2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« もうひとつの「普通」 | トップページ | 自分を抱えて生きること »

2014年10月27日 (月)

ミーハーアスぺの方はいる?

 私のパートナーは,いわゆる「社会的な地位」みたいなものには本当に無関心だと感じます。相手が地位が高い人だろうが,低い人だろうが,全然関係ないというか,「その人がどういう人か」だけが問題というか,そんな印象があります。

 ですから,きわめて現実的なこととして,「お金が足りない」とか「もっと稼いでほしい」というようなことは何度か聞かされたことがあったと思うのですが,いわゆる出世とか,そういうことは全く求めないし,関心もないみたいです。逆に社会的には「低い」評価を受ける地位でも全然気にならないようにも見えます。

 私の場合,結構ミーハーなので,たとえばたまたま街で有名人を見たとか,そういうことがあっただけで,嬉しそうに彼女に話したりすることもあるんですが,まず間違いなくあっさりスルーされますね。「だからなんなの?」というわけでしょう。たしかにそう言われれば,別に何でもないわけです (^ ^;)ゞ

 昔ちょっとかじった心理学の話で,人は有名人とかとであったり,知り合ったりすると,別に自分が偉くなったわけでもないのに,そのことだけでちょっと偉くなったように感じる,みたいな話があって,面白いなあと思ったことがありますが(虎の威を借る狐でしょうか),なんかそういう感覚が全然ないのかなあと想像したりします。

 子ども同士の喧嘩でも,「おれのおにいちゃんなんか,強いんだぞ!」とか,そうやって相手を威嚇しあったりしてるのを見ることがありましたし,そんな風に何か世の中で認められた「力」とか「人気」とか「権威」とか,そういうもので自分を飾ろうとする欲望みたいなものが,定型にはものすごく根強いんじゃないかなと思うんです。

 そのへん,男性と女性とでもだいぶ違うでしょうけれど,女性同士の仲間関係とかも結構シビアな張合いもありそうな気がするし,ブランドにこだわるような方も少なくなさそうですし。

 なんか彼女にはそういう感覚がすぽーっとないような気がします。ほんとにひたすら実質だけが問題というか。

 「うわべで人を見ない」というところはすごくいいなあと思うんですが,同時に私の中のミーハー的な部分とかには全然反応してくれなかったり,共感せずに,冷たくあしらわれるところは寂しくも感じます……

 この辺も定型アスぺの違いに関係するのかなあと思ったりしています。まあ定型の中でもその辺個人差も大きそうですけど。

« もうひとつの「普通」 | トップページ | 自分を抱えて生きること »

コメント

トマトです。

ミーハーという部分で、人は「世間話」に富めますよね。
で・・・世間話というのは、定型があらゆる角度から会話の糸口をつかむもの。

私の友人で、1対1ではおしゃべりができるけど3人以上になると沈黙のまんま。
ミーティングでは意見や疑問は「書いて」配布というタイプの女性が居ます。
私は、彼女にASを前提に接遇しています。

彼女は一時期「肩書き」に固執していたときがありました。
職場ではパートの立場ですから、名刺は持っていません。
サークル活動の名刺を作ろうとなったとき「委員長」というワードを強く希望したのです。
そもそも委員会が存在しないので、そのネーミングはおかしいのですが、皆しぶしぶ「勝手にすれば」という雰囲気で、その名刺は作られました。

名刺さえ持っていれば、いろんな場所で交換できます。
サークルのメンバーは、もらった名刺をどう活用するかを考えました。
人の動員、アドバイスや協力を求める、話をもちかける・・・そんな発展的関係性や人脈を広げるツールとして名刺は使われます。
しかし、彼女は名刺をアルバムに写真のように整然と貼って、時折ひっそり満足そうにながめるだけにとどまっていました。
そこには、パート仕事では知りえない、社長や先生や教授などの肩書の名刺もたくさんありましたから
サークルメンバーはその行為を「ミーハーな肩書好き」と、見ていました。


しかし、ミーハーであれば「私この人知り合いなのよ」くらい言いそうなのが、関わりには全く無関心で、それを他者にアピールするということが全く無くて、まるでコレクターのような「自己満足で完結」を感じました。

委員長という自分への肩書も、責任も内容理解もなく「その響きが好きなだけ」ということなんだろうという印象です。
それは「委員長ごっこ」レベルになってしまい、とても幼い感覚ですが、年齢や風貌から「肩書きに固執している女性」という誤解になってしまいました。

たまたま、名刺とかが好きなAS(傾向)の人は、ミーハーに間違えられることもあるんだなと思います。

ミーハーって・・・流行に流される、自慢する、ささいな表面的なことをはしゃぎ合えるという、時代や相手に添う要素が必要なのだと、今回のパンダさんのテーマで気がつきました。

ASのミーハーと、定型のミーハーとでは、一見一緒なのだけど、どうも質が違うようです。

トマトさん

 ミーハーを世間話につなぐということ,
 言われてみればその通りだなと思いましたが,
 それまでは考えませんでした。面白いです。

 それにしても,私がパートナーについてちょっと引っかかって考えることは,
 やっぱり他のアスぺの方の特徴にもすごくよくつながるんですね。
 あらためて彼女がアスぺであるということを確かめる思いもします。

 でも,ふと今思うと,なんだかアスぺということが
 あんまり特別のことでないような感覚もかすかに生まれつつある気もします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/57808039

この記事へのトラックバック一覧です: ミーハーアスぺの方はいる?:

« もうひとつの「普通」 | トップページ | 自分を抱えて生きること »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ