2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 薬と人生のスタイル | トップページ | 波平さんの「対立」の話 »

2013年12月22日 (日)

現実のケアと気持ちのケア

 このブログの記事ではアスペ定型間に起こりやすい問題として、「定型の側は自分が必要とされていないと感じて悩む」ということを何度か書いてきたと思います。この点についてアスペルガールさんが刺激的でとても面白いコメントを下さっていてます。

 というのは、その定型的な悩みの持ち方について、さらに「男と女で中身が違う」という話をされているんですね。それはこんな整理のされ方です。

 「男性側がアスぺの場合は、女性側は「私に愛情を与えてくれない」と悲しくなるのに対して、女性側がアスぺの場合は、男性側は「僕に愛情を与えさせてくれない」となる」

 そうなる理由をアスペルガールさんは、男性は女性に妊娠「させる」ということに典型的に見られるように、積極的な「与える」姿勢が強いのに対して、女性は男性から妊娠「させられる」ということに典型的に見られるように、受け身的な「与えられる」姿勢が強く、だから、相手に求める愛情の形も変わってくるんだ、というふうに説明されています。

 そして男性が積極的に、女性が受け身的になる理由は、男性がもともとは次々に女性を妊娠させる可能性があって「沢山(いろんな人に)与えたい」のに(昔はかなりよく見られたし、今もイスラムの国等でもよくある「多妻制」ですね)、女性は自分の子どもを産み育てるには年単位で時間がかかるので、それを支え続けてくれるように「(一人の男性に)確実に与えられたい」というふうにその態度が変わるからと言うことです。

 ということで、男性が「与えさせて欲しい」と思い、女性は「与えて欲しい」と思い、それがうまく組み合わさると、ある意味ハッピーになるということでしょう。ところがアスペ定型間では定型の側はそういう気持ちが強いのに、アスペの方は定型が望むような形ではそれに応じられないので、そのズレでトラブルになる(と言う風にパンダは理解しました)。

 このアスペルガールさんのまとめ方で、どこまで説明ができるのか、まだちょっと私には分かりませんが、「ああ、なるほど!」と思い当たる部分があるのは確かです。

 上のような説明にもう少し私の考えを足してみるとすれば、アスペ定型間のズレの部分について、アスペの方はこの「与える」「与えられる」という関係は、結婚したり子どもが出来たりすれば、もうそれで安定した感じになってしまう(ように感じられる)のに対して、定型の側はそれ以降もずっとそういう関係を維持していくために「(定型的な)ケア」が必要なのかなあということです。

 だから定型はそういう「ケア」をし合わないと、自分がもう必要とされていないように感じるようになりやすい。これはカップルに限らず、定型同士の人間関係では常にそういう「(定型的な)ケア」をやりあっているんだと思います。もちろんアスペの方も必要なケアはされるんだけれども、私の印象ではそれはすごく「現実的」なケアで、なんか<気持ち>のケアというのとは違う感じがします。でも定型はそれを結構求めているからズレが起こる。

 そう考えると、私のパートナーは典型的にそうであるように感じますけれど、友だち関係が淡泊(に見える)で、数もすごく少なく、しかも相手の人がいつの間にか離れていっている(らしい)ということがどうして起こりやすいのかも理解できます。つまり、定型には必要な「(定型的な)ケア」について、彼女にはそれが「必要」という感覚があまりないので、相手は「自分はもう必要とされていないんだ」と感じて、なんとなく離れていくんだろう、と考えると分かりやすいんです。

 しかも、先日パートナーに聞きましたが、人間関係でいろいろ悩むのであれば一人でいた方が楽だし、それで「さびしい」という感覚も少ないというのですね。定型はそこでいろいろ悩んでも、一人だと「さびしい」という思いがあるので、「(定型的な)ケア」をしながら関係を維持しようと努力し続けるわけです。

 多分、そういう定型アスペのズレがベースにあって、そこに定型の側の男女のスタイルの違いが加わってくるのかな、という気がします。

 うーんと、そうすると、アスペの方の男女差というのはここにどう絡んでくるんでしょうね?

« 薬と人生のスタイル | トップページ | 波平さんの「対立」の話 »

コメント

取りあげて下さり有難うございました。

---以下引用-------------------------

>アスペの方はこの「与える」「与えられる」という関係は、
>結婚したり子どもが出来たりすれば、
>もうそれで安定した感じになってしまう(ように感じられる)

-----------------------------------

他の方の書き込みをみてもこの傾向は強いかと思うのですが、
私は全くそうではないんですよね。
結婚後も精神的な感情面でのケアは必要だという認識です~

で、私の母は、アスぺ診断されていませんが、
多くのアスペルガーの方の結婚観と似ているような気がします。

 「え、結婚したんだし、それ必要(´・ω・`)」って感じですね。

更に、出来れば1人で居たいタイプで、スキンシップもしたくなく、
日ごろは、父のお喋りにいかに捕まらないかを大切にしているが、
誰よりも父を一途に想っている・・・・


感情については、最近「感情とは何か」を勉強中です。

そこで質問がありまして、

 1)その感情を分かち合う相手をどのくらい選びますか?
   また、感情を分かち合える=仲良く出来そうですか?

 2)「寂しい」をうめてくれる相手はどのくらい選びますか?
   また、相手をどういった基準で選んでいますか?

 3)積極的に関わりたいと思う思わないの判断基準はありますか?
   また、相手への、好きと嫌いは、関わりのどの段階で判明しますか?

これらを、お伺いしてみたくなりました。

質問はしますが、回答の強制はありませんので、
返信してやろうかなぁ(´▽`*)と思って下さったらお願いいたします~

お久しぶりです。hnを漢字表記にしました。
与え合うことを持続させたいのが定型らしい関係なのですね。
わたしはたぶん定型だと思うのですが、人付き合いは淡白で一人になりたいことも多く、要求されないと自分から動かないズボラなタイプです。なのでアスペ彼が積極型なのでバランスが良かったです。途中から恋人未満のようなまあまあよい雰囲気でしたが、友人だったころの気軽さが変化し、わたしも寛大さが保てなくなっていました。ささいなもめごとが重なり、距離をおいています。
その一番の原因はパンダさんの記事のとおり、彼の与えることを重要視していないような愛情の手抜きのような状況が多くなったことです。彼の好意の伝え方は電話やメールの頻度、自分が好きなタレントの舞台やコンサートにわたしを連れ出すことでした。ただ、あくまでも彼がみたいものに限られます。わたしは自分のチケット代を支払います。4,5回付き合い、これならわたしも自分が好きなアーチストを一人でみにいったほうがいいと思いました。
ここが定型的な考えかもしれませんが、もし自分の趣味に相手を付き合せるなら、2人分負担すると思うのです。毎週のことでもないですから。一緒に行ってもらうのだからそれぐらいしようと思います。私の場合は、ですが。それでそういうふうに几帳面に五分五分にしたがる彼にゆとりや優しさを感じなくなりました。わたしがおかしいのかもしれません。
それ以外でも私が清算したレジでサッと彼のメンバーズカードを出して加算させたり、食べ物屋では1:4の割合で彼のほうがたくさん飲食してもきっちり半分払ってきました。
当たり前なのでしょうか。わたしは思いやりがないと感じました。相手の目線から物事が見られないのではありませんか。
わたしは好きな相手だからと何でも2人分買い、(軽食やアルコール、地下鉄の切符など)
洋服やCDをあげたりしました。本来細かい性格を封印して鷹揚にふるまっていました。そうすれば相手が気分がいいと思うからです。いくらかかったとか、考えずに無意識にやっていました。
なのでバランスが悪い気がしてむなしくなって払いたくなくなってきてギスギス、です。
それでふだんやさしくてしょっ中電話やメールをくれますが、結局彼は自分が損しないことをものすごく重視しているのではと思えてきて、ギスギス感が増し、勝手にわたしがそうなっているだけで、彼はつねに上機嫌なのです。
アクセサリーやお人形など、記念日にプレゼントはしてもらいました。でも記念日なんてめったに来ない。日常が大半だからストレスを感じるのでしょうか。

パンダさんの書かれた内容と一致する部分もあるかと思い、今の悩みというかただの近況ですが、お読みくださり、ありがとうございます。彼は今でも連絡をくれますが、とても迷っています。アスペ彼の愛情を受け取るにはそういう俗的なジャッジは排除して、彼自身をもっと深く知る必要があるのでしょうか。すみません、ご意見くださいますでしょうか。

トマトです。 晴子さん、お久しぶりです。

彼氏さんのマイルールなのですね。
第三者が彼氏さんに、デートのマナーとか、自分が沢山飲食した場合の支払いのルールとか・・・まさに気遣いとか気を利かせるの部分をレクチャーしてくれるチャンスがあれば良いのにねぇ。

「晴子さんがはっきり彼に言えば良い」というご意見もありそうですが、男女間では「そこは相手が察したり、気づいてくれなきゃ、自分から言うべきことじゃない」という、
自分の当たり前過ぎることがデリケートな部分になる
ということがASと定型のカップルでは多いと思うんです。

ASは「ハッキリ指摘してほしい、説明して欲しい」
定型は「それでは、言われたからします・・ということになり、自発的な思いやりではないから
そういう結果は嫌なのだ」
となる。

「気持ちが欲しい」と「説明が欲しい」・・・・ここが一番のお互いの難関となりますよね。

意見になってなくてすみませんが・・。

晴子さん はじめまして。

記事の発端を起こしたアスペルガールと申します。

私はアスぺですが、晴子さんの「好きな相手だからと何でも2人分買い、(軽食やアルコール、地下鉄の切符など)洋服やCDをあげたりしました。」は、常識的な範囲として捉えています。

ただ、これは男女の常識ではなく、女性同士の常識としてです。女友達とはコレがとても大切ですが、定型かアスぺに限らす男女となると、「与えたい」「与えられたい」とニーズが違うので、少し違ってくるのではと思っています。

  人は与えることで同様の価値をある「お返し」を期待します。

女性同士であれば、気遣いには気遣いを、プレゼントにはプレゼントを返しあう習慣があると思います。でも、男女の場合は違っていると思うんです。

  男性にとっての価値とは、「与えることの出来る自分を感じたい」であるので、
  感謝や笑顔や褒め言葉といった「喜び」のみで満足です。
 
  好きな女の子を喜ばせることが出来た=”嬉しい”で完結

  女性にとっての価値とは、「与えられる価値のある自分を感じたい」なので、
  感謝や笑顔も嬉しいですが、それよりも何よりも、
  ”頻繁”に、”小まめ”に、物が贈られ、”誰よりも私に関心をもってほしい”のです。

  そして、自分から与えたことに関しては、同じようなお返しが欲しいですから、
  女性は相手に与えれば与えるほど、「自分だけ頑張っている」とガッカリし、
  相手を敬遠してしまうようになります。

お金の支払いを自分が多く行うことに対して、女性は金銭的云々よりも、「私には頑張ってお金を支払ってでも出かけたいと思わせる価値がないのかしら」と自信を失ってしまいガチです。

反対に男性はというと、もし自分が全てにおいて支払っていたとしても、「僕は彼女を喜ばせるだけの能力がある」と誇らしげにすら感じます。(もちろん、金銭的余裕の問題もありますが。)

そして、男性がガッカリするのは、与えているのに「喜んでくれない」でしょう・・・例えば、プレゼントを無表情で受け取るとか、ありがとうって毎回、言ってくれないとか、だと思います。

女性側の対策としては、自分から与えていると感じてしまう気遣いを止めるか、与えても、何もお返しがない前提で与えるか、どちらかだと思っています。

  と、お会計って男性が支払うような習慣が多くの国にありますが、
  それって何故かご存知ですか?

トマトさん、こんにちは。
ありがとうございます。
彼のマイルールなのだなとわたしも思います。
今日は晴子、次はぼくが、(ぼくが払います、いや、ここはわたしが…)みたいにランダムなのは苦手なのでしょうね。定型同士の堂々めぐりも面倒ですけどね。よく女性同士がそんなふうにします。彼は毎回決まったコースをトラブルを起こすことなく横槍を入れられることなく、ただやり遂げたい、感じでしょうか。乱したくない。
でもここでそれを言ったら今日の今までのムードが一気に冷めるよ、今は言ってほしくなかった、という場面が何度かありました。マイルールに気を取られるあまり、会っているときのいい感じの流れをバシッと断ち切られる。それが細かいこと、たいしたことではないので見てみぬふりをし、それが度重なってくると不満がふくれあがってきて突然わたしが何もかもがいやになりもう電話をとらなくなり、彼は何がなんだかさっぱり、急に何なんだ!!
何なんだよ! こういうのを繰り返しています。くだらなすぎてスミマセン…

アスペルガールさん、こんにちは。
ありがとうございます。
おっしゃること、よくわかります。自分の存在価値みたいなものを対価を通じて確認したり安心感を得ようとしているのかもしれません。多かれ少なかれ女性はそうだと思うのです。でも逆に自分の価値をそういう尺度で決められたら、軽んじられてると考える人もいそうですね。
認めたくないですが、自分がちっちゃい人間だから彼の行動の端端が気にかかるのだと思います。わたしから与える、といってもほんとうにささいなものなんです。
しかも、ああ、この人は他人との相違点を埋めることや、相手の特徴に歩み寄ろうとする態勢を持たない人なのでは・・・と気づいてから、支払いに関する配慮はやめました。
尽くすほど相手が遠ざかり、重いと感じられることも知っています。
なぜかというと母がそういう、だれかれかまわず施すタイプで、私もうれしさより重圧を感じ逃げ出したくなる経験があるからです。
尽くすと一口にいっても、相手の欲しいものをピンポイントで渡すなら歓迎されますが、そうでなければ圧迫感しか生まれないでしょう。あとは程度問題ですね。引く、という行為ができなければむしろ脅威をあたえかねません。とわたしは思います。
グチっぽくなって申し訳ありません!
外国人男性が支払う理由はスマートさを重視する美意識から、体面を保つため、男尊女卑が支払いにも反映されるから??

アスペルガールさん

> 1)その感情を分かち合う相手をどのくらい選びますか?
   また、感情を分かち合える=仲良く出来そうですか?

 いわゆる「相性」の問題になるのかもしれませんね。「波長が合う相手かどうか」
 とかいう言い方もあるかも。本当に深いところまでそれが出来る関係は
 そんなに出会えるものではないと感じています。
 その意味では結果的にはすごく選んでいるのかもしれません。
 意識的に選んでいると言うより、感覚的に「この人合いそう」と感じて
 自然と仲良くなる感じですけれどね。
 で、「感情を分かち合える」関係は「深い関係(一般的には仲もいい)」
 ということかな。

> 2)「寂しい」をうめてくれる相手はどのくらい選びますか?
   また、相手をどういった基準で選んでいますか?

 これも「選ぶ」という意味がもうひとつぴんとこないのですが、
 そういう人に出会えるのは幸せですし、
 そういう出会いは大切にしたいですね。
 「基準」という言葉が意識的なものだとすれば、そういうのはないです。 
 感覚的に「合う」「合わない」です。
 そのあとで、「何が合ったのか」について理屈を考えることはあり得ますが、
 最初に理屈で選ぶ感覚はありません。

> 3)積極的に関わりたいと思う思わないの判断基準はありますか?
   また、相手への、好きと嫌いは、関わりのどの段階で判明しますか?

 好き嫌いは関わりのあらゆる段階で「感じ取る」ということだと思います。
 好きにもレベルがあるし、嫌いにもレベルがあるし、
 好きが深まることも、嫌いが深まることも(逆に浅くなることも)あります。
 好きと嫌いが同じ人に対して入り交じることも少なくありません。
 そしてそれはいつでも変化しうるものでしょう。
 好きだったけど嫌いになったり、その逆だったり。
 
 というような感じでお答えになるでしょうか? (^ ^;)ゞ


晴子さん

>こういうのを繰り返しています。くだらなすぎてスミマセン…

 そういうふうに見方によってはくだらないようにも思えることが
 実際にはすごく大きいし、ダメージも深いんですよね。
 感覚の深いところでズレがあると、そういうことが起こるんだと思います。

 だから、そういう意味ではものすごく重要な、
 大きな、くだらくない問題なんだろうと感じます。
 ほんとにこのズレの問題、重たいし、大変ですよね……

こんにちは 晴子 さん

ご回答ありがとうございました。

また、ズレたことを書いてしまったのだと少し反省しています。
AS男性理解については、私よりも、晴子さん、トマトさん、パンダさんの方が上ですね。

晴子さんは「自分がちっちゃい人間だから」とありましたが、
ちっちゃい人間は、そもそもAS男性とは関われなと思うんですよね。

 私は色々面倒なので、100%支払ってくれる男性としか関わらないと決めています。
 さっぱりして良いと思いますが、そうではないんでしょうね、きっと。

>お会計って男性が支払うような習慣が多くの国にありますが、
>それって何故かご存知ですか?

クイズにお付き合い頂きありがとうございました!

お金というと晴子さんが書いて下さったように、「自分の価値をそういう尺度で決められたら、軽んじられてると考える人もいそう」に私も同意しているのですが、大きな視野でみれば、プレゼントもお金で買うんですし、食事代の支払いもプレゼントも同じなわけで、

もっと、言うと、サラリーマンは自分の時間と能力をお金に交換しているのですから、逆に言えば、時間と能力を多く使う、と、お金を多く使う、はそう違っていないと思うんです。

 だから、食事代を男性が支払うも、一つの愛情表現です。

大切にされたいのが女性の心情ですから、大切にされていると女性に感じてもらうためには支払いはしなくてはいけないとなるんですよ。それが社会での暗黙の了解としてあるので「男性が支払う文化」が出来たのだと思います~(以上が回答です。)

>度重なってくると不満がふくれあがってきて
>突然わたしが何もかもがいやになりもう電話をとらなくなり、
>彼は何がなんだかさっぱり、急に何なんだ!!何なんだよ!

これはASっぽい行動っぽいです!大変だなぁこれは・・・・・・(´・ω・`)


こんにちは パンダ さん

ご回答ありがとうございました。

何度か繰り返し読んでみましたが、私とパンダさんの基準(感覚的に「合う」「合わない」)には、そう大きな違いがないような気がしましたが、「好き嫌いは関わりのあらゆる段階で「感じ取る」ということだと思います。」は、違っていました。

私の場合は、初見で全て決定するような所があるのと、
好き嫌いよりも、興味があるかないか、の方が強そうです。
興味があるかないかで、興味がなかった場合は、嫌いにもならないのです。

丁寧に書いて下さりありがとうございました~

パンダさん
悩みをあとから読んでみるとたいしたことじゃないな、と思えますが、感覚の深いところのズレなんですね。結局自分たちの問題で、解決していないとしても、とてもすっきりしました。ありがとうございます。

アスペルガールさん
AS男性を理解してると言って下さってありがとうございます。
そういうふうに言われたことはなかったです。
相手の女性を大切に思うからそれを伝えるためにご馳走したりプレゼントしたり。
それはよーくわかっていますョ。それが大前提です。だから愛情に飢えて(笑)悩んでるんです。アスペルさんがそれ以外の答えを導き出してくれるのかなと勝手に期待していました。普通の正解でした!
アスペルガールさんの回答は、ん??と思う部分もありますが、ズレていても伝わるものがありますからそれでいいんだと思います。

◇晴子 さん

ご回答ありがとうございました。

期待して下さっていたのですね、
ご期待に添えずに申し訳なかったです!

>相手の女性を大切に思うからそれを伝えるためにご馳走したりプレゼントしたり。

これは、彼も、もちろん知っているという前提ですよね。
「知らない方の期待するって妙」なので知っているという大前提ですよね。

>アスペルガールさんの回答は、ん??と思う部分もありますが

どこら辺がそうなのか詳しく聞きたいですが、
面倒なお願いだと思うので、聞かせてほしいとだけ書いておきます。
データとして蓄積したいのです~

フッと思うのは、「淋しい」とか、「私はそんなに大事にされてないんじゃないのかな?」と感じてしまう定型の思考パターンは相互理解にあるのかな、と思うのですが、じゃあどうしたらそう感じないですむのかな、という事です。
アスペルガールさんは定型が「理屈では分かって居ても感じてしまう感情」を感じないようにするにはどうしたら良いと思いますか?
私は禅や、原始仏教的な思考に切り替えていくのがよろしいのかと考察しています。
根っこの思考回路が違ったとしても、お互いに好きだという認識があれば、なにか素敵な方法があるんじゃないかなーって思いました。

◇ 納豆さん コメントありがとうございます!

>アスペルガールさんは定型が「理屈では分かって居ても感じてしまう感情」を感じないようにするにはどうしたら良いと思いますか?私は禅や、原始仏教的な思考に切り替えていくのがよろしいのかと

 私もそれには賛成でして、私は受け入れたい思想なのですが、
 定型の方が感情を大切にされているだけに、
 想いは捨てなさい発想は受け入れがたい部分があるのかと思っています。

 でで、納豆さんが書いて下さったように、
 そう仏教じゃなくって、原始仏教的な、なんですよ。
 
 原始仏教的な瞑想には意識の深い部分にアプローチする作用があるので、
 それは、言葉を介さない共感を行える可能性を生むとも思っています。

 ※納豆さんの意図とズレていたら申し訳ないです(/ω\)


>根っこの思考回路が違ったとしても、お互いに好きだという認識があれば、なにか素敵な方法があるんじゃないかなーって思いました。

 そう思います!何か探したいですね(´▽`)v


◇ 皆さまに

 時間というものは貴重ですので、
 お忙しかったり面倒な場合にはスルーして頂いても全く問題ございません。

 との前置きの元に
 皆様の感動体験について、2つ、お伺いしたいです。

 1)過去の思い出と何の関わりもない音楽で涙を流した経験はありますか?
 2)過去の思い出と何の関わりもない絵で涙を流した経験はありますか?
 
 過去の思い出と何の関わりもないの意味は、
 例えば、辛い別れをした元恋人とよく聞いた音楽を聴いたことにより、
 過去の思い出が思い出され、涙を流した、などです。

 それらとは分け隔てて欲しいために書いてみました。
 また、感動体験なので、涙を流した限定でなくともお伺い出来ればと~

アスペルガールさんへ
1)過去の思い出と何の関わりもない音楽で涙を流した経験はありますか?

ありますね。過去に触れるという事のほかに、今(の心境)に触れる・・・今の感情にマッチする音楽や映像で感情が高ぶる、そして涙するということは多いのではないでしょうか。

2)過去の思い出と何の関わりもない絵で涙を流した経験はありますか?

私は泣くほどの絵にはお目にかかったことはないのですが、小3の年「名探偵ホームズ」の本の挿絵に、なんとも魅かれて懐かしい思いが強くて「外国の部屋の隅の丸テーブルにパイプが置かれている」というだけの、それのでの自分の環境には無い場面の絵に、なぜ「ここに帰りたい」という思いが強かったのか「これがデジャブ?」と不思議でした。これも感動のひとつだと思います。

人の記憶は、鮮明にその場面や言葉や音を脳内で再現する類と
ひとつの記憶が一本の木となって、その後の経験値が枝葉をつけてひろがり、アンテナになって、ひとつの限定された記憶に基づかなくても、アンテナに触れるだけで涙や感動が生まれるという類があるように考えます。
ですから「どうしてこの音楽で泣いちゃうの?」「解んないんだけど、なぜか泣けて来ちゃった」という感覚になるのだと思います。

◇ トマト さん

トマトさんの貴重なお時間を割いてのご回答をありがとうございました。

パンダさんも、回答してくださって、
ここに私がコメントを書いてしまうと、バラバラになってしまいそうでしたので、
下記テーマにコメントさせて頂きました。

http://communicative.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-f636.html#comment-103597607

もし、ご興味がありましたら、宜しくお願い申し上げます。

クリムトの絵を観て、絵から受けとるイメージに泣きそうになります。

歌は思い入れが無くても、世界観や
メッセージ色が強いモノは場合によって号泣してしまいます。

うーん...はたしてこれを
定型の傾向と言って良いのか不明ですが(笑)
なんと言っても境界性(定型こじらせ病)なので。

こういう人もいるんだよって事でデータになれば、幸いです。

アスペルガールさん
こんにちは。
時間が経ってしまい、返信はもう必要ないかと思いますが…。
アスペガールさんの私へのアドバイスについて、データを蓄積したいと求められたので書いています。全然気を悪くしていないこと、むしろ、コメントくださったことをうれしく思ったことを念を押しておきます。
まず、私の悩みは支払いの折半によるストレスで、相手の好意に疑念を抱いている、というものです。ですので、アスペルさんの、「おごることは男性にとっての愛情表現で云々」の解説は、私がなぜ悩んでいるのかを理解してもらっていないように感じました。
悩みを解決するという視点から少し逸れて、アスペルさんが考えたことを詳細に書きつづった、という印象でした。
それから、「おごることは相手を大切に思っていることを伝えたいから」が大前提だと書いたのは、それが一般的な通念である、広く知れ渡っていることである、という意味で使いました。わかりにくいですか。解説するのはむずかしいですね。
ただ、レスポンスがあることはとてもうれしいですから、ずれてもかまわないと思う、と言いました。
それから、質問1.2の答えです。音楽を聴いて泣く、はあります。くるりの「ブレーメン」で泣けました。あと、絵画は泣きませんが、トマトさん、納豆さん同様、理由はわからず惹かれてしまう、感動する、はあります。宗教画が好きで、全然詳しくないのですが家にベラスケス、レンブラントの画集があり、ずっと飽きずに見ている時があります。家族は宗教画をみると気がめいると言いますが私はとても好きです。

◇ 晴子 さま

 ご返信ありがとうございました。
 また、私に精神的なケアが出来ずに申し訳ございませんでした。

 このブログにお越しになる定型の方の大きな目的は、
  「既に大切な人(アスぺ)との関わりをよくしたい。」
 だと思っていて、そこは皆さん同じ気持ちだと思います。

 そして、最も、癒し合いたいのは、ワタシではなく、その人の彼、または彼女なのだと。

 逆に言えば、私がその人を癒せたとしても、
 その人の大切な人との関係が前に進まないのであれば、
 私がこのブログにて出来ることはないでしょう。

 私が探しているのは、その人も気づいていない問題で、
 まさに、「青い鳥」「チーズはどこへ消えた」なのです。

>私の悩みは支払いの折半によるストレスで、相手の好意に疑念を抱いている、というものです。

 本当にこれを気にしているような女性とは思えませんが。

 晴子さんが抱えている苦しみの源は、
 もっと・・・違うところにあるのではないかと思って色々書きました。

 色々な角度から質問し、問題の本質を探さなくては。
 「お互い辛いですよね」も大切ですが、
 それだけでは、前には進めないのではないでしょうか。

 もちろん、他人様の問題、あまり介入しずぎるもの問題です。

>「おごることは相手を大切に思っていることを伝えたいから」が大前提だと書いたのは、それが一般的な通念である、広く知れ渡っていることである

 これは、私が3桁の男性とデートした経験と、私の様々な世代の女友達、
 そして、恋愛本ベストセラー書籍による内容を加味すると、
 そうではなかった方が多かったため、確認する意味でも書きました。

 yahoo知恵袋にて「男性がご馳走する理由」※先日質問してみました。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11118591466
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14118542804
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14118514084

 その人の一般的が、何を意図しているのかは、確認しないと分からないのです。
 また、もしかしたら、晴子さんがイスラム教徒かもしれません。
 ブログ等がありましたら、色々な角度から人を見ることが出来ますが、
 1つのコメントのみでは、その人の一般とは何なのすら、分からないのと。

 私が、晴子さんに詳しく確認せずに納得した「独りよがり」な共感をして、
 折角、書いて下さったコメントを埋もれさせてしまうには惜しかったともいえます。

 正直、私は嫌な奴と思われようとも、何と思われようとも全く気にしません。
 何故なら、ここに来ている定型の方の大きな目的は、
 アスペな配偶者や、恋人と、友人と、今よりも、素敵な関係を築くことだからです。

 

納豆さん、晴子さん、芸術体験について有難うございました。

お二人からも、ご意見を頂けて、とても嬉しく思います!
お忙しい中ありがとうございました。

晴子さんが「理由はわからず惹かれてしまう、感動する、はあります。」と書いて下さったように、私も芸術に感動することはあります。でも感情には疎いのです。。。

定型とアスぺ間で問題になる根本原因は、
アスぺが「感情」に疎いことでしょう。

そして、それを踏まえると、何故アスぺは感情に疎いのだろうか?
となりまして、その原因を探ってみました。

少し長くなってしまいますが、
下記のコメントから読んでいただけると情報がシェアしやすいかと思いました。
http://communicative.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-f636.html#comment-103263152

もし、ご興味がありましたら、宜しくお願い申し上げます。

◇ 納豆 さま

これは、定型とアスぺに関係なく、個人的な興味なのですが、

納豆さんが書いて下さった「世界観やメッセージ色が強いモノ」って、
一体なんなのだと思います?

うーん、私にとってコレを知ることは、とても大切な事で、
もし、何か、ご意見があれば聞かせてほしいなぁーーと思いました。

人間の想いが、人を介さずとも媒介されるとすれば凄いですよね!

私はこっことか、ビョークとか、世界観強いと思いますよ。
聴いているだけで、童話の世界の様な風景が思い浮かぶというか。

あと長渕の「ひとつ」という曲も、震災で遺された遺族の心情を思い、泣きました。

晴子さんのコメントにも、かなり自
分を重ね合わせて、彼が割り勘する原理より、これからどうしたら晴子さんにとって良い状況(彼がお金を多めに出すようになるとか、彼の晴子さんを大事に思う気持ちが伝わる)になるのかな、とかその辺を考えてみたんですが、分かりませんでした。
難し~...定型男性でも、今は女も働いてるから出すのが当然という方もいますし、奢られるのが嫌な女性もいたりしますしね。

あ、長渕の歌は世界観ではなくて、メッセージ色が強いと感じています。

アスペルガールさん
返信ありがとうございます。
まず、精神的にアスペルガールさんに癒して欲しいとは思ってはいません。ASに共感能力が備わっていなのは生得的なものですし、よく実感しています。ただアスペルガールさんは研究熱心なので、理解はしてもらえるかと思ったのです。
愛情表現としての支払いならば、晴子は愛されていないという結論になりますから、アスペルガールさんの最初の回答は、端的にいえば「晴子さん、愛されていませんよ」です。
それで、アスペルさんのクイズから、愛情表現以外の理由があるのかなと期待していたら、答えはやはり、愛情表現…。それで、あれ?と思いました。
ちえぶくろでは多種多様な答えが散見されました。各々納得できました。

こうやって書いていて、ジワジワ苦しくなってきます。なんというか、反論することにすごい疲労感を覚えます。アスペルさんはパワフルで聡明で饒舌な女性かもしれませんが、わたしはこういうしょうもないことで悩むテンションの低い人間です。
お付き合いしてきた男性とワリカンしたことがないので本当にとても疲れるのです。
今まで一度もないのでショックだったのです。一度も払ってこなかった自分に問題があるのでしょうね。それだけで相手の好意のバロメーターにしていたのですから。みっともないです。でも今つらいのも本当なんです。
今回も何も伝わっていないかもしれませんね…。
でも年末ですし穏やかに受け止めてくださることを願います。
つらい経験を乗り越えてきた人ですし、コミュニケーションしようと真面目に取り組むアスペルガールさんを、嫌なやつだとは思えないです。
ただ伝わらないからかみ合わないのです。わたしがエネルギー失調気味でうまく言えないだけです。

納豆さん
ありがとうございます。
多く払わせるにはどうすれば…、大事さを伝えるには…考えてくださったんですね。
彼は、おごるのは親しくない人、外部の人で、晴子は身内だからワリカンと言いました。
?? ちょっとずつ自己重要感が損なわれていく気がして、くだらないと思いながらも悶々してます。ほかに、あの人独自の伝える手段があればいいのにと思います。

◇ 晴子 さま

あの、晴子さん、お辛いかもしれませんが、もう一度読んでいただけますか?

丁寧に書いて下さりありがとうございました!
また、yahoo知恵袋まで読んで下さったのですね。感謝しております!

私が初めに言いたかったのは、
 女性の大前提と、男性の大前提が、違うということです。

>女性にとっての価値とは、「与えられる価値のある自分を感じたい」
>男性にとっての価値とは、「与えることの出来る自分を感じたい」

 と書きました。

 そして、(ASと定型ではなく)男女間で問題になるズレは、
  この大前提が違うためだと思っています。

 よって、男性の多くは女性の気持ちを汲んで与えていないことが多いです。
  ※yahoo知恵袋でも、「オゴリは自己満足」といった男性の記述があります。
 
 さらに、晴子さんが愛されていないと言いたかったのではなく、
  まず、「男性の多くは女性の気持ちを汲んで与えているわけではない」と、
  伝えたかったのです。

 それなのに、晴子さんが”与えてくれる=愛情”を常識、大前提で思っていては、
  「勿体ない」と思い、しつこく、色々書かせて頂きました。

 で、色々、(晴子さんを苦しめてしまって申し訳ございません)、やり取りして、
  やっと、顔を出してくれたのが、

 「彼は、おごるのは親しくない人、外部の人で、晴子は身内だからワリカン」

  ですね、お聞かせ頂きありがとうございます。

  私はASですが、この感覚は理解に苦しみます。
   ですが、パンダさんもお書きになっているように、
   よくあるAS的な発想なんだと思います。

 と、ここまで、(晴子さんを痛めつけてしまって申し訳ございません)きて、
  やっと、男女差の問題なのか、ASと定型の問題なのかがハッキリしました。

 晴子さんは彼に愛されていないと私が思ったのであれば、
  晴子さんの書いて下さった初めのコメントに、コメントすらしません。
  
 何故って、そんなこと言えないからです。

 今回は、そうではないと思ったからこそ、踏み込ませて頂きました。
  しかし、これは、あまり良くなかったかもしれません。申し訳ございません。

>彼は今でも連絡をくれますが、とても迷っています。アスペ彼の愛情を受け取るにはそういう俗的なジャッジは排除して、彼自身をもっと深く知る必要があるのでしょうか。

 「彼は今でも連絡をくれますが、とても迷っています。」
 というのを読んで、私が思ったのは、ただただ、「勿体ない」でした。

 折角このブログには他の方も居るのですから、一歩でも進めればと思いました!

◇ 納豆 さん

アーチストのメッセージ性について有難うございました!

>聴いているだけで、童話の世界の様な風景が思い浮かぶ

あぁ、なるほど。
何となく分かってきました。

多分、有能なアーチストは、
それが受け取り手の中でビジュアル化される工夫をしているのでしょう。
目に見えないゲシュタルトを創造させるための拘りがあるのかも。

納豆さんって繊細なんでしょうね・・・・・・、
この度はハラハラさせてしまったのだと思います。
きめ細やかな、お気遣いありがとうございました(*'ω'*)

アスペルガールさん
こんにちは。
アスペルガールさんが、わたしの悩みについて考えてくれて、解決しようと苦心して下さったことがよくわかりました。すぐに回答をだすのではなく、たくさんデータを集めて分析しながら解決しようとしてくださったのでしょう?だから即答ではなくて途中経過だったのですよね。よくわかりました!なのであやまらないでくださいね!
アスペルガールさんの善意だということは最初からわかっていますので、心配しないでくださいね!ありがとうございます。

◇ 晴子さん

私はすぐに思想を語りたくなるのを抑えつつ……

>すぐに回答をだすのではなく、たくさんデータを集めて分析しながら解決しようとしてくださったのでしょう?
 
 あーーー多分ですね、
 初回コメントでワンクッション入れたか入れなかったかの差だと思います。
 
 まぁ~晴子さんとは初めてだったので、
 もう少し柔らかくしても良かったのではないかとも思いました~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/54340338

この記事へのトラックバック一覧です: 現実のケアと気持ちのケア:

« 薬と人生のスタイル | トップページ | 波平さんの「対立」の話 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ