2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 感情理解と「原因の理解」 | トップページ | 優しさ »

2013年12月13日 (金)

パートナーの鋭い人間理解

 アスペの方は人の気持ちが理解できない、と言われることが多いと思いますが、思わぬ所でものすごく鋭くポイントを突いているように感じるコメントをパートナーからもらうことがあります。

 今日もパートナーに、最近私が人間関係でさてどうしたものだろう、と思っていることについて、ちょっと愚痴ったあとで、人の「優しさ」の話になって、そこでは話がどうも噛み合わなくて、私には彼女の言うことがちょっとびっくりするような「決めつけ」のようにも感じられて、そう話すと今度は彼女から「なんでそれを決めつけと受け取るのかわからない。自分は分からないから聞いているだけなのに」と言われて、私はなんで決めつけと感じたのかうまく説明できなくて……、というようなもやもやしたことがありました。

 で、二人とも話の筋がわかんなくなってきて、しばらく沈黙が続いた後、ふと最初に私が話題を振った話に彼女が戻って、「それはこうしたらいい」と言ってくれたことが、「うん、それはきっとそうだ!」となんだかものすごく腑に落ちる感じになったんです。

 まあ、中身抜きで書いていますので、これを読まれても「何のこと?」と思われるだろうと思いますけれど (^ ^;)ゞ、 とにかくほんとに通じないやりとりのあとに、いきなり人間関係についてズバッと本質を突くようなことを言われて、ある意味すごく救われた感じになって、その落差の大きさにも驚きますし、そういう鋭い理解がどうして彼女にできるのかがすごく不思議だったりします。視点が違うから、定型(私?)にはすっと見えて来にくいものがストレートに見える、ということなのだろうなとは思いますが、一体それがどういうことなのかがよくわからない。

 あと、今日もうひとつ面白かった(?)のは、仕事上のメールのやりとりで、ある方から私には嬉しい依頼があって、私が御礼と共にすごく嬉しかったですと言うことを書いたら、その方からのお返事に、私がそう書いてくれて自分もとても嬉しかった、という風に書かれていました。それでその話を彼女にして「これってもしかして定型的?」と聞いたら、即座に「うん」という答えが返ってきて、私は「ああ、やっぱりそうなのかなあ」と思ったのでした。

 「だからなんなの?」と言われると、答えにつまるのですが、なんとなく書きたくなったことでした。

« 感情理解と「原因の理解」 | トップページ | 優しさ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/54248236

この記事へのトラックバック一覧です: パートナーの鋭い人間理解:

« 感情理解と「原因の理解」 | トップページ | 優しさ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ