2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

« いい人って? | トップページ | アスペルガーの人の「傷」について »

2011年1月22日 (土)

社会の宝物

 人間関係はどんなものでもそう簡単ではない中で、アスペと定型のカップルが遭遇する困難はちょっとレベルが違うと思います。当事者のブログ(定型にせよアスペにせよ)や掲示板などでは、なんの誇張もなくまさに死線をさまよったり、ぎりぎりで生き延びたりしている方達の言葉が溢れています。

 自己主張を控え、まず相手に配慮し、そして相手を傷つけること、そしてあからさまに対立すること恐れ、我を張ることなくお互いに譲り合い、同調すること、同じであることを確認し合うことを人間関係の基本に置こうとする、この日本社会の中で、アスペと定型のカップルは、どうやったってそういうやり方では解決がつかない問題を、カップルという逃げ場のない関係の中で抱え続けているのだと思います。

 その日本社会の特質は多分、自己主張を基本とし、対立を恐れない欧米や中国などの社会と比べて、問題を一層重く、大きなものにしているのではないかと、(欧米や中国などのアスペルガー問題を具体的に知らないので想像に留まりますが)そう思えてなりません。

 日本社会が抱えている大問題、「極めて理解が困難な、異質な人たちとどう共存できるのか」という問題の、ある意味で最前線で、命がけで苦悩しているのがこのカップルの人たちではないのだろうか。最近そのことをひしひしと感じるようになりました。みなさんほんとに壮絶な闘いを日々生きていらっしゃるのです。

 そのほとんどは全く表に出ない闘いであり、模索であり、そして誰にも知られることなく、場合によっては本人も気づかずに、押しつぶされそうになったり、あるいは実際に押しつぶされてしまっている膨大な数の人たちがいるはずです。ネットはそういう人たちに、お互いにつながり合う本当に貴重な機会を提供しましたが、そのような機会を役立てられた人はまだごく少数に留まるのでしょう。

 だとしても、すでにその少数の中からでもいくつもの交流や支え合い、情報の交換や新しい試みが生まれてきている。そこには今までの日本の社会が解決できなかった多くの問題への新しい挑戦、新しい対応の仕方の種が、たくさん生まれつつあるのではないか。そんな気がしています。

 命がけの苦悩の結果、そのカップルがさらに関係を継続しようとするのか、あるいはそれぞれに新たな道を独立して歩むことになるのか、それは全くどちらでも構わないと思います。それぞれのカップルの歴史と、それぞれの状況と、それぞれの人々の個性の中で、ひとつひとつのカップルがそのカップルにとって最善の道を選べばいい。大事なのはその結論に至るまでのプロセスなのですから。もし「あるべき結論」が最初から決められてしまっていたのなら、それは個性的な生き方への抑圧であり、しかも結局は弱者への問題のしわ寄せによる「解決」にすぎなくなると思います。

 ひとりひとりの幸せの在り方はそれぞれに異なる。人は自分の幸せを探していくべきでしょう。その幸せを求める道をどのような人たちとどのように歩むかは、千差万別であるに違いないのですから。その点は定形同士のカップルであっても定型とアスペのカップルであっても全く変わりはありません。逆に言えば定型とアスペのカップルにのみ「あるべき結論」が決められているのなら、それ自体がひとつの障がい者差別に他ならないと私は思うのです。

 だから結論はどちらでも構わない。ただその結論に至る、文字どおり壮絶としか言いようのない過程が、私には本当に尊いものに思えてくるのです。そして上に書いたように、それはその人自身にとって尊いだけでなく、この日本の社会が抱えている困難をも背負い、それを乗り越えようとしているという尊さでもあると思えるのです。そしてその先には日本を越えた世界が拡がってくると思うのですが。

 そう考えたとき、死屍累々たるこの膨大な苦悩と、それにもかかわらず今も人知れず続く沢山の命がけの模索は、私たちの社会にとっての大きな宝物なのではないでしょうか。

 ブログを始めるまで、そしてこのブログなどを通して、何人もの当事者の方とネット上で出会うまで、私はそのことに気づかずに生きてたのですね。

 

« いい人って? | トップページ | アスペルガーの人の「傷」について »

コメント

はい。そうです。気付かずに生きてきたんですね? きたん…ですね???
きたんですか?(もーやめてくれーbyパンダ)(私も、もぐろ福造みたいですね)

パンダさん、悪い事はいいません。
もし、パンダさんに、その様な優しい気持ちheart01と、中くらいより少し大きめの器noodleと、ちょっぴりの勇気sweat01と、家庭をやり直したいというお気持ちconfident(←ここ一番大事)があるならば…今、読むのを止めて、奥様をギューッと抱きしめに行ってあげて下さい。
ぎゅーっとです。
「なに?(怒)」と嫌がられたら、
「なんでもないよ。大切だからだよ。それ以上言わなくちゃダメ?」と言って下さい理由は要りません。
子供に笑われても、ポカーンとされても、いいんです。マイナスにはなりません。

はい、カットーslateリハ終わり。
今度、もうじきしたら本収録やるから頑張ってね。

そしたら理想なんですけどねー
パンダさんはお味噌汁のお椀位の器しかもってないですもんねー
やっぱり山田舎の囲炉裏にある土鍋位の器がないとねー

耳監督さん

 お味噌汁のお椀くらいだなんて、そんな大きな器持ってませんよ~!
 せいぜい耳かきくらいかな?
 耳監督さんの耳かいてあげましょうか?

 本番、どうなったか、けちだから教えてあげません。
 教えて欲しい方は何はなくともdollarをいっぱいお持ち下さいsign03

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/38565480

この記事へのトラックバック一覧です: 社会の宝物:

« いい人って? | トップページ | アスペルガーの人の「傷」について »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ