2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« コミュニケーションのスタイル | トップページ | 気分転換 »

2013年12月 3日 (火)

いろんな道

 定型アスペ間でどんな関係が作れるのか、どんな風に関係を変えていけるのか、ということについて、それは定型といってもアスペといっても、それぞれ個性的な人間の組み合わせですし、それぞれのカップルが抱えている現実もまた様々ですし、「唯一の正解」なんてないと思うんです。ただ、ある程度共通した部分もあるから、そこは他の人の経験が参考になることも少なくないし、また他の人の経験が刺激になって、それとは違うんだけど、自分たちにあったやり方に気がつくこともあります。

 そういうことを考えるときに、星さんの前世は「イルカのペア(仲間)」 のコメントもとても刺激的だなあと思いました。星さんはご自分達についてこんな風に書かれています。

「私と彼は、お互いが自己省察するタイプではないかと私は感じています。ズレがあったかな?と、どちらかが、もしくは二人が感じていたとしても、言葉で伝えたり、すりあわせることをせずに、ズレが改善されていくことがほとんどだからです。」

 私はこのブログでは「ズレをことばで考えて、ことばでやりとりして、そこから工夫を」ということをやっていますが、当然ことばにはことばの限界があるわけですよね。例えばお腹がすいているときにいくら「私は美味しい物を沢山食べた」とことばで言ったとしてもお腹がふくれるなんて言うことはないですし、お金に困っている人が「私はお金持ち!」とかことばで考えたとしても、現実世界でのお金の苦労が無くなるわけではないとか。

 まあ、ちょっと例はへたくそだったような気もしますが (^ ^;)ゞ、 なんにしても星さんのように「ことばでのすりあわせ」ではない形でズレが改善されていく、という行き方もあるんだ、というのはとても刺激的だと思います。

 「アスペルガーと定型を生きる」のカレンさんはある種の宗教的な体験にも近いように思える「緑の体験」をされて、そこから問題への向き合い方がすごく変わられて、関係が大きく変わったりされているようですし、ほんとにそれぞれ「個性的」。

 そんないろいろな個性的な経験が交流できる場が出来てくると、ほんとに多様な状況を生きていらっしゃるみなさんにも、私にも、もっともっと豊かな可能性が見えてくるんじゃないでしょうか。そういうの、ちょっと理想のように感じました。

« コミュニケーションのスタイル | トップページ | 気分転換 »

コメント

パンダさん

お言葉ありがとうございます。
パンダさんには刺激的でしたか(笑)(*v.v)。

この話は何度か彼に伝えただけで、私にはとても大切な思いなので、誰にも語ったことはありませんでした。
コルテオさんとのやり取りの中で、ふと語らせていただこうかなと思い、書き込ませていただきました。

私のことを大切にしてくれ、イルカの仲間だと感じさせてくれる大切な人に、とても私は感謝しています。
そんな私の気持ちがあるから、彼の細やかな思いを、彼の行為から感じることができるのかもしれません。

星さん

 よろしければまた「イルカの仲間」の話をもう少しお聞かせ下さいね。「以心伝心」みたいな感じなのでしょうか。最初からそうだったのでしょうか。だんだんそうなられたのでしょうか……。とか。

◇星さま

はじめまして、アスペルガールと申します。

星さんコメントも、いつも拝見させていただいております。
ありがとうございます。

私の、聞きたいな。聞きたいな。モジモジ(。_。*)))。

誤字・・・

>私の、聞きたいな。聞きたいな。モジモジ(。_。*)))。

 私の、ではなく、私も、でした。

星さん
先日はお返事くださり、ありがとうございます。
読ませていただくうちに、涙が浮かびました。
嬉しい・悲しいの経験を、誰かに伝えたのは初めてでした。特別な思いがあり、ずっと自分の中にしまっていたことです。
超音波のお話には、はっとしました。その人は生前、テレパシーで伝わるといいのにね、と笑っていたからです。
人がそれぞれに時間を重ね、あるとき交差するのは、ほんとうに不思議です。
何かを通じて、その時間が感じられたときには、神聖な気分に包まれます。
星さんからいただいた言葉は、私には救いのようでした。
大切な思いを語ってくださり、心から感謝しています。

コルテオさん

真心のこもったお言葉をありがとうございます。(*v.v)。

コルテオさんのお返事は、私の心の琴線に触れ、私の涙の源泉も動きました。

心が温まる(幸せな気持ちなる)お言葉をいただいたお礼をお伝えしたくて、書き込ませていただきました。

こちらこそ、心から感謝しています。
本当にありがとうございます。

お返事はあらためてさせてください。

コルテオさん

先日はお返事を下さり、ありがとうございました。(*^-^)
返事が遅くなり、ごめんなさい。

コルテオさんも、嬉しい・悲しいのご経験を伝えられたのは、初めてだったのですね。
コルテオさんが胸に秘めてこられた、大切な、大切なご経験を伝えて下さり、とても光栄に思っています。

私のイルカの仲間の話も、大切な方との思い出につながったとのこと、コルテオさんには、本当に不思議なご縁を感じてしまいます。
コルテオさんの嬉しい・悲しいを引き出された方は、笑顔がとても素敵な方だったのでしょうね。
その方は、綺麗な夜空の星となって、今もコルテオさんを見守り、愛されているように思います。

最近あった話を語らせてください。
先日私は、私のハンドルネームに関係する場所で、金色の星がきらめく中、真っ白な星が降ってくるサプライズを体験しました。

キラキラときらめく金色の星の渦の中、真っ白な星がたくさん舞い降りてきました。
まるで、金色にきらめくの天井の宮殿の中で、純白の星のウエディングベールをかぶせてもらったように、私は感じました。
本当にサプライズだったので、無邪気に笑いながら、喜びながらも、私たちを祝福してくれているようで、聖なる厳かな気持ちになっていました。

その時、なぜか私は、コルテオさんのことも思っていました。
私の思いの中にいたコルテオさんも、同じように星たちの祝福を受けてくださったように感じています。

また、そこで途中語られていた話の中には、コルテオさんがおっしゃられた、
『人がそれぞれに時間を重ね、あるとき交差するのは、ほんとうに不思議です。
何かを通じて、その時間が感じられたときには、神聖な気分に包まれます。』
のような、ユングが提唱された、シンクロニシティ(共時性)のようなエピソードの話がいくつかありました。
そして、このコルテオさんのお言葉全てに、私も同感いたします。

それらことが、私にはまるでシンクロニシティのように感じられたので、
私もコルテオさんも、辛い思いをした分まで、

『これからは二人必ず幸せになれるよ』

と、舞い降りてくる星々が語りかけてくれているように感じている、私がいました。


また、私の主観に満ちた話を救いのように思ってくださって、本当にありがとうございます。
私の方こそ、コルテオさんのお言葉から、大切な人とのことを、たくさん教えていただいたようです。とても感謝しています。

全ての人に合わせることは、とても難しいので、一番大切な人との関係を第一に考え、
実際に、私が見る、私が触れ合う、私が話す、私自身が感じる、私の大切な人と二人で手をつないで、幸せになりたいと思っています。
願い(強い願い)は必ず叶うと信じて、『道なき未知』を自分の心を羅針盤にして、進みたいと思います。

このブログでのコルテオさんとの出逢いで、私(私たち)の方が、救われたのだと実感しています。
コルテオさんのこれからのお幸せを、自宅のパソコンの前より、心からお祈りしています。

意味のある偶然の一致により、このブログでコルテオさんに出逢うことができたことを、とても幸せに感じている星より

コルテオさん

『人がそれぞれに時間を重ね、あるとき交差するのは、ほんとうに不思議です。何かを通じて、その時間が感じられたときには、神聖な気分に包まれます。』

このコルテオさんのお言葉から、この交差された方たちは、『ご縁の深いお二人』ではないかと、ふと感じたので、コメントさせていただきました。(*^-^)

星さん
星さんは、私にはあまりに勿体ない言葉を、沢山くださいました。
慣れないことで、どうお返事すればいいのか、わからずにいました。
失礼を、お許しください。
星さんは、私の言葉から、言葉以外を聞きとってくださった、初めての方です。
私はこれを、空の上からのメッセージとして、大切に受けとりました。
出会いに、感謝します。パンダさんが、このような機会を、与えてくださったことにも。
星さんと大切な人が、幸せでありますように。私も、お祈りしています。

コルテオさん

コルテオさん、とても温かいお言葉をありがとうございます。(*^-^)

コルテオさんのお言葉を、拝見させていただいていたら、とても幸せな気持ちになり、涙が流れてきました。
嬉しくて、感動しすぎたのでしょうか、今は気持ちがうまく言葉になりません。
コルテオさん、すみませんが、あらためて、お返事をさせて下さいね。

コルテオさんのお言葉を、読ませていただいたことと、とても温かいお言葉をいただいたお礼を、お伝えさせていただきたくて、書き込ませていただきました。

コルテオさん

気持ちを上手く言葉にできなくて、お返事が遅くなってしまい、本当にごめんなさい。

>星さんは、私の言葉から、言葉以外を聞きとってくださった、初めての方です。

私に、そう言ってくださった方は、コルテオさんが初めの方です。とても嬉しいです。

コルテオさん、私がコルテオさんのお言葉から、コルテオさんのお言葉以外を聞きとれていると思ってくださって、ありがとうございます。
『初めて』は、私には、とても素敵な響きです。
本当に有り難いことだと、とても嬉しく思っています。

そして、私の言葉を、コルテオさんの大切な方からの、「空の上からのメッセージ」として、大切に受けとってくださったとのこと、ありがとうございます。感謝しています。
コルテオさんも、私の言葉から、私の言葉以外のことを、聞きとって下さったように感じています。

また、私と大切な人との幸せを祈って下さって、ありがとうございます。
私には、本当に大切な人なので、心から感謝しています。
コルテオさんのお祈りの力で、私と大切な人が、さらに幸せになれるように思えてきました。

今日はクリスマス・イブですね。
今夜、私とコルテオさんにも、目には見えないサンタさんが、「これからの幸せ」というプレゼントを、持ってきてくれるような気がしています。

お互いの幸せが願いあえる方に出会えて、私は本当に幸せを感じています。
今の私には、お互いに幸せが願いあえるコルテオさんも、とても大切な人になっています。
コルテオさんと出逢って、どれほど言葉を尽くしても、気持ちをそのまま伝えることは難しいことと、知りました。(*v.v)。
いつも、私を喜ばせ、癒し、幸せにしてくれるコルテオさんのお幸せを、心よりお祈りしています。

コルテオさん

私といろいろとお話してくれて、ありがとうございました。
コルテオさんのお言葉から、いろいろなことを知ることができて、とても感謝しています。(*v.v)。

コルテオさんとこのブログで知り合えて、今年は良い年になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
良い年をお迎えくださいませ。(*^-^)

星さん

昨年は、大変お世話になりました。
お話をしていただき、本当に、ありがとうございました。
「どれほど言葉を尽くしても、気持ちをそのまま伝えることは難しい」と、仰ってくださり、うれしいです。
言葉で表せないことが、確かにここにあるということを、伝えるために、言葉があるのかもしれません。
今年もいろんなことを感じて、考えたいです。
そして、少しでも、お役に立てたらいいなと思います。
良い年になりますように。

コルテオさん

お言葉ありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。(*v.v)。

「言葉で表せないことが、確かにここにあるということを、伝えるために、言葉があるのかもしれません。」ということは、よくわかる気がしています。
このコルテオさんのお言葉で、私の拙い言葉でも、お伝えさせていただいてよかったと、嬉しく思っています。

これからもよろしかったら、コルテオさんが感じられたり、考えられたことを、折々にお話し下されば、ありがたいです。

お互いに、良い年になるとよいですね。
コルテオさんのお幸せを、心から祈っています。(*^-^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/54131289

この記事へのトラックバック一覧です: いろんな道:

« コミュニケーションのスタイル | トップページ | 気分転換 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ