2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« またもや個性のこと | トップページ | 心配と攻撃 »

2011年12月28日 (水)

批判がすっと入ってくる

ちょっと「前向き?」な話が続きますけれど、
パートナーと、特に私自身のことについて話をするとき、
以前はカチンと来て承伏できないことばかりでした。

私のことをまともに理解もせずに何をそんなこと言うんだ、
という気持ちが先に立つというのか、
そして言ってることがまともなことに聞こえないというか、
ひどく一面的な決めつけに思えるというか、

そんなこんなでダメだったんですね。

ところがここ数日、位の感じなんですけれど、
彼女のズバズバした批判がびっくりするくらい
すっと入ってくることが多いんです。

何か自分が変にこだわってこじれてしまっているところとか、
無駄な部分とかがある意味気持ちよく切り取られていく、
そんな感覚があったりします。

彼女が変わったのは、以前よりもっとストレートに
思ったことを言うようになったことで、
言ってみれば「外向きバージョン」じゃなくて、
「自分バージョン」で話をすることが多くなったことかな。

つまりはアスペ的に話をしてくれる訳です。
やっぱり以前の私なら耐えられなかったかも知れない。

それが不思議ですね。こんなに抵抗感なく
すっと聞けるようになってきているというのは。

良薬は口に苦し、という言葉がありますけど、
そういうことなんでしょうか。
でも苦いことはあっても辛いことはない。

何がそういう変化を生んだのか、まだよく分かりません。
ただ、自分が変化しつつあるのは感じています。
結構根っこの部分からの変化かなという気がする。

この変化、当面は一体なんなのか、ゆっくり考えてみたい
と思えることの一つですね。

« またもや個性のこと | トップページ | 心配と攻撃 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/43545106

この記事へのトラックバック一覧です: 批判がすっと入ってくる:

« またもや個性のこと | トップページ | 心配と攻撃 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ