2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« ネタバレ禁止?平気? | トップページ | アスペ的共感? »

2012年1月10日 (火)

ブログのほんわかつながり

このブログにお寄せいただくコメントを拝見していると、そのコメントを下さっている方だけではなくて、その方のパートナーの方の感想やご意見も合わせて書いて下さっていることが時々あるんですね。

そういうのに出会ったとき、なんだかうれしくなります。何というのか、このブログのみなさんの議論を「家族で共有している」という感じがするからかな。単にブログを読んで下さっている方だけのものではなくて、そこから家族の中に話題が拡がっていくという感じ。

アスペと定型の対話の場になればいいなあ、ということはこのブログを作るときの願いの一つだったわけですけれど、でもそれがブログの上のコメント上を越えて、あるいはパソコンを越えて家庭の中にまで拡がっている感じがします。それは私が予想していなかった嬉しい広がりだと思います。そうやってここでの対話に厚みが出てくる。

それに、これは定型の方に強い傾向なのかも知れないけれど、たとえば繭さんが夫さんの感想を紹介して下さった、そういう感想を読んで、私がなんだか力づけられたり、夫さんに親しみを感じたりします。お会いしたこともないのに、「ああ、この方いい方だなあ」と勝手にイメージしちゃったりしている (^ ^;)

定型とアスペのズレを知って、それを調整する工夫を考える、ということはこのブログの大事な役割だと思うけど、それだけじゃなくて、なんだかそういうコメントを通して人と人がつながり、しかもコメントを越えてつながっていく感じが出てくるって言うこともとても大事な役割になるんじゃないでしょうか。そうやってそれまで孤立した感じになっていた私たちがなんかつながって支え合っているような「気分」になったりしますものね。

もちろん直接お会いしていろいろ話し合ったりすれば、さらに濃いつながりができるのかも知れないですけれど、必ずしもそういうのがなくても、ほんわかとしたつながりの感じができてくるんだなあと思いました。結構心地よい感じがします。

« ネタバレ禁止?平気? | トップページ | アスペ的共感? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/43694365

この記事へのトラックバック一覧です: ブログのほんわかつながり:

« ネタバレ禁止?平気? | トップページ | アスペ的共感? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ