2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 難問 | トップページ | アスぺ同士の関係って? »

2014年8月18日 (月)

二つの理想:自立と一体化

 アスぺの方たちを,定型の物差しで「○○ができない人」として理解するのではなくて,定型とは違った特性をもって,定型とは違う模索をしながら生きている人として理解してみたらどうなるだろう,というのが私がこのブログでこだわって考えていることのひとつになります。

 たとえ話で考えてみると,数学とか科学とか,いわゆる理系が得意な人であれば,「論理的に考えられること」が生き方としてもとても大事なものに感じられるかもしれません。感情に流されてわけのわからない行動をしてしまうことはよくないことでしょう。逆に文学が好きとか,いわゆる文系が得意な人であれば,「感情豊かに生きる」ことがとても大事なものと考えられるかもしれません。論理ですべてを割り切ろうとすることなど,非人間的で単純で冷たいことだ,と思えるのかもしれません。

 人は自分の得意なところや不得意なところ(多くの場合,それは生まれつきの面が強いでしょう)に応じて,「理想的な生き方」みたいなものを決めているのかもしれません。そしてそういう「理想」を抱きながら,自分の生き方を模索するのでしょう。

 そんなことを考えてみると,定型の物差しだけで「○○ができない人」と考えてしまうと,それは定型とは異なる特性を持ったアスぺの方を,「定型的な生き方の理想」だけで判断してしまうことになって,「アスぺ的な理想」が見えにくくなってしまい,当然「アスぺ的な生き方」もまた見えにくくなってしまうように思います。 

songさんのコメントは,そんなことを改めて考えさせていただくものでした。

 「ふと思ったのですが、この記事のタイトル「孤立した世界」っていうのに違和感を覚えました。考えてみたところ、多分定型の方がつけたタイトルだからかなと。私からすると、単に「確固たる世界」なんですよね。人に頼らず自分で物事を解決し、辛いしんどい事も自分で処理する、苦しくなったら一人で好きな事をして充電。」

 人に頼らず,自分の力で生きていく生き方は「自立した生き方」と言えるでしょうし,それを重視する考え方からすると,ほかの人との助け合いを大事にする生き方は「自立していない依存的な生き方」に見えることになりそうです。逆にお互いに支えあいながら生きていくスタイルを重視する場合には,自分の力に頼って他の人との関係をあまり求めないように感じられる生き方は,「孤立した生き方」に感じられたりする。

 もちろん自立しているとか,お互いに依存しあっていたり,助け合っていたり,あるいは一体になって生きる生き方という二つの生き方のどちらか一つだけで生きている人はないでしょう。多かれ少なかれ人は他の人と関係を持たなければ生きていけないのですし,逆に他の人と完全に一体化するなんてもともとあり得ないわけですから,自分の力で生きていくしかない面も必ずあります。

 だれもがその二つの面を持っている中で,それでも気分的にはどっちをより重視する,みたいなことはその人その人によってあるのでしょうし,定型とアスぺを比べた場合には,個人差は当然あるにしてもやっぱり定型の方が一体化をより大事にし,アスぺの方は自立を大事にする,という対比ができるのではないかと思います。

 そう考えてみると,定型アスぺのズレの問題を考えていくときに,ただ「これができる」「これができない」「これが得意」「これが不得意」といった面だけで関係を考えていくのではなく,「違う理想を持ちながら生きている人間同士」という面からも考えていくことに意味があるのではないかと,そんなことを思います。

« 難問 | トップページ | アスぺ同士の関係って? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/57119279

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの理想:自立と一体化:

« 難問 | トップページ | アスぺ同士の関係って? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ