2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« ひとつのステップ | トップページ | 共通の足場 再び »

2015年1月18日 (日)

定型アスぺ問題と子ども

 定型アスぺ問題について,距離を置くしかない,という考え方もありますし,そして「離婚」という形の距離の置き方をされるカップルもあるわけです。ではそうやって関係を解消すれば問題が解決できるのかというと,これは人によっていろいろなのでしょうけれど,でもそれがむつかしく,その後もずっと悩み続ける方もある。

 関係を解消しても割り切れない思いは続く場合がある,ということですよね。定型アスぺ問題は,それだけ大きなダメージを心身に長く残し続ける例が少なくないということになるわけですけれど,なぜなんでしょうか。

 実際にカップルでいる時に何が辛いのか,ということについては,ここでも少しずつ考えてきましたし,みなさんからのコメントもいろいろありました。けれども,別れてしまったあとの辛さについては,また違った問題がそこにあるはずです。

 あ,今そのことについてのアスぺ父を持つ娘さんのコメントが入ったみたいです。書かれていることはすごく重要だと思いますが,ここではちょっと違う視点から,少し考えてみたいと思います。

 

 場合によって文字通り体を張って,命がけで向き合おうとしたにもかかわらず,関係を絶つ形にならざるを得なかったということが,埋め合わせのむつかしい深い傷を残してしまうことは私にも分る気がします。その傷は関係を絶ったからと言って消えるものではない。どうしても癒しが必要なのだと思います。そのことは一つ。

 もうひとつ私がとても大事な問題ではないかと感じ始めていることは,お子さんの問題です。もしお子さんがいらして,そのお子さんを引き取っていて,そして特にそのお子さんもまたアスぺである場合,パートナーとの関係が仮に解消されたとしても,定型アスぺ問題は決して過去の問題ではなく,今と未来の問題として,目の前にあり続けることになるからです。

 パートナーとの間で解決できなかった問題を,子どもとの間で繰り返したくないと感じるのは当然のことでしょう。子どもの為にもなんとか問題への対処の糸口を見出したいと考えるのはごくごく自然な気持ちの動きだと思います。

そう考えると,定型アスぺ問題は,単にカップルの問題ではなく,やはり「子ども」の意味がものすごく大きいように思います。そのことは最初はそれなりにうまくいっていた定型アスぺのカップルが,子どもができてからとても厳しい状況に陥る,という例が少なくなさそうだということでも,これまで何度か考えてきました。

 また今私がパートナーと別れることは考えにくくなっている理由の一つがやはり子どもの存在で,この子をいろいろあったけれど,こんなふうに一緒に育ててきた,そして子どももそこに自分の出自を大事なものとして見出している。そのことを感じると,私もそこに価値を感じるようになるのです。

 カップルを解消するにせよ,せずに模索を続けるにせよ,定型アスぺ問題に子どもの存在がものすごく大きくて,そのことを込みにして考え,気持ちを整理していかなければ,先には進めないのではないか。そんなことをちょっと思いました。

 
 

« ひとつのステップ | トップページ | 共通の足場 再び »

コメント

前々の記事のコメント等、拝見しながら、いろいろと思い出しました。
夫に少し変化がみられたと、掲示板に書きましたが、もしも夫に変化がみられなければ、いくらこちらが見方を変えようとしても同じところに戻っているかもしれないし、また夫が同じことを繰り返すようなら、同じ問題が吹き出すかもしれないという、危ういところではあります。
夫の問題は、アスペだからというより、生育歴による人格障害が絡んでいるほうが大きいし、こちらが辛いのはその部分なのだと感じます。
その人格障害が生まれた背景にアスペが絡んでいるという。
彼自身もその境遇を理不尽に感じながらも、アスペであるがために理解の仕方や対処が独特であるということです。
夫は自分なりの対処で乗り切ろうとし出したことは評価に値するかと、長い目で見ようと思い始めたところ。
そうでなければ、巻き込まれない道を考えなくてはならないと思う部分もあります。
どうして別れなかったのかといえば、少し前に、本気で離婚を考えたことがあったのですが、一番夫を嫌っている(と私がおもっていた)定型長女が「離婚しないで」と言ったことです。
私からの見方とは違うものを子どもは持っているし、好き嫌いとは次元の異なるものだと気付かされました。
アスペ特性をもつ長男、次女は、夫のような人格障害の部分は背負わせずに済んだと私は自負していますし、これからも夫のような苦悩を味合わせたくないという意志を持っています。
夫を理解しようとするのは、はっきりいって、彼のためではなく、第一に私が楽に生きるため、その影響で、子どもも気長に自分と向き合うことができればというところが大きいです。
冷たいかもしれないけど、自分のためと思うと、落ち着いて見えてくることが多い気がするこの頃です。

「離婚して欲しくない」
この気持ち、私もありました
それは「別居はいいけど、離婚は嫌」という気持ちで、私の場合ですが「何も知らない世間に、欠落した家族と思われたくない」という気持ちでした

過酷な家族の苦悩があった、努力だってした、精一杯に頑張った、だからこそ世間に「離婚した」という「結果」だけで、勝手な烙印を押されたくない気持ちがありました

それはやっぱり「離婚するのは子供が可哀想なのに、親が悪い」と思われるのが耐え難いからです
一番に母の苦悩、我慢が思い浮かびます……
「あんなに頑張った母を世間にまで責められる材料にしたくない」というのが正直な気持ちです

この気持ちは、別居した高校生のときから離婚するまでの7年間…ずっと思ってました

もっと幼ければ、ただ「離婚」という「今までと違う環境になる」という漠然とした恐怖に「離婚して欲しくない」と思ったかもしれません

離婚したときはやっぱりショックはありましたよ
それは、誰が見ても「家族」という絆が薄れてるように感じられても……その一本の糸でさえ、切られてしまったような……

「かろうじて家族でいる安心感」これは「離婚して欲しくない」二番目の理由でしたね


ちなみに今も「片親」と言われると、ムカつきます(笑)
でも、やっぱり一番に腹立つのは…私は今母と一緒に暮らしてるんですが「お父様は?」と聞かれたときに、離婚したことを伝えると……円満な夫婦関係を築けなかったような言い方をされたとき!!
糞ムカつきます!!
母の苦悩を何もしらないくせに!って心ん中で中指立ててますよ!(笑)


>アスペ父を持つ娘さん

まさに、うちの娘の思いは、アスペ父を持つ娘さんのお気持ちと被るところが多いと思います。彼女も成人を過ぎましたので。
騒動の最中はまだ高校生でしたが、もう大人として、離婚で被る実害みたいなものを考えていたのだという印象があります。
離婚する、しない、それが子どもにどう影響するかは、まったく未知であって、もしかしたら離婚してしまったほうが被害がすくなく済んだのかもしれないし、離婚したことで一生の負い目を負わせたかもしれない。
人生が予測がつかないように、人に予測できるものではないと思います。

それと同じように、夫がアスペでなかったら、私がADHDでなかったら、まともな生育歴があったら、あげたらキリがなく、あのときこうしていたら正しかったと考えたら、全てが罪悪になってしまいます。
きっとそれらがクリアできていたとしたら、それは私の人生ではないのではないかと。

もしかしたら、まだ離婚の危機は残されているかもしれませんが、そのとき、自分の考えるベストの対策を選ぶことが大事なのかもしれないし、子どもたちにも、何を選ぶかを冷静に考えられる目を持ってもらえたら。

世間のいう、普通の夫婦でなく、普通の家族ではない。
別れていても、別れていなくても、これだけはもう決められてしまったことで、常に悩み考えずにはいられない運命なのかもしれません。
しかし、それは何事もなく平々凡々と過ごしている人たちより、ずっと大きなことに取り組んでいるんだと思いたいです。

>この子をいろいろあったけれど,こんなふうに一緒に育ててきた,
定型か非定型かかわらず、子はかすがいともいうし、子を持つ夫婦には持って然るべき?感情ですよね。

私は依然掲示板に相談をしたことがあるのですが、結局「離婚」という形の距離の置きました。「一緒に育ててきた」という分かち合いができない。「あの時あんなこともあったね」といえないのは、私の考える夫婦像からは考えられないものでした。
そして「こんな夫婦関係を子供に見せるよりは離れた方が子どもにはベターなのではないか」という気持ちもありました。

ただ「かろうじて家族でいる安心感」や「親に離婚して欲しくない」という子供の気持ちを奪ったことになりますね。アスペ父を持つ娘さんやあすなろさんのコメントをうなづきながら読めてしまう自分・・・たぶん特殊なんだと思ってます。

私の場合、
子どもが致命的な心の傷を負わないように育てる・見守るにはどうしたらよいのかとか漠然と不安になります。今日も面会のはずが結果的に会えず、子供は涙を流しました。
両親のユニークな気質が隔世遺伝して子供が子育てをする時に困難が出るかもしれない。就職や進学で不利にならないかも心配。
「世間のいう、普通の両親でなく、普通の家族ではない」
と子供に徐々に理解させなければならないです。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/58616497

この記事へのトラックバック一覧です: 定型アスぺ問題と子ども:

« ひとつのステップ | トップページ | 共通の足場 再び »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ