2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

掲示板最近の話題

フォト

アスペルガーと定型を共に生きる

  • 東山伸夫・カレン・斎藤パンダ: アスペルガーと定型を共に生きる

トップページ | つらいときにどうしてほしいのか »

2010年12月21日 (火)

家でほっとできるってどういうことなんだろうか

アスペルガーの(またはアスペルガーと思われる)パートナーを持つ、定型発達の人のブログなどを読んでいると、「一番心安らぐ場であってほしい家庭が一番緊張する場になっている」という言葉に出会うことが何度かある。

これはほんとに難しいことだと思う。なぜならば、アスペルガーの人は自分にとってはごく自然な振る舞いや発言が、全く予想できない形で周囲の人を驚かせたり、傷つけたりするという体験が積み重なっていることが多い。 だから、よほど環境や能力や運などに恵まれていない場合は、大体周囲から攻撃されたり、排除されたりということが繰り返されることになる。友人や職を失うことも珍しいことではない。だからそうならないように必死で回りに合わせようとするというふうになる。

とはいえ、なぜ自分の言動がそう受け止められるのかは本人にはよくわからないのだから、とりわけ自分の方が社会的に弱い立場にある場合には特に、とにかく手探りで形ばかり相手に合わせるように努力したり、できるだけ発言を控えるようにしたり、という形で消極的な対処法を積み重ねていくしか無くなる。

そうすると、当然のことながらそういうアスペルガーの人にとっては職場などでの人とのやりとりは、大変に緊張を強いられる、とても疲れる場になってしまう。少しでも油断をすれば、また自分の意図しないところで周囲を驚かせたり、傷つけたりしてしまうことが容易に生じるからだ。

そうやってものすごく疲れて帰宅して、アスペルガーの人も自分の家ではほっとしたいと思うのは、そう考えればあまりに当然だし、おそらくそうしようとするのだろうけれど、そうすると今度は定型発達のパートナーや子どもたちがダイレクトにその衝撃的な言動を受け止めてしまうことになる。そして最初に書いたような定型の人の言葉になるわけだ。

一体この矛盾をどう調整することが可能なのか。ほんとに難しいとしか今のところ言いようがない。

トップページ | つらいときにどうしてほしいのか »

コメント

今日、やっとじっくり全て読ませていただきました!

パンダさんが、ご家族が、お家でホッとして、楽しく暮らせるように、
あくまで私の見解に過ぎないですが、私がわかる範囲で書いていこうと思います。

早く皆さんが幸せになれますように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449293/38165417

この記事へのトラックバック一覧です: 家でほっとできるってどういうことなんだろうか:

トップページ | つらいときにどうしてほしいのか »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ