2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 不思議なこと | トップページ | またブログの役割について »

2015年2月26日 (木)

100万を超えた閲覧ページ数

 このブログを訪れて皆さんがお読みくださったページ数がとうとうのべ100万ページを超えました。掲示板のほうにもそのほかにそれなりの方がいらしてくださっていると思うので,その数はさらに増えることになるでしょう。

 数がどうこうという話ではないと思いますけれど,それでも600を超えた記事の中から,仮におひとりが熱心に100ページの記事をお読みくださったとしても,1万人もの方がそうしてくださったということになるわけですから,さすがにその重みは感じざるを得ません。それだけ真剣に何かを求めていらっしゃる方が多いということかなと思います。最近は毎日とぎれることなく280人前後の方が訪れてくださっています。

 ココログからは,どうやって推定するのかは謎ですが,ブログの管理人には訪れてくださった方の人数だけでなく,性別や年代等の比率まで,推定して表示される仕組みになっています。どこまで正確なのかは分りませんが,大雑把な傾向として見ても,若い方が多いことに驚かされます。20代までで過半数になり,30代を加えると8割を超えるのです。また女性の方が多いようですが,男性の比率も4割以上になります。

 20代と言えば,まだ結婚される前か,結婚して間もない頃でしょうか。私のその頃を思い起こせば,まるでアスぺのアの字も思いつかない,比較的幸せな時期でした。そんな時期から,こういう重たい問題に深刻に悩まれている方が多いということでしょうか。あるいはご自身がアスぺとして苦しんでこられた若い方もそれなりにいらっしゃるのかもしれません。

 最近はありがたいことにAS-PさんやKatzさんといった,男性の方からのコメントもまた復活してきていますけれど,一時は頂くコメントの大部分が女性からのものになっていました。それでこういう問題に悩んでネットをご覧になる方は,やはり主婦などの女性が多いのだろうかと思いましたが,しかし提供されるデータでは,一貫して半数近くが男性でした。男性の方の方が発言はされずに読んでいかれる方の割合が多いということでしょう。

 さすがに定型とアスぺの方の割合までは出てきません(笑 当たり前!)。ただ,コメントを下さる方については,最近はアスぺの方と定型の方と,割合バランスがいいかもしれません。一時はアスぺの方ばかり,あるいは定型の方ばかり,という偏り方が繰り返されたりもしていましたが,そこは今は両者のやりとりがかなり進んできたからでしょう。嬉しいことです。

 このブログの記事やコメントなどがひとつのきっかけとなって,カップルの関係に変化が訪れた,ということをコメントしてくださる方もときどきいらっしゃるようになってきましたが,こんな風に集まるみなさんの気持ちから,さらに何かが生み出されていくといいですよね。

 



 

« 不思議なこと | トップページ | またブログの役割について »

コメント

おめでとうございます…なのか、お疲れさまです…なのか、どちらが適切かわかりませんが。

新参者で、過去記事もほんの少ししか遡れていない私が、途中からあれやこれやと口を挟んで、お恥ずかしい限りです。

そこで、いちばん最初のほうの記事を拝見しました。
初めから、真摯に分析されて書かれていて、ここを始められた頃から前向きに考えようと努力されていたんだなと、思いました。
その頃の私は混乱真っ只中、パートナーに対する恨みつらみもマックスでしたね(笑)

そのパンダさんでさえ、分からないことが多いとおっしゃるのですから、このテーマは本当に難しいんだなと改めて思いました。

でも、発達障害はこう。こうすればいい、と、全て解決できるような錯覚に陥りやすい専門的サイトよりも、ずっと現実的で身近に感じ、助けられることが多いです。

ご無理はなさらないように、これからも細く長く続けていってください。

「家庭は憩いの場である」 の思い違い?ズレ?の摺合せがこんなに大変なことになるとは思いもしませんでしたよ。人生の目標になるほどです。(笑)

「結婚生活は修行のようなもの」ってあちらこちらで聞きますしね~

昨夜テレビに野波さん出演されて良いことお話されていて、一般的知識として浸透しつつあるのでしょう。
そして100万人突破半端なく貢献されていると思います。

本当にお疲れ様です。
そして有難うございます。

100万突破おめでとうございます!!

いつも本当にこのブログに助けられています。
私は恋をしたら相手を苦しめるからダメだと思っていましたが、パンダさんのように歩み寄ってくれる方と出会いたいな、と最近は思っています。そんな前向きな気持ちになれて、それに向かって前向きな努力もできて、今とても充実しています。
メンヘラ気味な私がこう思うきっかけをくださったことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもよろしくお願いいたします!

みなさん

 温かいお言葉,ほんとにありがとうございます。
 これからもみなさんと一緒に,いい場所に育てていければと思いました。
 どうぞよろしくお願いします。


あすなろさん

>パンダさんでさえ、分からないことが多いとおっしゃるのですから、このテーマは本当に難しいんだなと改めて思いました。

 分らないことだらけ,というのはほんとに単なる事実で,素朴な実感です。
 ある程度は「分かったつもりになる」ことはできるのでしょうけれど,
 そういうスタイルではなかなか接近できないか,見ることさえできない問題
 というのが大事なところでいろいろあるのではないかという気がします。 

 結局,「理解できるかどうか」ではなくて
 「一歩ずつでも理解し合おう」という姿勢をうまく続けられるかどうか, 
 そういう問題なのかもしれませんね。
 
>でも、発達障害はこう。こうすればいい、と、全て解決できるような錯覚に陥りやすい専門的サイトよりも、ずっと現実的で身近に感じ、助けられることが多いです。

 専門家というのは,多分「答え」を求められる立場に置かれているのでしょうから,
 どうしてもそういうスタンスになることが多いのではないでしょうか。
 そういうスタイルでなんとか救われる人や場合もあると思う一方で,
 それでは掬い取れない当事者の問題もかなり深いように感じてきました。

 実際,あすなろさんにそんな風に感じていただけたということで,
 こういう素人スタイルにも意味があるんだなあと改めて思うことができました。
 これからも素人当事者(当事者としての専門家?)として
 皆さんと一緒に考えていければなと思います。
 
 
yasuさん

>人生の目標になるほどです。(笑)

 そうですね (笑)

 私も最近は,ある意味でこの問題を考えるために
 自分は生きてきたのかなと思うくらいです (笑)

> 昨夜テレビに野波さん出演されて良いことお話されていて、一般的知識として浸透しつつあるのでしょう。そして100万人突破半端なく貢献されていると思います。

 野波さんがここをどこかでご紹介くださったということでしょうか?


ゆかさん

>そんな前向きな気持ちになれて、それに向かって前向きな努力もできて、今とても充実しています。

「私は恋をしてはいけない、子どもを産んではいけない、親にさえ捨てられて当然の化け物だと思い」とさえ書かれていたゆかさんが,そんな気持ちになって下さったと知って,もう,ほんとによかったと心から思いました。そして正直,ちょっとほろっときてしまいました (^ ^;)

いろいろ筆舌に尽くしがたい大変さを抱え込みやすい定型アスぺ間のやりとりで,そんな気持ちの伝え合いができる場合もある,ということはほんとに嬉しいことです。

これからまたいろいろと苦労されることもあると思いますけれど,また機会がありましたら,いいことも悪いことも教えてください。きっとみなさんの糧にもなると思います。

判りにくい表現でごめんなさいです。
野波さんのことは本とお名前ぐらいしか存じ上げないような私でして^^;

野波さんはアスペルガー関連のブログ、相談事には頻繁にお名前をお見かけし、この度初めてテレビに出演されているのを見たので、テレビが取り上げるぐらいだから、定型アスペ的な問題を意識されている方が多くなったのだろう、ぐらいの認識で一般的知識ということばを使いました(^_^;)

このブログの100万突破ということは、100万人突破とはとらえていませんけれども、相当数の方が似たような問題意識があるのだろうと、感じまして野波さんと同じように貢献されているのだろう、という意味で 半端なく貢献されている と表現しただけでした。(^_^;)

yasuさん

> このブログの100万突破ということは、相当数の方が似たような問題意識があるのだろうと

 ああ,そういう意味でしたか。

 このブログ,波がありながら全体としては少しずつじわじわと来られる方が増えてきているのですが,たまに一日に来られる方が急に何倍かになるときがあって,どこかでどなたかが紹介してくださっているのだろうかとか,そんなことを考えていたので,野波さんもそうしてくださったという話なのかと誤解しました (^ ^;)ゞ

 同じような問題意識を持つ方が想像以上にいらっしゃるらしい,ということについては,私もだんだんそう感じるようになってきました。その中身がなんなのかはまだよくわかりませんが,大事に考えていきたいです。

(皆様と被ってしまいますが)おめでとうございます!

発達障害に対する偏見が多い中、パンダさんやここに来てる方達は発達障害者と定型者との付き合いについて一生懸命考えて下ってるんだなと感じます。

これからもよろしくお願いします<(_ _)>

にわとりさん

 ありがとうございます。
 お互い苦労しますよね。
 苦労しているもの同士がいがみあう不幸を
 お互いの為に少しでも減らせればなあと,そんなことを思います。
 これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/59062368

この記事へのトラックバック一覧です: 100万を超えた閲覧ページ数:

« 不思議なこと | トップページ | またブログの役割について »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ