2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 共感と共苦 | トップページ | 感情を見極めること »

2013年3月 6日 (水)

早期対応(カップル編)

 一昨日書いたことの続きでふと思ったんですが、子どもが成長し、変化ていくように、夫婦というものも年と共にだんだん変わっていきますよね。ある意味では成長なのかもしれないし、場合によっては泥沼に落ち込んでいく過程なのかも知れないですけど。

 それで、アスペと定型のカップルの場合は、定型同士とはまた違う「泥沼」への危険性がやっぱりあると思えるわけですが、一昨日紹介したみたいに、子どもが小さいうちから対応をしていけば、アスペと定型のズレから来る問題がだいぶん軽くなったりするのだとすれば、同じようにアスペと定型の夫婦についても、結婚してまもなくとか、あるいは結婚する前から「どういう問題が起こりうる」みたいなことを知っておけば、それだけでもずいぶんとその後の展開が違うかも知れません。

 ……とまあ、それだけのことなんですが。

« 共感と共苦 | トップページ | 感情を見極めること »

コメント

パンダさん
結婚・・・ということに関して言えば、これはもう結婚前の感情では「結婚後どういう問題が起こりうるか」が想像しずらいので、定型と定型、ASとAS、ASと定型、いずれのカップルも慎重に考えたりしないんじゃないでしょうか?

結婚後の問題の質が違うというのは同感ですが。

そもそも、未来の苦労など問題視できないから可能なのかもしれません、結婚というものは。

職場のメンタル枠で雇用された人も、結局、周囲に理解されず誤解されたり不適当な注意をされたりしているのが多い現状だと思います。
相手への予備知識をうまく使えないのは、自分に経験値がないのが原因ではないでしょうかね?

ですから・・・「結婚後のこと」を結婚前に頭で学習してもあまり役に立たないのではと感じるのですが。どうでしょう?

トマトさん

「そもそも、未来の苦労など問題視できないから可能なのかもしれません、結婚というものは。」

 これはふか~い真実のような気がします (^ ^;)ゞ

 ま、私がちょっと思ったのは、カップルの中で結婚前にお互いのズレに気がついて、それで悩み始めたような場合のことです。そういうとき、もしかすると経験者の経験とかが参考になるんじゃないかなと思ったんですね。もちろん結婚後もですけど。

ぱんださん

前コメントからはずれたコメントですがお許し願います。

いつもこちらを拝見していたrinです。
過去にASの彼から何度も音信不通にされて・・・という苦しい胸の内を
一度吐かせていただきました。その節はありがとうございました。

あれから1年が経過したのではないかと思います。

今月、結婚することになりました。
たくさん悩んで、皆さんのお話を参考に、いろんな対応を試みて今の私達があります。

彼が最近こう言いました。
「何度もrinから離れて、何度も戻ってしまう。これが好きという事なんだと思います。」と。

これからも参考にさせていただきたいと思っています。

rinさん、ご結婚おめでとうございます。

「何度もrinから離れて、何度も戻ってしまう。これが好きという事なんだと思います」
とても素敵な告白ですね。

お二人の生活に幸あれと、心から祈ります。

rinさん

 お久しぶりです。そしておめでとうございます。
 あのころはもう関係を終わりにしようかという感じでしたよね?
 その後ずいぶんいろいろあったんだなと思います。

 相手の方はやはりときどき「完全にひとりきりになる」
 ということが大事な方なんでしょうか。
 なんか、「通い婚」にするとうまく行く夫婦もあるとかいう話もありますね。

 またいろいろ工夫とか困ったこととか、よろしかったら
 ご紹介して下さい。みなさんにも役に立つと思いますし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/50619581

この記事へのトラックバック一覧です: 早期対応(カップル編):

« 共感と共苦 | トップページ | 感情を見極めること »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ