豆すけさんの文章には 問題があるなと思える部分もありますが
やはり どうしても 私には それだけ衝撃が大きく 事がおこったばかりで
どうしてよいかわからなくて・・・ 色々な感情がいりまざっているとしか思えません。

このブログを読んでいるすべての方が 豆すけさんを責める気持ちにはならないと
思います。 いろいろな見えない事情があることはわかります。

どうぞ 一日も早く 豆すけさんの心が 平穏になりますように・・・


いくら傷ついたからと言って何言っても許されません。

それだったら私が定型者が全てに対して非難したら物凄いお叱りを受けるでしょうね。

私だって定型者全てを憎まないように頭の中できり分けするように心がけてます。でも彼女はアスペを一括りにしてアスペを悪者にし、傷つけた。

それともアスペの発言は許されないけど気が動転しての発言であれば定型者はアスペを一括りにして非難しても良いとのことでしょうか?

アスペだって人間です。無神経な人もいますが、純粋で良い人もいます。

純粋なアスペまでもが豆すけさんのような定型者に傷つけられてきましたから豆すけさんのような人の発言がどんなものでも許されるとは思いません。

定型者の言い分や受けた傷が全てではありません。アスペだって豆すけさんのような人から受けた傷は大きいですよ。

かなり荒れてますが、↑の方が言ってることもわかるような気がします。
まあ私も最初は攻撃的だととられる発言をしていまいましたが…。

私たちだって好きで発達障害に生まれたわけじゃなく、ましてや私達は豆すけさんという人に関わっていたわけでもないですからね。

豆すけさんという人は何があったかはわかりませんが、ここでは発達障害の人との関わりで悩んでる人もいると思いますが、掲示板という場所での発言は考えてされてるように思います。
↑の匿名の人も言い過ぎな部分はありますが、豆すけさんという人ももっと考えて発言するべきだとの言い分もわかります。

 豆すけさんが 言いすぎている部分もかなりあると思います。
表現が、それはないでしょう・・・と 思ってしまう部分も確かにあります。

しかし、そうなるには きっと 計り知れない背景もあるかもしれない・・と 思いませんか?
ここまでの発言をするには、それだけの衝撃があったのかもしれないと思えてならなかったのです。 すみませんでした。

B-bさん
>計り知れない背景もあるかもしれない・・と 思いませんか?
それをわかった上で言っています。
しかしそれを言うなら発達障害側も同じです。

相手側の立場も考えず、荒れる元になる発言はするものではないでしょう。

当事者じゃないと分からない苦しみですか。

豆すけさんのような発言になるまでの経緯ですか。

だから何なの?

それならみんなそれまでの苦しみや経緯はありますよ。

豆すけさんの発言を正当化するような発言はされたくないですね!!

一応 B-bさん、最後にすみませんって あやまってませんか?

それに、豆すけさんの発言に、問題あるって幾度か書いてらっしゃいますし、表現はいかがなものかと思うとも認めてませんか?

もう このあたりでよしとしたらいかがですか。

豆すけさんの優しさに欠けた発言が問題だとも仰ってますが、豆すけさんの発言は彼女の背景を考えると仕方ない部分もあると正当化してるところもあります。

アスペにも人権はあります。定型者側の事情だけで中傷する権利はありません。

B-bさん
気持ちに寄り添ってくださって、
嬉しかったです
救われる思いがしました。
涙が出ました

フォローしてくださった方たち
ありがとうございました

こちらは定型とアスペの歩み寄りと言いますが、中身は定型者優先の掲示板なんですね。

アスペ一括りの書き込みには庇う。

しかしアスペ側の反論には非難する。

形としては豆すけさんの言い方は酷いと形は言いますが、実際にはアスペ側からの反論への非難ですよね。
定型者の巧妙な手段ですね。

豆すけさんは救われたかもしれませんが、豆すけさんの書き込みで心が折れたという方もいるんですよ。

豆すけさんからの謝罪はなし。

大嫌いなアスペが傷ついてざまあ見ろと思ってるんでしょうね。

でも豆すけさんが色んな人を傷つけ、追いつめた事実は忘れないで下さいね。

パンダさんも定型者側には寄り添ったコメントはあってもアスペ側への中傷には何も止めようとしないんですね。

定型者のための掲示板だったら最初からそう書いて下さい。

定型者とアスペの共存なんてうたってるから騙されましたよ。

豆すけさんへでコメントした者です さん

 そういうふうに見える方もあるんだなあと,とても残念です。

 逆に定型という方からは「気持ち悪いくらいアスぺにすり寄っている」
 という非難をされることもありますし,
 ほんとにむつかしいですね。

お気持ちは分かりますが、絡むのはやめた方が良いですよ。人の気持ちがわからない豆助さんがそれこそ障害者なんだと思います。

頭も心も残念な方にはむしろ大人の対応をしましょう。

パンダさん

アスペ一括りの非難は注意もせずに放置するのでしょうか?

こちらにはアスペも見てるわけです。

共存をうたうのてあればまずは放置せずに注意してください。

かなさん

あなたの方がアスペじゃないの?と思う人が多いですね。

こちらでも。 

残念です。

豆すけさんのような人がいくらアスペ攻撃をしても庇ってくれる人や共感して救われたりする。
豆すけさんはアスペ攻撃をして人を潰すことで生き返った。豆すけさんだけでなくてもそんな人はたくさんいます。
しかしアスペ攻撃を受けて潰れた人を助けてくれる人はあらわれないんです。パンダさんも関わりたくないからスルーするんです。
ここの閲覧者も含めてアスペは宇宙人としか思われてないからです。
だからここの掲示板は含めてアスペ攻撃されても助けてくれる人はいませんよ。
いくらアスペが叫んでも負け犬がしつこくほえてるくらいにしか取られません。
かなさんの言うように彼女達は人格障害だと思ってこちらから関わらないくらいの気持ちでいきましょう。

まめすけさんへ

あなたは被害者でアスペは加害者で悪だと言っていますが、差別主義者のあなたや定型が悪で加害者、アスペはむしろ被害者です。

そしてこちらで罪のないアスペの方を攻撃して傷つけた。現実でも同じことをやっているのでしょう。

でもねそういう人って自分の中で基準や偏見をかってに作っているんです。そしてそれに満たないアスペを差別し、こうげきしているんです。

アスペがあなたに不愉快な思いをさせたんじゃない。あなたの方からあなたが一方的にアスペを攻撃してきたからあすぺからの反撃にあっただけです。
全てあなたに原因があるんですよ。

定型者というのはあなたもふくめて自分は被害者、自分は何もわるくないと勘違いしています。差別主義の冷酷な人ほどそう考えるんです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/59649397

この記事へのトラックバック一覧です: 中間的な状態の意味のズレ:

« 距離感の問題 | トップページ | 定型アスぺ押しつけの仕組み »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ