2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« アスペの天職カウンセラー? | トップページ | 批判がすっと入ってくる »

2011年12月27日 (火)

またもや個性のこと

昨日アスペの人の適職にある種のカウンセラーがあることを発見!
みたいな話を書いたら、ヒロさんからこんなコメントを頂きました。


(ヒロさん)
「私がそうなのですが、アスペルガー症候群で心が不安定になりやすい人
間にとっては他の方の辛い気持ちを聞くことはかなり危険です

気持ちがひきずられてしまって、自分と相手との境がわからなくなります」


うーん、なるほど~。とこれもちょっと唸りました。

私もブログで「個性を見ることが大事!」とか何度も書いてきたし、
今度出そうとしてる本でもそこが一つの大きなポイントなんだけど、
でもじゃあどういう個性があって、それがどういう風に意味を持つの?
という具体的な話は、経験が少ないから私はあんまりできないですもんね。


それでヒロさんのブログ「パニッキ」を覗かせて
頂いたんだけど、すんごく個性的。
で、夫のナリさん(?それとも「夫ナリ」という意味?)が、
めちゃいい感じの人で、ふーん、こんな人が世の中にいるんだあ、
と感心することしきりでした。

スキンシップについてもヒロさんの場合はもう「生きる手段」くらいに大事。
で、それをナリさんがまたいい感じでちゃんと受け止めてあげている。
へえ、スキンシップがそんな感じで大事なアスペの人もいるんだ!
と私はびっくりしてまたまた唸っちゃいました。
 

でもこういうのうれしいですね。
なんか「アスペだからこうだ」みたいなすごい狭い決めつけの世界じゃなくて、
アスペにも色んな人がいて、いろんな可能性があるんだ、という気になれる。
普通カウンセラー的なことなんて一番苦手と思われるだろうけど、
実はそれがばっちりの人もいる。もちろん合わない人も多いんだろうけど、
でもそこで決めつけちゃいけないと言うことが分かる。

(再びヒロさん)
「定型発達脳の方にも個人差があるのと同じくらい、
同じアスペルガー脳でも個人差があるのが当然だってことが世間に広まればいいな✿」

ほんとにそうですね。

ところでヒロさんの座右の銘が 「明日頑張ろう」 というのも良かったです。

« アスペの天職カウンセラー? | トップページ | 批判がすっと入ってくる »

コメント

うえあ?!Σ(・ω・ノ)ノ!
わ、わ、私のコメントが取り上げられてるーーーーー
なんだかお恥ずかしい限りです

ありがとうございます
夫の「ナリさん」で合ってます(笑)

そうですね、私にとってはスキンシップがかなり重要です
二次障害で不安障害というのがあるからかもしれませんが、
恐怖心が強く出るので、抱っこしてもらうこと度々です

最近気付いたことは、ニキリンコさんという当事者の方で
本に「コタツに入ると見えないから足の感覚がなくなる」と書いてる方がいらっしゃるのですが、
て私、そんなばかな~と思ってたんですけど、自分もそうかもしれないなと。
見えない背中に恐怖を感じるんですよね*だから夫に腕を回してもらってる✿

こんな風に、当事者でもそれぞれ違うんだけれど、
感覚的には「あ~、なるほどね」って共感できたりします

そういう部分では“仲間”なんだなと

夫はすごく稀有な方だと私も思いますし(←笑)存在に助けられてるんですが
捉え方としては“仲間”ではないんですよね
私の説明で「ほー」って新たな(自閉的)世界を覗いてはる感じです

ヒロさん

 質問なんだけど、ヒロさんのそのスキンシップ大事っていうの、
 子どもの頃からずっとなんですか?

 赤ちゃんの頃はだっこされると反り返ったり、
 子どもの頃は肩を抱かれると緊張したりとか、
 そういうのはなかったんですか?

 もしよかったら教えてください。
 すごく感心があります。

昔から恋人以外は全くダメなんですよ
肩をぽんとされたらびくっとなるし、頭をぽんなんてされたら……キレます
恋人であっても、驚かさないようにゆっくりとしてもらわないとダメですね

学生時代の仲間としての腕組みとか出来なかったです

赤ちゃんの時は、すごく扱いやすい子だったと聞いています
反り返ったりもなかったのではないでしょうか

ただよく泣いていたからミルクを大量にあげてたと

私が今思うに、赤ちゃんの時から不安症状が出やすい子だったのだろうと
それをミルクを欲しがってるんだと勘違いされてたんだろうなーって思います

こんな感じですが、MAXで具合が悪くなった時は、
触れられることに恐怖を感じるようになるんです
触角過敏が前面に出る時があって、その時は夫であっても拒否です

全身の神経が身体の表面に集まる感じで、怯えてしまいます

よほど安心できる相手(ナリさん)とならスキンシップで心の安定をはかってるけれど、
それ以外は実は全くスキンシップを、親とでさえ、好んでないです

大事に育ててもらって、それでも近寄られ過ぎると私は避けます
近づかれるとすごく苦しい
この状態を言葉で説明するのは難しいです。。。

ヒロさん(大変失礼しました m(_ _)m)

 教えてくださった内容を読んで、びっくりして申し訳なくなってしまいました。

 やっぱり単純に「スキンシップOK」と「スキンシップダメ」の二つだけで

 私が単純に理解しようとしてしまったから、ヒロさんがそんな風に

 いっぱい苦労されていたのを想像できなかったんですね。

 そんな中で上手にヒロさんを受け止めているナリさん、

 改めてすごい方だなと思いました。

 ヒロさんもそんなナリさんを見抜く力があったということですね。

チロって可愛いですね(*^m^)ぷぷぷ
ちょっと名前変えてみたいくらいです
今、夫に「今度からチロって呼んで~♪」って頼んでみました

私もパンダさんからのご指摘があるまで、スキンシップの取り方について
自分自身のことを考えたことがなかったので、すごい勉強になりました

コメント書きながら考えたので、矛盾しまくりの自分にビックリですw(゚o゚)w

ちょっと整理してから、自分のブログでも紹介してみようかと思っています✿
そんなに定型発達脳の方と感覚が違うことにも気付いてなかったので、
また定型発達な夫に聞きながらになるかなーっと

ひとつの記事に集中してコメント入れててスミマセン
スキンシップについては整理してからまた書きこませて頂きます~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またもや個性のこと:

« アスペの天職カウンセラー? | トップページ | 批判がすっと入ってくる »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ