2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 家族の絆と夫婦 | トップページ | 「わからない」けど「通じ合う」? »

2013年11月12日 (火)

ズレが当たり前

 まだどれだけ安定してそうなのかはわかりませんが、最近パートナーとの間で、アスペ定型のズレがあることが「当たり前」のことで、何か特別のことではない、という感覚になっていることが時々ある気がします。

 いままでしつこく「違い」のことを考えてきましたが、そうすると逆に「ああ、ここは一緒じゃない」という、「同じ」部分が浮き立って感じられるようになったりもします。

 これって、何なんでしょうね?一種の「慣れ」なのか、「諦め」なのか、「開き直り」なのか……。いずれにせよ自分にとってはマイナスの感じはありません。

 まあ、これからもいろいろと揺れたりはするんでしょうけれど、自分の中にぼちぼちとそんな感覚が生まれ始めている、ということはちょっと注目かな、という気がします。

« 家族の絆と夫婦 | トップページ | 「わからない」けど「通じ合う」? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/53915928

この記事へのトラックバック一覧です: ズレが当たり前:

« 家族の絆と夫婦 | トップページ | 「わからない」けど「通じ合う」? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ