2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 定型アスぺ問題と子ども | トップページ | 猫の視線 »

2015年1月19日 (月)

共通の足場 再び

 今の皆さんの議論とは少し流れの違う話ですが,思いついたときに書いておきたいのですみません m(_ _)m

 

あすなろさんが掲示板で「アスペ=定型問題というより、夫が私や家族に対して行ってきたモラルハラスメントの影響に少し気づき、彼なりの方法で回避しようとし始めた。」と書かれていることについて,もわっと思っていたことがちょっと言葉になりそうです。

 

 「定型とアスぺと,お互いにいろんな感覚に違いがあって,何をいいことと考えるかも違う。だから定型が定型の感覚でだけ判断してしまうと,とんでもないすれ違いの拡大になることがある。」

 という見方が,この問題を考える時の私の出発点になります。お互いに良かれと思ってやっていることが激しく相手を傷つけ,修復しようとする努力が全く通じないか,むしろ事態を悪化させるだけになる。

 お互いに悪意を抱いているのなら,事態が悪化するのは当然でしょう。でも決してそういうことではないのに,どんどん事態が悪化していくだけというのはやはり耐え難い気がします。

 それで自分の見方や感じ方だけで相手の「悪」を言い立てるのではなく,まずはお互いの見方や感じ方の違いを探ってみよう,というのが私にとっての次のステップでしたし,このブログでやり続けてきたことでもあります。

 前にも少し書きましたように,このステップはいろんなむつかしさを抱えていると思います。まず自分自身が相手との関係で激しく傷つき,もはや自分を保つことすらむつかしくなっている状況で,自分を傷つけた(としか感じられない)相手について「悪意はなかったのかもしれない」と想像してみるわけですから,ある意味ものすごく不自然なことですし,無理をしなければなりません。

 そしてもしかすると相手は本当に悪意を持っているだけだったという可能性だって,否定はできないわけです。もしそうなら,そういう不自然な無理は,状況をさらに悪化させるだけに終わるでしょう。そういう状態での「自己犠牲」は悲劇的とも言える気がします。

 仮に幸いにして,「どうも相手は悪意でそうしているのではなさそうだ」ということが感じ取れるようになってきた場合,次の努力に意味が出てくると思いますけれど,でも「悪意」がなくても自分が相手によって結果として「傷つけられる」状態がなくなるわけではありません。そうすると,傷つきながら,でも相手をただ責めるわけにもいかない,という困った状況になる。

 それでもこの状況では,相手を悪意で理解する必要がなくなることで,これまでとは別の可能性が感じられるようになりますし,「自分が責められる(ように感じる)のは,自分が悪いからではない」と思えるようにもなれば,その分気持ちも楽になりますから,決してマイナスだけになるわけではなく,ひとつの前進と感じられるとは思います。

 とはいえ,傷つく状況がまったくなくなるわけではないし(だいぶクッションができ始めたとしても),そしてより大きな次の問題が見えてくるように思います。

 それは,私にとってのよいことと相手にとってのよいことが完全にずれちゃっているということが見えてきたとして,じゃあそれをどうやって折り合いをつけられるのだろうか,ということです。

 お互いに話し合って「今までのぶつかり合いは,誤解だったんだよね。違いはしかたないけど,決してお互いに悪意ではないし,状態を改善したいと思っているんだから,一緒に頑張っていこうね!」と感激的な「合意」とか「共感」ができればいいですけれど,そういう定型好みのスタイルはアスぺの方にはあまり通用しないようです。

 そして何よりもっとむつかしいのは,そもそも「よいこと」の感覚が違うのだとすれば,「一緒にこのことを大事にしてお互いによい関係を作っていこう」という「合意の中身」が見えてこないことです。

 頭で「こういうことを<よいこと>としておこう」というのではなくて,自分の無理ない感覚で「これは大切にしていきたい」と思えるもので,果たして定型アスぺ間で一致できるものがあるのかどうか。お互いの関係づくりの足場にできるような何かがあるのかどうか,という問題です。

 この点については,そういう共通の足場を求めること自体,そもそも無理なんだ,そういうこだわりを捨てなければならないんだ,というご意見も何度か頂いたように思います。一方でそういうものかな,と思いながら,他方で言葉にはならないながら,やはり何か違う可能性を私は感じ続けてきました。

 で,あすなろさんの最初の言葉で,その可能性がちょっと具体的に見え始めた感じがしたのです。

 あすなろさんのパートナーさんは,今まで自分の怒りだけで家族に当たり,家族を責めてこられたような印象を持ちました。パートナーさんからすれば,相手は責められて当然のことをしている,と思われていたのかもしれません。そこには人間関係で何を大事にしなければならないか,ということについての感覚の,ものすごく深刻なズレがあったかもしれません。あるいはもう少し手前の問題として,そもそも「人間関係を作る」意味自体についての感覚の違いがあったかもしれない。

 そこはほんとに根深い問題で,簡単に「共通の足場」が見つかるようなものではないのかもしれません。そこにこだわりすぎると,ますます泥沼になっていく可能性もある。

 でも,今回パートナーさんは,自ら自分を変えようと努力をされた。なぜでしょうか。

 私のパートナーの場合は自分が原因で相手が苦しんでいると思うと,耐え難い気持ちになるといことを言いますし,それは私はほんとにそうなんだなと,ようやく最近実感を伴って思うようになりました。けれどももしかすると,あすなろさんのパートナーさんの場合はまた違って「相手(家族や周囲の人)が苦しむのを見てそうしたのではなく,単に自分がしんどくなったからそうせざるをえなくなった」のだ,という可能性も否定できるわけではないでしょう。

 でも,かりにそうだったとしても,「相手を苦しめると,結局自分も苦しむ」と思われたことは間違いないでしょうし,そんなふうに「お互いが苦しむ」状況は避けたい,という思いは無理なく抱かれているように感じられたのです。

 もしそうなら,「お互いが苦しむ状況は避けよう」ということについて,ぎりぎり共有できていることにならないでしょうか。

 

 もっともっと壮絶な例もあるでしょうし,まだ見方が甘いかもしれませんが,とりあえずそんなことに注目してみたくなりました。

 

« 定型アスぺ問題と子ども | トップページ | 猫の視線 »

コメント

おせっかいおばちゃん、再び登場です!(*^^*)

パンダさんの記事、非常にわかりやすくまとめてくださって、私の頭の整理にもなり、うんうんと頷いていました。

ただ、私の夫が、家族の影響より、自分の中で苦しくなって、そうしたかもしれないというのは、まったく逆に思われます。
パンダさんのパートナーさんと、同じ感じ方だと、私から見て思えますね。
自分は別に苦しくはないけれど、家族が何か苦しそう。だから試行錯誤してみようと。
彼にとって、彼の取る行動がなぜ家族を苦しめているのかわからない。けれどどうやら、発作的に激しい気持ちが出てきたときに家族が嫌な顔をしている。その発作が始まったら理由はともかく家族から離れてみよう。
家族からすれば、部屋の中で暴れている音も苦痛なんですがーと言いたいところですが、彼にはその手段が、今取り得る精一杯の対策なのでしょう。

夫の行動を見ていると、数十年前に関わったことのある、小学校低学年のお子さんを思い出します。
当時、アスペというものがほとんど知られていなかったので、軽度の知的発達遅滞と情緒障害とされていた子ですが、今思えば、典型的なアスペだったと言えるでしょう。
とても人懐っこく、おしゃべりの大好きな明るい子でした。
その子がある日、おねしょをしてしまったそうです。すると、彼は水を汲んできて寝ている母親にかけたそうなのです。
なんでそんなことをしたのか聞くと、「自分は冷たかったので、お母さんも冷たくした」と言ったそうです。
お母さんはそのとき大病を患っていて、下手をすれば命取りになるところでした。
その子は自分が冷たくて嫌だったので、お母さんに腹いせでやったわけではありません。
お母さんに、自分の冷たさを共有してほしかっただけなのです。

この子はまだ幼かったので、突飛な行動になったのでしょうが、夫のモラハラも、これと同じ動機だなと感じることが多いです。
アスペの人の方が、他人と気持ちを共有したいという意志が強いのでは?と感じることが多いです。けれど相手には異なった事情があるということが分からない。それによって一方的なアプローチになりがちなのでは?と私は
感じます。

最後のところですが、うちもそういうタイプじゃないかと思います。
結婚当初から、家族で一緒のことをいつもやりたくて、自分がうれしいなら 家族もうれしいと思い込んできた方です。
もしかして、コクーンさんのご主人も 似ているのかもしれませんね。

でも 自分にとっていいことが 相手にとってもいいとは限らない、とすごく割り切っているアスペルガーの方たちもいらっしゃるみたいですね。

(表面的にはそう見えても、違う面も合わせ持っているのかもしれませんが、、、)

(脇にそらしちゃってたら ごめんなさい)

あすなろさん

 「モラハラ」といった言葉にちょっと引きずられて,過剰なイメージを
 作ってしまっていたかもしれません。失礼しました。

 もしそういうことなら,ますます共有の足場の可能性がありますよね。

 おねしょのエピソードはものすごく印象的です。
 もし書かれたような理解がある程度アスぺの方たちに一般的に言えることなら,
 よく言われているアスぺの方のイメージはかなり表面的で
 的外れなところがあるということになりそうですし,
 しっかり考えてみたいところです。


 あと,記事をわかりやすいと感じてくださったとのことで
 これは私にはとても嬉しい評価でした。
 できるだけ多くの方に「わかりやすい」と感じていただけるものが書きたいですし,
 まずは定型の方にはわかりやすく思えるところにたどり着きたいですが,
 一番の望みは,アスぺの方たちに「わかりやすい」と感じていただけるものを
 書けるようになることです。なかなか遠い道のりですが。


ココチさん

 自分の嬉しいことが家族もうれしい,という感じ方も,
 自分と他人を割り切ってみる見方も,
 ひとつのことの裏表のような気もします。

 もちろん定型にも多かれ少なかれそういう面はありそうに思いますが。

> (脇にそらしちゃってたら ごめんなさい)

 あ,私も脇にそらしてばっかりですし,
 特に「この筋でいくべき」みたいなことも考えていません。
 脇道でも本道でも面白く展開すればなによりかと。


 

パンダさん ココチです

>裏表のようなもの

そうですね。すぐに「自分と同んなじ」「みんなと同んなじ」と思いやすく、
その後 そうじゃなかったと思うと 「人それぞれ」「ケース バイ ケース」とすぐに割り切って そこでおしまいにしようとする人って多いですよね。人間関係が、そのどちらかになりがち。

(もちろん そうシンプルに考えて、すぐに先に進んだ方がいい時もあるとは思います。)

このブログの場合は もっとじっくり考えてきているんですよね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共通の足場 再び:

« 定型アスぺ問題と子ども | トップページ | 猫の視線 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ