2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 頭から否定する? | トップページ | ブリッコが好き? »

2012年4月25日 (水)

一緒に飲むとうれしい

 以前、パートナーが私のことを本当に好きなのかどうかもう一度じっくり考えてみる、ということを言っていたのですけれど、だいぶ日にちが経って先日「あれ、どうなったの?」と聞いたら、一応答えが出ていました。

 まず最初に「好きということはそうらしい」と言ってしばらくだまっていたので、「で?」と促すと、「ただ、心がときめくとかどきどきするとか、そういうことはない」と答えました。恋人時代はときめいたのかと聞いたら、「それはそうでしょう」ということでした。

 まあ、私の方も彼女を見てどきどきするようなことは今はありませんので (^ ^;)ゞ、その意味では同じようなものなのかも知れません。ただ、明らかに他人とは違うつながりを私は感じますし、一緒にいれば嬉しいですけれど、その辺はとくに「一緒にいること」について、やっぱり彼女の方が淡泊なことは間違いないようです。

 いずれにせよアスペとか定型とかにかかわらず、長年夫婦やって一緒に暮らしていれば、まあだいたいそんなものなのでしょうか。

 もちろんこういう感じになったのは比較的最近のことでしょう。お互いの関係がしんどくてしんどくて、もう離婚を深刻に考えていたつい2,3年前まではとてもじゃないですが、そんなのんびりした関係ではなかったですね。それを考えると、まあよくこのくらいまでは変化してきたものだ、と思います。

 そう言えばこのところコメントで何人かの方が私とパートナーとの関係がステキだと書いて下さっていました。それもびっくりといえばびっくりだったんですが、彼女にそれを伝えたらやっぱり驚いてました。どっちかというと前向きにものを考えるタイプの私は、そう書いて下さる皆さんの気持ちが分からないでありません。

 でもパートナーにしてみれば、今でもズレを抱えまくって、そのほかにもいろいろ問題も抱えていて、しんどい思いをしているということしか頭になかく、基本的にネガティヴにものを考える人なので、特に驚いたようです。先日のウサギさんのコメントも「ふーん」と何か印象深く読んでました。

 そう言えば、以前は夜に飲み物を飲むとき、パートナーは勝手に自分の分だけ入れてひとりで飲んでたんですね。で、私が「ついでに僕も一緒に飲みたいかどうか、聞いて欲しい」ということを言っていたんです。最初の内は「飲みたい人が勝手に入れればいい」という路線が崩れなかったんですが、何度か言ったり、私の方から聞いて入れてあげたりしている内に、彼女の方も聞いてくれるようになって、今はほぼ毎晩、いろいろが一段落した後に「何か飲む?」というのをどっちかからか言うようになっています。

 一緒に飲み物を入れて、それで飲みながら四方山話をする、というわけでもありません。ただお互いに勝手に飲んでいるだけです。でも私にとっては以前と比べて随分大きな変化に感じられます。場所も違うテーブルでだったり、飲んでるものももちろん違うし、話をするわけでもないんだけど、でも「一緒に入れて飲んでる」というだけで「一緒」感覚がぐっと出てくるんです。それがいいんですね。もっともこの感覚をいいと感じるのは私が定型だからでしょうけれど、その辺はパートナーの方もつきあってくれているようです。

 

 

 

 

« 頭から否定する? | トップページ | ブリッコが好き? »

コメント

「一緒に飲む」のはステキな習慣ですね。(^^)
パートナーさんの答えがとても良くわかる気がするので、ちょっとコメントさせて下さい。パンダさんは「一緒にいる事について彼女の方が淡泊」とおっしゃいますが、どうしてそう思われるのか、教えて欲しい、というか、そういう評価をされるのがASなのだろうな〜と感じました。
「一緒にいてられて嬉しい」「いてくれて有難い」「存在に感謝」という感覚は他の気持ちよりも強いくらいです。しかし表現が下手すぎて相手に伝わらない。それと、蛇足ですが(僕だけかもしれませんが)「自分が勝ち取った」感や「失いたくない」感は弱い。どの位弱いかというと、その発想を根拠にした発言や行動が、まずあり得ない。自分でもイビツに感じるのですが、ココで自分に嘘をつくのは、物凄く心に負荷が掛かるのです。。。
時間感覚(状況の変化を時間軸で前後させる想像力)が弱いから、現状追認的になりがちという要素もあるかもです。

玄さん

 「パンダさんは「一緒にいる事について彼女の方が淡泊」とおっしゃいますが、どうしてそう思われるのか、教えて欲しい」

 ということですが、私の場合わりとシンプルで、横に肩を接してすわったり、そういうスキンシップが好きだし、楽しく会話をしていくというのも好きだし、そういうのをあわせて「一緒にいる」感が出てくるんだけど、そのへんはパートナーはあんまり求めないか、あるいは場合によって避ける感じがするんですね。もちろん先日のように夜中まで話し込む、みたいなこともあるわけですけど、それは目的があってちょっと深刻な話をするときとかで、気楽に一緒にいるのとは違いますし。

 「「自分が勝ち取った」感や「失いたくない」感は弱い。」

 これもパートナーを見ているとそんな感じがします。少なくとも「自分が勝ち取った」感はほぼ皆無じゃないでしょうか。「失いたくない」感は少し微妙なところが有るかも知れないけど、でも私の感じではあきらかに「弱い」と思ってしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/45019299

この記事へのトラックバック一覧です: 一緒に飲むとうれしい:

« 頭から否定する? | トップページ | ブリッコが好き? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ