2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« 文化の伝い手 | トップページ | パニック映画とアクション映画 »

2012年1月 2日 (月)

理解するけど対応がズレる

パートナーと話をしていて(というのが連日ですね)、
ある面では自分よりよほど人の感情を理解して居るなあと
正直思うことがそれなりにあるんです。

今まではそんなこと思ったこともなかったんですけれど、
なんでなんでしょう。できないという思いこみだったのか、
なんかちょっとした「翻訳」ができるようになってそう思えるようになったのか、
よく分からないんですけれど。

で、逆に言えば、自分の方が人の気持ちを理解できてないなあとか、
そう思うことがあるわけですね。
そういうときには「あれ~、なんか自分って人の感情理解について
すごいボコッと抜け落ちているところがあるんだろうか」
とマジで不安になったりもします。

こういう不安をアスペの人は常に感じさせられているのかもしれないですね。


今日話していてなるほどなあと思ったことがあったんですが、
そんなに理解できるんなら、いい相談相手にもなれるじゃない、
と言うと、そこは違うんだそうです。

何故かというと、「相手がそういうとき、そう感じるのは分かる。
でも、そう相手が感じたときに、どう対応するのがいいのかが分からない」
というわけです。

で、定型同士だと、(もちろん個人差ありですが)
「自分がそう言うときにどうしてほしいか」
ということを考えてそれに沿って対応すればうまく行くことが多い。
ところが、アスペの人の場合、「自分がして欲しいこと」を
そのまますると、全然逆の効果だったりしちゃうわけですね。

これまで出てきた話だと「悩んでるときには放っておく」とか。


この話、いつでも誰にでも通用するのかどうかは分かりませんけれど、
でも少なくともそういう場合がそれなりにあるというのは興味深いですよね。
「理解」は共有される。でも「どう表現するか」「どう応答するか」が共有されない。

アスペのひとは「共感が苦手だ」という言い方は
そういう視点から考え直してみる必要がないんだろうかと思います。
このこともまたぼちぼち考えていきたいことですね。

« 文化の伝い手 | トップページ | パニック映画とアクション映画 »

コメント

はじめまして。未診断ですが間違いなくアスぺのジョンキルです。

例えば、
「私は誰とでも仲良くできるの。でもあなたとは無理。」とか言われることがありました。

ってことは、三段論法的に、

「あなたと仲良くなれない私って、つまり、「誰でもない」=人間でない!?って思ったりするのですが、

そのことを理詰めで言ったりしたら、またKYだって言われちゃうんだろうな、って考えてどうしたらいいのかわからなくなって、へらへら笑ったりしちゃいますね…

そして、数分後には、そんな人を人間扱いしないひどい人(と私的には理解してしまうが、世間的にはよい)人から見て、どうしようもない私って、世間的に本当にクズなんだな、って、第二弾の落ち込みに襲われて、もうパニックになっちゃいますね。

相手の考えていることがわかっても、どういう表現をしたら、相手にわかってもらえるのかわからなくて立ち尽くしている間に、周りから誰もいなくなるのがいつものパターンです。

ジョンキルさん

 はじめまして。よろしくお願いします。
 
 「相手の考えていることがわかっても、どういう表現をしたら、相手にわかってもらえるのかわからなくて立ち尽くしている間に、周りから誰もいなくなるのがいつものパターンです。」

 やっぱりそんなふうに感じられるんですね。
 このブログでも、どういうときにお互いわかんなくなってしまうのか、
 どう理解すれば少しでも分かる感じが出てくるのか、
 どういうふうに説明すれば多少わかりやすくなるのか、
 そんなことを少しずつでも具体的に例を出し合って
 みんなで考えていければいいなと思っています。

 ジョンキルさんもどうぞ手伝って下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/43596348

この記事へのトラックバック一覧です: 理解するけど対応がズレる:

« 文化の伝い手 | トップページ | パニック映画とアクション映画 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ